新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録は「若冲レッドの万年筆」です

『サライ』2018年10月号は、秋の古都散策の手引きとなる「日本美術と紅葉の京都」の大特集に、紳士のたしなみ「帽子 基本のき」の特集をあわせてお届けします。

※試し読みはこちらから
↓↓↓
https://shogakukan.tameshiyo.me/4910142111082

さらに別冊付録として、いいものいっぱい『大人の逸品』カタログが、特別付録として、伊藤若冲の赤をモチーフにした鮮烈なボディが自慢の、サライ特製「若冲レッドの太軸万年筆」がもれなく付いています!

それでは今の読みどころをご紹介いたしましょう。

【大特集】
雪舟、永徳、光悦、宗達、光琳、若冲…
巨匠の名作から、寺宝の特別公開まで名作30

日本美術と紅葉の京都

平安京遷都以来、多彩な文化の醸成地として発展した京都は、数多の芸術家を育み、名作を生み出してきました。絵画、建築、仏像、庭園、焼き物……。今年の京都特集は、街に点在する美の至宝を求めて錦秋の古都を旅します。

天皇や宮家を中心に典雅な王朝文化が開花した京都。第1部は、鬼門と天皇をキーワードに、御所や離宮、禅の名刹などを訪ね、建築史家の井上章一さんの解説で古代から近代に至るまでの都の変遷を繙きます。

第2部は「京の芸術 鑑賞の極意」と題し、京都国立博物館、三十三間堂、養源院、智積院、東寺、元離宮二条城、平等院の名品を例に、美術史家・山下裕二さんが「見方」と鑑賞のコツを指南してくれました。

また、京都には国宝・重文指定を受けるような名品を所蔵する小規模な美術館が街のそこかしこにあります。その中から8か所を厳選し、第3部「ぶらり、小さな美術館めぐり」と題して、隠れた至宝と出会える美術鑑賞の“穴場”を案内しています。

第4部は、京の台所「錦市場」で働く食材の目利きたちが贔屓にしている美味処8軒を紹介しています。いずれも滋味豊かな味覚と和やかな雰囲気が魅力の名店揃いです。京都を訪れたら、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

巻末には、毎年好評の京都散策地図も付しております。

本誌渾身の、秋の京都特集。ぜひ参考にして、秋の京都の新たな魅力を発見してください。

 

【第2特集】
チャーチル、小津安二郎、開高健……
あの人に倣うスタイルとマナー

帽子 基本のき

帽子は「紳士の証」――かつて日本人の成人男子なら、皆が被っていた帽子スタイルが復活。今や老若男女を問わず、ブームになっています。

本特集では、帽子の種類・部位の名称などの基本的な知識をおさらいします。

また、チャーチル、アラン・ドロン、ジャン=ポール・ベルモンド、開高健、小津安二郎など著名人に倣う様子の良い被り方も併せて紹介。

さらに、服とのコーディネイトからマナーとメンテナンスまでを掲載しています。

サライ世代のための、この秋冬のお洒落の手引き書としてご覧ください。

 

【第2特集】
大好評の万年筆付録が再登場!
今度は伊藤若冲の鮮烈な「赤」

若冲レッドの「太軸万年筆」

大好評をいただいた1月号の付録「北斎ブルー」の太軸万年筆に続いて、日本の絵師シリーズ第2弾「若冲レッド」の太軸万年筆をお届けします。

江戸時代中期に京都で活躍した絵師・伊藤若冲の魅力は、超絶技巧の筆さばきと凄烈な色彩表現。なかでも「赤」は要の色で、代表作『動植綵絵』を目にすると、鶏冠、太陽、南天の実の「赤」がとりわけ印象に残ります。

そんな「若冲レッド」を、サライ・オリジナルで万年筆に仕立てました。

キャップには、若冲も描いた南天の実のイメージをもとに独自に図案化した模様をあしらっています。

インクは市販のヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジに交換可。

胸ポケットに挿せば、このとおり小粋な差し色アクセントに。

ご家族や友人へのお便りや年賀状にぜひ末永くご愛用ください。

*  *  *

以上、この秋の古都散策に使える「日本美術×京都」の大特集に、紳士のたしなみ「帽子」の特集をあわせ、付録には勿体ないほど上出来の「万年筆」が付録もついた『サライ』10月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※試し読みはこちらから
↓↓↓
https://shogakukan.tameshiyo.me/4910142111082

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  2. 京都の老舗花屋「花政」主人が薦める夏の山野草6種
  3. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  4. 一輪の花が迎えてくれる大人の京都路地裏バー『文久』(京都・三条)…
  5. 叡山ケーブルと八瀬もみじの小径で夜の絶景散歩を楽しむ【京都、初夏…
PAGE TOP