新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

三越と琳派。その出会いの物語 〜「光琳遺品展覧会」で幕を開けた百貨店の文化事業

今から約110年前、三越は百貨店としては日本で初めての美術展「光琳遺品展覧会」を開催した。この展覧会は江戸時代の三井家と尾形光琳との関わり、そして文化を伝えることに旺盛な意欲を持つ三越の挑戦だった。その三越で今年1月から「琳派名品展」が開催される。

logo001 logo002

三越と琳派の関わりは、呉服店・越後屋を営んだ三井家が、元禄文化を代表する画家・意匠家の尾形光琳らを支援した江戸時代にまで遡る。両者の縁は、日本が近代化の道を進む明治以降も続いた。
明治末期、三越(当時は三井呉服店)は欧米の百貨店に範を取り、ガラス張りの陳列棚に商品を並べて新しい生活の具体的なあり方を提案するなど経営革新を進めた。
意匠部を創設し、市松模様などの着物、元禄櫛、元禄下駄など、様々な商品開発にも着手する。このとき尾形光琳ら琳派の担い手と三越との関わりに着目し、光琳模様を打ち出した。光琳模様とは、光琳自身が手がけたかについては諸説あるものの、江戸時代から大衆に親しまれていた文様である。光琳らしい構図を取り入れた裾模様、梅、菊、波などの文様は、雛形本と呼ばれる見本帳として流布していて、これに由来する着物地は人々を魅了した。
折しも日露戦争後の戦勝景気、そして失われつつある江戸文化への憧れなど、様々な要因が重なり「元禄ブーム」を巻き起こした。

名称未設定 3

05
↑大正4年6月の「光琳遺品展覧会」の様子を伝えるPR誌『三越』(上写真は、その表紙)。歴史書『大日本史』を完成させた徳川圀順や、三菱財閥4代目の岩崎小弥太らの所蔵品が出品された。

03名称未設定 1
↑明治37年に光琳風裾模様という題材で着物の柄を募り、その当選を伝えるPR誌『時好』(右写真は、その表紙)。三越では意匠部だけでなく一般公募を行なうことで、大衆の心を惹きつけていった。

■琳派展の原型を作った三越

この文化の発信に力を入れる三越は明治37年(1904)10月に、百貨店初の展覧会となる「光琳遺品展覧会」を開催する。その後も琳派の展覧会は繰り返し行なわれ、こうした催しは、その後、美に敏い趣味人に向け、美術・工芸品の陳列販売にも発展した。
このように世紀を跨いで琳派の魅力を伝えてきた三越が、1月21日から「琳派名品展」を開催する。東京・日本橋で作品を鑑賞し、琳派が享受されてきた歴史に思いを馳せてはいかがだろう。

琳派400年記念 ―箱根〝琳派〟の誕生―
岡田美術館所蔵 琳派名品展 〜知られざる名作初公開〜

会場:日本橋三越本店 新館7階ギャラリー
日時:1月21日(水)〜2月2日(月)
時間:10時〜19時(最終日は〜17時30分、入場は閉場の30分前まで)
休館:無休
料金:800円

主催:「岡田美術館所蔵 琳派名品展」実行委員会
共催:読売新聞社
後援:琳派400年記念祭委員会
出品協力:岡田美術館
企画協力:SOZOBUNKA.bis

●1月28日(水)14時から、岡田美術館館長の小林忠氏による講演会「琳派400年と岡田 美術館 琳派コレクション」を行ないます。この特別講演会と、「琳派名品展」を先着40名様にご招待します。詳細は、以下のウェブページをご覧ください。

■琳派名品展+特別講演会 ダブルご招待のご案内
https://serai.jp/news/entertainment/15102

 

琳派400年に触れる展覧会

 琳派の創始者とされる書家・芸術家の本阿弥光悦が、京都洛北に芸術サロンともいうべき「光悦村」を開いたのが1615年(元和元年)。日本橋三越で開催される「琳派名品展」では、琳派の源流から、明治・大正・昭和に至る近代琳派まで400年の系譜を、岡田美術館(神奈川県)所蔵の40点余の絵画・工芸や、映像資料などを通じて紹介する。岡田美術館館長の小林忠氏による、知られざる琳派についての講演会も実施される。

007 雪松群禽図屏風 H300
尾形光琳筆 『雪松群禽図屛風』岡田美術館蔵
雪が積もった松の木や草の葉と、鴨や雁などの水鳥の様子が描かれている。背景には、金箔の地に青い水面が切り込んでいる。金色に輝く空や地面は、まばゆい雪晴れの様子を思わせる。

008-1 31-2-090972SS 008-231-1-090972SS
↑尾形乾山作・光琳画 『銹絵白梅図角皿』 岡田美術館蔵
深さ約3cmの角皿に、垂れた枝の白梅が香るように描かれ、中央には明代の詩作手引書『円機活法』の詩の一部が引用されている。裏面には、兄・光琳の絵付であることを示す一文が乾山の豪快な筆致で見られる。

名称未設定 2
↑俵屋宗達筆 『明石図』(源氏物語図屛風断簡) 岡田美術館蔵
「琳派名品展」に出品される作品のひとつ。かつては八曲一隻の屛風に描かれていた『源氏物語』の一部で、光源氏が夜更けに明石君を訪ねる場面。金銀泥(絵の具の一種)や、切箔(細かくした箔)が用いられ、優美で緻密な表現が見られる。

■お問い合わせ
日本橋三越本店☎︎03・3241・3311(大代表)
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/rimpa/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年) 国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ…
  2. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust 世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】
  3. 二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵 1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】
  4. 奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 絹本・彩色 山種美術館蔵 80歳にして初心、100歳にして現役【山種美術館 広尾開館10周…
  5. 浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵 多彩なひろがりをみせた園芸【江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花…
PAGE TOP