新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと

人材確保が難しいといわれている。どこの企業にとって即戦力になる人材は喉から手が出るほど欲しい…

今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線

取材・文/渡辺陽3月に入ってから花粉の量もぐっと増え、鼻づまりや目のかゆみにうんざり…

『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで

文/堀けいこ和歌や歌謡をはじめ、芸能でもその美しさが謳われてきた「桜」は、歌舞伎の作品に…

さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう

写真・文/矢崎海里前回、干し貝柱を使っただしのレシピをご紹介しました。今回は…

6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

文/砂原浩太朗(小説家)明治、大正、昭和、平成……。ふだんごく普通に使ってはいても、…

《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】

取材・文/池田充枝オスマン帝国(1299年頃~1922年)の第7代スルタン、メフメト…

【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養夏目漱石

  1. 漱石の原作を大胆に脚色!幻の漫画付き『坊っちゃん』と『吾輩は猫である』が復刊

    文/鈴木拓也近代漫画界の揺籃期に刊行された『漫画 坊っちゃん』と『漫画 吾輩は猫である』が、このたび岩波書店から復刊された。これは、日本画家として知られる近藤浩一路(1884~1962)が、夏目漱石の没後から3~4年あと(1918~…

  2. 夏目漱石の日々を描く「日めくり漱石」人気記事TOP10

    文/編集部夏目漱石没後100年を記念して、2016年1月1日からまる1年にわたって『…

  3. 死せる夏目漱石、漱石山房の年越しを静かに見守る。【日めくり漱石/12月31日】

    夜はしんしんと更けて時計の針が時を刻んでいく。やがて日付が変わって、大正5年(1916)12…

  4. 入院中の夏目漱石、病室で年越しの感慨にふける。【日めくり漱石/12月30日】

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)12月30日、漱石は東京・内幸町の長…

  5. 夏目漱石、障子の張り替えを手伝った門弟にバイト代を奮発する。【日めくり漱石/12月29日】

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月29日、39歳の漱石は、朝から…

  6. 松山から帰った夏目漱石、鏡子さんとお見合いをする。【日めくり漱石/12月28日】

  7. 夏目漱石、怪しげな訪問者からの面会依頼をきっぱり断る。【日めくり漱石/12月27日】

  8. ロンドンの夏目漱石、初のクリスマス体験を妻・鏡子に手紙で報せる。【日めくり漱石/12月26日】

  9. 夏目漱石、腕の痛みをリューマチのせいではと思い込む。【日めくり漱石/12月25日】

  10. 夏目漱石、ファンから猫のカレンダーをもらってご満悦。【日めくり漱石/12月24日】

  11. 年の瀬の夏目漱石、元日の新聞に掲載する随筆原稿を書く。【日めくり漱石/12月23日】

  12. 夏目漱石、自殺した教え子の妹の結婚披露宴に出席する。【日めくり漱石/12月22日】

  13. 原稿執筆が一段落した夏目漱石、嬉々として上野の料理屋に向かう。【日めくり漱石/12月21日】

  14. 夏目漱石、ロンドンでの体験をもとに短篇小説を書き上げる。【日めくり漱石/12月20日】

  15. 夏目漱石、初めて食べたあるものに「頗るうまい」と感嘆する。【日めくり漱石/12月19日】

  16. 夏目漱石、自分の見合い話のことで実兄に腹を立てる。【日めくり漱石/12月18日】

  17. 次男が生まれた夏目漱石、赤子の顔を見て意中の名前を撤回する。【日めくり漱石/12月17日】

  18. 夏目漱石、締め切り間近の小説の執筆に追われる。【日めくり漱石/12月16日】

  19. 留学中の夏目漱石、ネタを探してロンドンの町を歩き回る。【日めくり漱石/12月15日】

  20. 夏目漱石、子規からの手紙で意外な事実を知らされ驚く。【日めくり漱石/12月14日】

  21. 夏目漱石、瓦斯ストーブをつけて子供たちと唱歌をうたう。【日めくり漱石/12月13日】

  22. 夏目漱石、知人から虎猫のミーを引き取って飼い始める。【日めくり漱石/12月12日】

  23. 夏目漱石、『ホトトギス』発行人の高浜虚子に苦言を呈する。【日めくり漱石/12月11日】

  24. 死せる夏目漱石、東大の病理解剖室へと運ばれる。【日めくり漱石/12月10日】

  25. 夏目漱石、家族や門弟たちに見送られて黄泉の国に旅立つ。【日めくり漱石/12月9日】

  26. 夏目漱石、上野で見た中国古書画展に深い感銘を受ける。【日めくり漱石/12月8日】

  27. 死期迫る病床の夏目漱石に、妻・鏡子が見せた気丈な優しさ。【日めくり漱石/12月7日】

  28. 夏目漱石、診療所の顕微鏡で細菌を覗き見て感動する。【日めくり漱石/12月6日】

  29. 夏目漱石、旧友が戻ってくるとの噂を聞いてちょっと焦る。【日めくり漱石/12月5日】

  30. 夏目漱石、亡き娘の位牌のそばで皆といっしょに食事をとる。【日めくり漱石/12月4日】

PAGE TOP