新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

会心の出来映え!サライ1月号の特別付録は「北斎ブルー」の万年筆です

文/編集部

まもなく発売となる『サライ』1月号には、特別付録として、「北斎ブルー」をあしらった特製の「太軸万年筆」が付いてきます。過去に何度も万年筆付録を実施してきたサライですが、これまでで最高の出来といえる逸品に仕上がりました。

付録の外箱には、北斎の傑作のひとつ『冨嶽三十六景甲州石班澤』(すみだ北斎美術館蔵)をあしらいました。

ボディーには「北斎ブルー」(藍色)を配しています。北斎が浮世絵で用いた藍色は、18世紀前半にプロシア(現・ドイツ)で発見されたプルシアンブルー染料です。「ベロ藍」(ベルリン藍)と呼ばれた鮮やかで透明感のある藍色は、江戸の庶民たちの度肝を抜き『冨嶽三十六景』の大ブームをもたらしました。(北斎ブルーについてくわしくはこちらをご覧ください)

今回のサライ・オリジナル万年筆には、『冨嶽三十六景甲州石班澤』から深みのある濃色部分の藍色を選んでいます。末長く愛用いただける上品な青色です。

ボディーには、北斎がデザインした小紋柄をあしらっています。北斎は画家であると同時に、着物の柄のデザイナーでした。この小紋柄は、北斎の『新形小紋帳』という本に紹介されている、麻の葉をテーマにした変形小紋柄です。

ブルーブラックインクのカートリッジが付属。装填も簡単です。

付属カートリッジのインクがなくなったら、ヨーロッパタイプ(「ペリカン」「モンブラン」などの欧州共通規格)のカートリッジを使用できます。お買い求めの際は、文房具店や百貨店の万年筆売り場に、空のカートリッジをご持参いただくと、間違いありません。

リング部分には、らくだマークの刻印入り。軸が太く、適度な重さで、持ちやすく、書きやすい万年筆です。

ペン先には適度なしなりがあって、とても書きやすい! 筆記具には何かとうるさい、サライ編集長の小坂もその書き心地に舌を巻いたほどの、上々の出来映えです。

北斎ファンならずとも欲しくなる、このサライオリジナル万年筆は、『サライ』1月号にもれなくついています。19世紀のヨーロッパでモネ、ドガ、セザンヌなどの印象派画家たちを魅了した「北斎ブルー」を、日々の暮らしでご活用ください。もちろん他では手に入りません! 『サライ』1月号をお求め逃しのなきように!

※インクカートリッジは、市販のヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジを使用可能です。付属のカートリッジがなくなりましたら、万年筆を取り扱っている文房具店、百貨店の万年筆売り場で、「ペリカン」「モンブラン」「オート」などヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジをお求め下さい。お求めの際は、万年筆、付属のインクカートリッジを店頭にお持ちいただくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北斎が愛した独特の青色「北斎ブルー」誕生の秘密とは
  2. サライ11月号の付録は『アクアスキュータム』の手帳です
  3. 歴史的名品の風格を受け継ぐ万年筆!パーカーの高級ライン『パーカー…
  4. 書き味満点! 万年筆のために5年をかけて開発されたノート「MON…
  5. 万年筆に親しむ極意~意外と知らない多彩なインク選びのコツ
PAGE TOP