新着記事

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

本当は怖い!本当に怖い!メタボリックシンドロームの基礎知識【予防医療の最前線】

文/中村康宏

「メタボリックシンドローム」や「生活習慣病」という言葉は、健診の時などに耳にする程度かもしれません。でもこれらの病気は、たとえ症状がなくても、現在進行形で病状が悪化していることがあります。

そして、ある日突然死んでしまったり、寝たきりになってしまうという、恐ろしい病気の前段階でもあるのです。

今回は、生活習慣の悪化からメタボリックシンドローム(以下、メタボ)になり、生活習慣病に至るまでの経過について、ご説明しましょう。

■成人病と「メタボリックシンドローム」の発祥

生活習慣と病気との関連性は、約100年前から指摘されていました。さらに研究が進み、1947年にはフランス人医師ジャン・ヴァーグ(Jean Vague)が、肥満が動脈硬化や糖尿病・腎臓結石・痛風と関連していることを指摘しました(※1)。日本で生活習慣と関連する病態のことを「成人病」と呼ぶようになったのは、この頃のことです。

そして1977年に、ドイツ人医師のヘルマン・ハラー(Herman Haller)により「メタボリックシンドローム(metabolic syndrome)」という言葉が初めて科学誌で使われました。その後、1998年にWHO(世界保健機関)が「メタボリックシンドローム」という名称で診断基準を発表した事をきっかけに、健康診断でも広く取り上げられるようになったのです(※2)。

■メタボリックシンドロームの基準とは

現在の健康診断では、メタボリックシンドロームの項目があります。これらは腹囲(男性85cm以上、女性90cm以上)、血圧(最高血圧:130mmHg以上、最低血圧:85mmHg以上)、血中中性脂肪値・コレステロール値(中性脂肪値 150mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl未満)、血糖値(空腹時血糖値 110mg/dl以上)の4項目から構成され、「メタボ」とは囲を含む2つ以上の症状が一度に出ている状態をいいます(※3)。

この状態は、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまうため、それらが2つ以上重なっている場合は、「すでに手を打たなければならない状態」と考えられているのです。

■人はどうして「メタボ」になっていくのか

悪い生活習慣が人を「メタボ」へと導くことは、科学的に証明されていますが、その細かいメカニズムについては現在も不明な点が少なくありません。

その中で、メタボの有力な原因の一つと考えられているのが「酸化ストレス」です(※4)。喫煙や飲酒、高脂血症、高血糖によりタンパク質や細胞核の変性の原因となる「活性酸素 (ROS)」や「フリーラジカル」が体内で生成されると(※5)、これらが体内で「酸化ストレス」として作用し、血管のダメージや老化に深く関与し、動脈硬化や高血圧を引き起こすのです(※6)。

しかし、これらは自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに進行してしまいます。そして、ある日突然、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの致命的な病気に至るのです。

■「生活習慣病」とメタボの違い

メタボとは、生活習慣病に進展する前段階の状態です。厚生労働省は生活習慣病に至るレベルを5段階に分けており、メタボはそれの「レベル3」に位置付けられています(※7)。

メタボから生活習慣病へ。厚生労働省は生活習慣病に至るレベルを5段階に分けており、「メタボ」はそれの「レベル3」に位置付けられている。

生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」のことを意味しており、具体的には、糖尿病や歯周病、ガン、高血圧、肺気腫などが挙げられます。

さらに、生活習慣病が他の臓器に影響を与え、さらに多様な病気を引き起こすこともあります。これらは「生活習慣病関連疾患」と呼ばれ、骨粗しょう症や腎不全などが含まれます。

このように、非常に多くの病気が生活習慣を基にして起こるのです。言うまでもなく、心筋梗塞や脳梗塞などの致命的な病気が起こってからでは手遅れです。メタボと診断されたら、たとえ症状がなくても、現在進行形で病状が悪化していることに注意してください。

そして、食事や運動など生活習慣を見直し、早期に治療介入することが、メタボの進展そして生活習慣病予防に効果的であることも、知っておいてください。

【参考文献】
※1 Christa M, et al. Clinical Chemistry. 2006; 52: 897-8
※2 WHO
※3 日本内科学会雑誌 第94巻 第4号, 平成17年4月10日.
※4 Li M-C, et al. Folia Pharmacol. Jpn.2014; 144: 281-6
※5 Halliwell B, et al. Br J Pharmacol. 2004; 142: 707-22
※6 Lee M-C. Springer 2014. p.3-14
※7 厚生労働省

文/中村康宏
関西医科大学卒業。虎の門病院で勤務後New York University、St. John’s Universityへ留学。同公衆衛生修士課程(MPH:予防医学専攻)にて修学。同時にNORC New Yorkにて家庭医療、St. John’s Universityにて予防医学研究に従事。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 50代ヘルニア患者の腰痛の原因は「体幹インナーマッスル」の衰えだ…
  2. 軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く…
  3. 50代男性ヘルニア患者の腰痛の原因「トリガーポイント」はどこ?【…
  4. 歳だから…とあきらめない!専門医が教える「ひざ痛」解消運動
  5. 北欧発のスポーツ「ノルディック・ウォーク」健康効果と上達のコツ
PAGE TOP