新着記事

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

犬の飼い主は絶対知っておくべき「夏のキケンな果物」はブドウ

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司人間にとっては美味しい果物ですが、犬や猫にとっては…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

鉄板を叩いてつくる山田工業所の「打ち出し式」鉄フライパン【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部中華料理の料理人にとって、鍋は最も重要な道具である。炒める、揚げる、煮る、蒸…

房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

会心の出来映え!サライ1月号の特別付録は「北斎ブルー」の万年筆です

文/編集部

まもなく発売となる『サライ』1月号には、特別付録として、「北斎ブルー」をあしらった特製の「太軸万年筆」が付いてきます。過去に何度も万年筆付録を実施してきたサライですが、これまでで最高の出来といえる逸品に仕上がりました。

付録の外箱には、北斎の傑作のひとつ『冨嶽三十六景甲州石班澤』(すみだ北斎美術館蔵)をあしらいました。

ボディーには「北斎ブルー」(藍色)を配しています。北斎が浮世絵で用いた藍色は、18世紀前半にプロシア(現・ドイツ)で発見されたプルシアンブルー染料です。「ベロ藍」(ベルリン藍)と呼ばれた鮮やかで透明感のある藍色は、江戸の庶民たちの度肝を抜き『冨嶽三十六景』の大ブームをもたらしました。(北斎ブルーについてくわしくはこちらをご覧ください)

今回のサライ・オリジナル万年筆には、『冨嶽三十六景甲州石班澤』から深みのある濃色部分の藍色を選んでいます。末長く愛用いただける上品な青色です。

ボディーには、北斎がデザインした小紋柄をあしらっています。北斎は画家であると同時に、着物の柄のデザイナーでした。この小紋柄は、北斎の『新形小紋帳』という本に紹介されている、麻の葉をテーマにした変形小紋柄です。

ブルーブラックインクのカートリッジが付属。装填も簡単です。

付属カートリッジのインクがなくなったら、ヨーロッパタイプ(「ペリカン」「モンブラン」などの欧州共通規格)のカートリッジを使用できます。お買い求めの際は、文房具店や百貨店の万年筆売り場に、空のカートリッジをご持参いただくと、間違いありません。

リング部分には、らくだマークの刻印入り。軸が太く、適度な重さで、持ちやすく、書きやすい万年筆です。

ペン先には適度なしなりがあって、とても書きやすい! 筆記具には何かとうるさい、サライ編集長の小坂もその書き心地に舌を巻いたほどの、上々の出来映えです。

北斎ファンならずとも欲しくなる、このサライオリジナル万年筆は、『サライ』1月号にもれなくついています。19世紀のヨーロッパでモネ、ドガ、セザンヌなどの印象派画家たちを魅了した「北斎ブルー」を、日々の暮らしでご活用ください。もちろん他では手に入りません! 『サライ』1月号をお求め逃しのなきように!

※インクカートリッジは、市販のヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジを使用可能です。付属のカートリッジがなくなりましたら、万年筆を取り扱っている文房具店、百貨店の万年筆売り場で、「ペリカン」「モンブラン」「オート」などヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジをお求め下さい。お求めの際は、万年筆、付属のインクカートリッジを店頭にお持ちいただくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北斎が愛した独特の青色「北斎ブルー」誕生の秘密とは
  2. サライ11月号の付録は『アクアスキュータム』の手帳です
  3. 歴史的名品の風格を受け継ぐ万年筆!パーカーの高級ライン『パーカー…
  4. 書き味満点! 万年筆のために5年をかけて開発されたノート「MON…
  5. 万年筆に親しむ極意~意外と知らない多彩なインク選びのコツ
PAGE TOP