新着記事

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

編集部からのお知らせ

サライ2015年8月号|特集は「日本の花火」「ごちそう列車の旅」「心と体に効く滝」です

serai_201508-250x339

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻想的な光の群舞を楽しむ夏の風物詩、花火。『サライ』8月号では、江戸時代から庶民の娯楽として広く親しまれてきた、日本が世界に誇る光の芸術「花火」を大特集しています。

前半は、花火の発祥や発展の歴史、花火の主な種類や構造などから、日本の花火の奥深さや楽しみ方を探る「基本のき」です。その巻頭で、花火を介した国際親善にも尽力する日本煙火協会専務理事の河野晴行さんが、日本における花火の進化の歩みを解説。さらに、線香花火をはじめとする懐かしい玩具花火の魅力にも迫ります。
後半では、邪気祓い、五穀豊穣、慰霊など、人々の祈りや畏敬の念と花火師の技が結実して発展してきた、日本各地の花火大会の見どころを紹介しています。日本有数の花火大会の会場は数十万人という観客で埋め尽くされます。まずは、安全・快適に花火大会を楽しむための備えを、NPO法人大曲花火倶楽部副会長で花火鑑賞士の肩書きを持つ小西亨一郎さんに教えていただきました。続いて、大曲の花火(秋田)、土浦全国花火競技大会(茨城)、長岡まつり 大花火大会(新潟)、隅田川花火大会(東京)など、全国屈指の花火大会の見どころを、当代きっての花火師たちの談話を交えながら紹介しています。

車窓に流れる絶景を愛でながら、沿線の旬の料理に舌鼓を打つ。第2特集では、「全国 ごちそう列車の旅」と題して、日本各地の「走るレストラン」を案内しています。日本初のクルーズトレインとして評判の高い「ななつ星 in 九州」など、車両デザインを数多く手がける工業デザイナー・水戸岡鋭治さんによる鉄道旅の魅力の解説に始まり、しなの鉄道「ろくもん」、京都丹後鉄道「丹後くろまつ号」、JR東日本「TOHOKU EMOTION(トウホク エモーション)」、いすみ鉄道「レストラン・キハ」など、日本各地の路線から8列車を厳選して取材班が実際に乗車。サライ世代の乗客の声も紹介しながら、臨場感溢れる鉄道旅の記事に仕上げています。

第3特集は、森と雨が生み出す天然の芸術、滝に焦点を当てた「滝の見方」です。木々が茂る深山、豊かな雨、滔々と流れる清流。滝は、これらが揃うことで初めて生じる日本の原風景でもあります。その楽しみ方を、滝の撮影をライフワークにしている写真家・北中康文さんによる名瀑の絶景写真とともに紹介しています。さらに、近隣の食事処や宿泊施設、土産物など、滝巡りの旅に役立つ情報も掲載しました。
「日本の花火」「全国ごちそう列車の旅」「滝の見方」を特集した『サライ』8月号。書店などで手に取ってお確かめください。  

■『サライ』8月号の目次
https://serai.jp/magazine/26596

■『サライ』の電子書籍版をご購入の方は、こちら
https://serai.jp/news/24581 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  2. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  3. グライヒェンベルグ鉄道 二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベ…
  4. ハワイ楽園鉄道2 真珠湾の裏から発車する旧オアフ鉄道のトロッコ列車に乗る【ハワイ楽…
  5. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
PAGE TOP