新着記事

江戸時代の有名事件に登場した犬の糞 江戸時代の犬にまつわるスキャンダル|有名事件に登場した犬の糞

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司時代劇のお殿様やお代官様は物静かで威厳があり、羽目…

つなん雪まつり【新潟県 新潟県 】 新潟県「つなん雪まつり」が1位を獲得!|行ってみたい冬の絶景スポットランキングTOP10

冬真っ盛り。株式会社リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』は、「冬の絶景」に…

口ゴム超ゆったりパイル靴下|ゆったりとした穿き心地で足元を温める

昔から、首、手首、足首の“三首”を温めることが寒さや冷え対策の要といわれてきた。男性にとって…

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法

取材・文/渡辺陽「犬は人生最良の友」と言いますが、猫の場合はどうでしょうか。せっかく…

下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】

文・イラスト/小池美波こんにちは。快適に過ごせる靴との出会い第6回目です。今回は靴の…

40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は?

アイドル群雄割拠と言われている現代。アイドルと言えばグループアイドルが圧倒的だが、80年代のアイ…

お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】

【サライ・インタビュー】角野栄子さん(かどの・えいこ、児童文学作家)――国際アンデルセン…

飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと

文/柿川鮎子動物病院とペット保険による調査では、犬・猫の誤飲件数は、全国で約20万件…

コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法

コミュニケーションは組織の中で重要である。上司から部下へのコミュニケーションは特に重要だ。そ…

定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選

写真・文/矢崎海里前回、一日に不足している野菜を補う、野菜おかずレシピをご紹介しまし…

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養夏目漱石

  1. 漱石の原作を大胆に脚色!幻の漫画付き『坊っちゃん』と『吾輩は猫である』が復刊

    文/鈴木拓也近代漫画界の揺籃期に刊行された『漫画 坊っちゃん』と『漫画 吾輩は猫である』が、このたび岩波書店から復刊された。これは、日本画家として知られる近藤浩一路(1884~1962)が、夏目漱石の没後から3~4年あと(1918~…

  2. 夏目漱石の日々を描く「日めくり漱石」人気記事TOP10

    文/編集部夏目漱石没後100年を記念して、2016年1月1日からまる1年にわたって『…

  3. 死せる夏目漱石、漱石山房の年越しを静かに見守る。【日めくり漱石/12月31日】

    夜はしんしんと更けて時計の針が時を刻んでいく。やがて日付が変わって、大正5年(1916)12…

  4. 入院中の夏目漱石、病室で年越しの感慨にふける。【日めくり漱石/12月30日】

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)12月30日、漱石は東京・内幸町の長…

  5. 夏目漱石、障子の張り替えを手伝った門弟にバイト代を奮発する。【日めくり漱石/12月29日】

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月29日、39歳の漱石は、朝から…

  6. 松山から帰った夏目漱石、鏡子さんとお見合いをする。【日めくり漱石/12月28日】

  7. 夏目漱石、怪しげな訪問者からの面会依頼をきっぱり断る。【日めくり漱石/12月27日】

  8. ロンドンの夏目漱石、初のクリスマス体験を妻・鏡子に手紙で報せる。【日めくり漱石/12月26日】

  9. 夏目漱石、腕の痛みをリューマチのせいではと思い込む。【日めくり漱石/12月25日】

  10. 夏目漱石、ファンから猫のカレンダーをもらってご満悦。【日めくり漱石/12月24日】

  11. 年の瀬の夏目漱石、元日の新聞に掲載する随筆原稿を書く。【日めくり漱石/12月23日】

  12. 夏目漱石、自殺した教え子の妹の結婚披露宴に出席する。【日めくり漱石/12月22日】

  13. 原稿執筆が一段落した夏目漱石、嬉々として上野の料理屋に向かう。【日めくり漱石/12月21日】

  14. 夏目漱石、ロンドンでの体験をもとに短篇小説を書き上げる。【日めくり漱石/12月20日】

  15. 夏目漱石、初めて食べたあるものに「頗るうまい」と感嘆する。【日めくり漱石/12月19日】

  16. 夏目漱石、自分の見合い話のことで実兄に腹を立てる。【日めくり漱石/12月18日】

  17. 次男が生まれた夏目漱石、赤子の顔を見て意中の名前を撤回する。【日めくり漱石/12月17日】

  18. 夏目漱石、締め切り間近の小説の執筆に追われる。【日めくり漱石/12月16日】

  19. 留学中の夏目漱石、ネタを探してロンドンの町を歩き回る。【日めくり漱石/12月15日】

  20. 夏目漱石、子規からの手紙で意外な事実を知らされ驚く。【日めくり漱石/12月14日】

  21. 夏目漱石、瓦斯ストーブをつけて子供たちと唱歌をうたう。【日めくり漱石/12月13日】

  22. 夏目漱石、知人から虎猫のミーを引き取って飼い始める。【日めくり漱石/12月12日】

  23. 夏目漱石、『ホトトギス』発行人の高浜虚子に苦言を呈する。【日めくり漱石/12月11日】

  24. 死せる夏目漱石、東大の病理解剖室へと運ばれる。【日めくり漱石/12月10日】

  25. 夏目漱石、家族や門弟たちに見送られて黄泉の国に旅立つ。【日めくり漱石/12月9日】

  26. 夏目漱石、上野で見た中国古書画展に深い感銘を受ける。【日めくり漱石/12月8日】

  27. 死期迫る病床の夏目漱石に、妻・鏡子が見せた気丈な優しさ。【日めくり漱石/12月7日】

  28. 夏目漱石、診療所の顕微鏡で細菌を覗き見て感動する。【日めくり漱石/12月6日】

  29. 夏目漱石、旧友が戻ってくるとの噂を聞いてちょっと焦る。【日めくり漱石/12月5日】

  30. 夏目漱石、亡き娘の位牌のそばで皆といっしょに食事をとる。【日めくり漱石/12月4日】

PAGE TOP