新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫射手座さ…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

未だ収束の兆しも見えない新型コロナウイルス感染の拡大。ビジネスゲーム研修を中心とした研修内製化教材(…

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

織田信長の登場、斎藤道三息女・帰蝶との結婚と続き、第12話で信長の父・信秀が亡くなる展開となった『麒…

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

「人生百年時代」と言われるなか、「今後いくらお金があれば足りるのか」といった不安を感じている…

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

取材・文/長嶺超輝パートで働きながら2人の子どもを育てていた、とあるシングルマザーの女は…

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

取材・文/長嶺超輝あまり知られていないが、裁判官には、契約や相続などのトラブルを裁く「民事裁判官…

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)「犬を飼うと散歩が大変」というわけで猫を飼う人が増えている…

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

文/砂原浩太朗(小説家)織田信長を討った逆臣、という明智光秀(?~1582)のイメー…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養夏目漱石

  1.  

    漱石の原作を大胆に脚色!幻の漫画付き『坊っちゃん』と『吾輩は猫である』が復刊

         

    文/鈴木拓也近代漫画界の揺籃期に刊行された『漫画 坊っちゃん』と『漫画 吾輩は猫である』が、このたび岩波書店から復刊された。これは、日本画家として知られる近藤浩一路(1884~1962)が、夏目漱石の没後から3~4年あと(1918~…

  2.  

    夏目漱石の日々を描く「日めくり漱石」人気記事TOP10

         

    文/編集部夏目漱石没後100年を記念して、2016年1月1日からまる1年にわたって『…

  3.  

    死せる夏目漱石、漱石山房の年越しを静かに見守る。【日めくり漱石/12月31日】

         

    夜はしんしんと更けて時計の針が時を刻んでいく。やがて日付が変わって、大正5年(1916)12…

  4.  

    入院中の夏目漱石、病室で年越しの感慨にふける。【日めくり漱石/12月30日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)12月30日、漱石は東京・内幸町の長…

  5.  

    夏目漱石、障子の張り替えを手伝った門弟にバイト代を奮発する。【日めくり漱石/12月29日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月29日、39歳の漱石は、朝から…

  6.  

    松山から帰った夏目漱石、鏡子さんとお見合いをする。【日めくり漱石/12月28日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)12月28日、28歳の漱石は東京・虎…

  7.  

    夏目漱石、怪しげな訪問者からの面会依頼をきっぱり断る。【日めくり漱石/12月27日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)12月27日、42歳の漱石は妙な抗議…

  8.  

    ロンドンの夏目漱石、初のクリスマス体験を妻・鏡子に手紙で報せる。【日めくり漱石/12月26日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)12月26日、33歳の漱石は英国ロン…

  9.  

    夏目漱石、腕の痛みをリューマチのせいではと思い込む。【日めくり漱石/12月25日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)12月25日、48歳の漱石は原稿を書こ…

  10.  

    夏目漱石、ファンから猫のカレンダーをもらってご満悦。【日めくり漱石/12月24日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)12月24日、漱石は東京・千駄木の自…

  11.  

    年の瀬の夏目漱石、元日の新聞に掲載する随筆原稿を書く。【日めくり漱石/12月23日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)12月23日、漱石はひとりぽつんと机…

  12.  

    夏目漱石、自殺した教え子の妹の結婚披露宴に出席する。【日めくり漱石/12月22日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月22日は日曜日で、夕方5時から、…

  13.  

    原稿執筆が一段落した夏目漱石、嬉々として上野の料理屋に向かう。【日めくり漱石/12月21日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)12月21日、38歳の漱石は夕方にな…

  14.  

    夏目漱石、ロンドンでの体験をもとに短篇小説を書き上げる。【日めくり漱石/12月20日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)12月20日、漱石は東京帝国大学で受…

  15.  

    夏目漱石、初めて食べたあるものに「頗るうまい」と感嘆する。【日めくり漱石/12月19日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)12月19日、37歳の漱石は東京・下…

  16.  

    夏目漱石、自分の見合い話のことで実兄に腹を立てる。【日めくり漱石/12月18日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)12月18日、寒気つのる愛媛県松山の…

  17.  

    次男が生まれた夏目漱石、赤子の顔を見て意中の名前を撤回する。【日めくり漱石/12月17日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)12月17日、漱石と鏡子の間に6番目…

  18.  

    夏目漱石、締め切り間近の小説の執筆に追われる。【日めくり漱石/12月16日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月16日は日曜日で、学校教師でも…

  19.  

    留学中の夏目漱石、ネタを探してロンドンの町を歩き回る。【日めくり漱石/12月15日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)12月15日は日曜日だった。…

  20.  

    夏目漱石、子規からの手紙で意外な事実を知らされ驚く。【日めくり漱石/12月14日】

         

    今から124 年前の今日、すなわち明治25年(1892)12月14日、25歳の漱石は、高校時…

  21.  

    夏目漱石、瓦斯ストーブをつけて子供たちと唱歌をうたう。【日めくり漱石/12月13日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月13日の朝、漱石は謡の先生であ…

  22.  

    夏目漱石、知人から虎猫のミーを引き取って飼い始める。【日めくり漱石/12月12日】

         

    今から114 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月12日、45歳の漱石は風変わりな…

  23.  

    夏目漱石、『ホトトギス』発行人の高浜虚子に苦言を呈する。【日めくり漱石/12月11日】

         

    今から117 年前の今日、すなわち明治32年(1899)12月11日、熊本にいる32歳の漱石…

  24.  

    死せる夏目漱石、東大の病理解剖室へと運ばれる。【日めくり漱石/12月10日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)12月10日の深夜、午前1時20分、漱…

  25.  

    夏目漱石、家族や門弟たちに見送られて黄泉の国に旅立つ。【日めくり漱石/12月9日】

         

    東京・早稲田南町の自邸、通称「漱石山房」で病床についている漱石の様子を見て、主治医の真鍋嘉一…

  26.  

    夏目漱石、上野で見た中国古書画展に深い感銘を受ける。【日めくり漱石/12月8日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)12月8日、46歳の漱石は東京・早稲田…

  27.  

    死期迫る病床の夏目漱石に、妻・鏡子が見せた気丈な優しさ。【日めくり漱石/12月7日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)12月7日、東京・早稲田南町の…

  28.  

    夏目漱石、診療所の顕微鏡で細菌を覗き見て感動する。【日めくり漱石/12月6日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月6日の東京は、晴れていたが、風…

  29.  

    夏目漱石、旧友が戻ってくるとの噂を聞いてちょっと焦る。【日めくり漱石/12月5日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月5日、39歳の漱石は勤務先の第…

  30.  

    夏目漱石、亡き娘の位牌のそばで皆といっしょに食事をとる。【日めくり漱石/12月4日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月4日の朝、44歳の漱石は東京・…

PAGE TOP