新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

夏目漱石

サライ2015年2月号|特集は「日本酒いま呑むべき30本」です。

serai_201502

日本酒の酒造技術は、いま頂点を迎えたといわれています。蔵元が杜氏を兼ね、自分の主張を酒に込めやすくなったこと、伝統的な技法を現代の技術の中に復刻させることができるようになったことが、その理由です。こうした技術改良によって生まれた日本酒の味は実に多彩で芳醇です。今号では、そんな飲み頃である日本酒を「いま呑むべき日本酒」と題して大特集しています。第1部では、国立民族学博物館名誉教授の石毛直道さんに『魏志倭人伝』の頃から現在に続く酒の歴史を解説していただき、廣木酒造の廣木健司さん、木屋正酒造の大西唯克さん、旭酒造の桜井博志さんらの酒造りの最前線を取材しています。第2部では、日本酒研究家の松崎晴雄さんに好みの酒の見つけ方を指南していただき、わざわざ飲みに行きたい銘酒処7軒、今呑むべき30銘柄などを紹介しています。

今から約400年前、桃山時代の自由な気風を残す京都で、能書家・本阿弥光悦と絵師・俵屋宗達というふたりの異才が出会ったとき、前例のない装飾的な美術が生まれます。それが、後の元禄時代に花開く「琳派」の源流となりました。第2特集は、「光悦と宗達 『琳派』の源流を知る」と題し、琳派とは何かをご案内します。本阿弥光悦と俵屋宗達の競演、それぞれの見どころ、そして100年後の尾形光琳、200年後の酒井抱一、さらには現代の日本のアーティストにまでも続く、意匠の系譜を美しい作品を交えながら紹介します。また今年は本阿弥光悦が京都洛北の鷹峰に移住してから400年、そして尾形光琳の300年忌にあたることから、全国各地で行なわれる琳派関連の展覧会の情報も集めました。

第3特集は、北陸新幹線開通で注目される金沢が生んだ文豪・泉鏡花と室生犀星を取り上げた「鏡花と犀星の金沢を歩く」です。母への憧憬、そして文学に目覚めた地などとされる泉鏡花の金沢、片時も美しい山河の風景を忘れず、朋友・芥川龍之介を兼六園に招いた室生犀星の金沢を、見どころ美味どころなども交えて紹介しています。

いま呑むべき日本酒、琳派の源流、泉鏡花と室生犀星の金沢を特集した『サライ』2月号。書店などで手に取って、お確かめください。

 

■最新号の目次はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  2. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  3. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  4. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  5. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
PAGE TOP