新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

蟹瀬誠一さん/ジャーナリスト、キャスター(64歳)【達人たちの「ワタシの、センタク。」第9回】

「三島事件が、ジャーナリストへと導いた」

昭和史に刻まれる「三島事件」をきっかけに、ジャーナリストの道をセンタク。自らに定めた10年ごとのプランに基づいた、人生の歩みを語る。

 

01_D6B8818←かにせ・せいいち 昭和25年、石川県生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、AP通信社やAFP通信社記者を経て、『TIME』誌東京特派員として帰国。その後、TBS『報道特集』など日本のテレビ界に転身。明治大学国際日本学部教授として教育者の顔ももつ。著書多数。

 

蟹瀬誠一さんは7年前、長野県軽井沢にウィークエンドハウスを建てた。別荘ではなく本宅である。
「私は留学や通信社勤務で、けっこう海外で暮らしてきた。向こうではごく普通のサラリーマンが、週末を過ごす家を持っている。私も50代になり、自然とともにある暮らしを選びました」
蟹瀬さんには、10年ごとの人生プランがあるという。各年代の人生軸にもなるイメージだ。それは10~20代は若さを発揮して「美しく」、30代は仕事や家庭での責任に耐えうるように「強く」、40代は強さに「賢く」が加わる。そして50代は心の「豊かさ」、60代は「健康に」だ。軽井沢への移住は、50代の豊かさを実践したものだ。
顧みれば、ほぼ人生軸のイメージ通りに歩んできた。画家志望の10代。美術大学受験に失敗し、好奇心だけから選んだ大学の新聞学科。合格はしたものの新聞記者を志したわけではない。
ある事件が起きたのは将来の目標がまだ定まらぬ昭和45年、大学1年の時だ。「三島事件」に出遭う。作家の三島由紀夫が東京・市ヶ谷駐屯地で割腹自殺した事件だ。
「『なぜだ』という思いが、私をジャーナリストの道に向かわせました。今も、『なぜ』がジャーナリズムの原点だと思っています」
大学卒業後、外国の通信社記者を経て、『TIME』誌東京特派員に。その後は日本のテレビ界に転身、キャスターの道を選ぶ。この間には地獄を見るような体験もした。それは平成5年のこと。ロシア取材中にエリツィン大統領改革派と保守議会派の銃撃戦の真っ直中に紛れ込んだのだ。
「その映像リポートはスクープとなりましたが、人間いつ死ぬかわからない。この出来事を境に長期的な目標は立てないと決めました」
だが、前述したように、10年ごとの人生プランはある。蟹瀬さんの70代、80代の人生軸には、どんな言葉が連なるのだろう。

02_TIME誌東京特派員89年←平成元年、『TIME』誌東京特派員時代の蟹瀬さん。3年ごとに職場環境を変えるのが信条で、ここも3年で辞め、テレビキャスターの道を選んだ。

 

 

 

 

03_軽井沢自宅 04_ゴルフ2
↑50代半ばで心の豊かさを求めて軽井沢に移住。東京まで新幹線で1時間という利便性、四季折々の自然、文化度の高さも魅力だ。ゴルフ場も近く、週末には夫妻で趣味のゴルフを楽しむ。

 

●3年リニューアル説や37歳での留学、キャスターへの転身理由など、こちらでご紹介しきれていない興味深い話は「ワタシの、センタク。」のウェブサイトで公開中です。 

ワタシの、センタク。
http://towa-sentaku.jp/anohito/sarai/

提供/東和薬品

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP