新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  暮らしについての記事一覧

  1. 【ビジネスの極意】目標設定が低い部下への接し方  

    【ビジネスの極意】目標設定が低い部下への接し方

         

    部下の育成のために、自主的に目標を設定させるという指導を行っている組織も多いことだろう。だが、そのような方法だと、目標設定を低めにし、目標を達成することを重視してしまう部下がでてくる。リーダーシップとマネジメントに悩む、すべてのビジネス…

  2. 夫婦共に理想の婚姻関係は「どちらかが死ぬまでずっと」が5割以上  

    夫婦円満寿命|理想の婚姻関係は「どちらかが死ぬまでずっと」が5割以上

         

    人生100年時代。最近では、夫婦で長くかつ円満に過ごせる「夫婦円満寿命」への関心も高まってい…

  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】  

    車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美ずいぶん昔の話になるが、私がまだビギナードライバーだったころ、対向車線のトラック…

  4. 【ビジネスの極意】1日が30時間になるタイムマネジメント  

    【ビジネスの極意】1日が30時間になるタイムマネジメント

         

    仕事が多くて、いくら時間があっても足りない、と思っている人も多いことだろう。だが、タイムマネジメ…

  5. 【介護と仕事を両立するには】「介護休業と介護休暇」知っておきたい基本のき  

    【介護と仕事を両立するには】「介護休業と介護休暇」知っておきたい基本のき

         

    取材・文/坂口鈴香「介護離職」が社会問題となっている。仕事をしながら介護をするのは簡…

  6. 【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~  

    【娘のきもち】「病気になったのは、事故だと思え」病気を患い、両親に申し訳なく思う気持ちを父親は救ってくれた~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  7. 【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~  

    【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  8. 軽度認知障害(MCI)疑いの要介護者、ケアマネジャーの勧めにより7割が受診  

    MCI(軽度認知障害)と認知症|MCIが疑われる要介護者の7割が、ケアマネジャーの勧めにより受診

         

    軽度認知障害(mild cognitive impairment 以下、 MCI)は認知症で…

  9. 同性婚合法は16か国|ヨーロッパで進む理解と差別禁止(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編11】  

    同性婚合法化の世界の流れ|ヨーロッパで進む理解と差別禁止(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編11】

         

    文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が…

  10. “終活”に関するアンケート調査  

    “終活”で1番心配なことは「物の整理、片付け」

         

    “終活”という言葉もだいぶ一般的になってきたような気もするが、果たして認知度はどうなのだろう…

  11. 【ビジネスの極意】組織を変革する方法  

    【ビジネスの極意】組織を変革する方法

         

    組織を変革させる場合、かなりの勇気と決断が必要であろう。できるだけ効果的にかつ円滑に事を運びたい…

  12. 定期検診で高齢でも快適な生活が可能に  

    獣医さんが薦める、ペットの終活に関する3つの提案

         

    取材・文/柿川鮎子人もペットも高齢化が進んで、介護関連の準備や、いわゆる終活などが話題になってき…

  13. いまどきシニアのネット利用実態と価値観|60代にも広がるスマホ利用。この世代に特徴的なネット利用行動と価値観とは?  

    いまどきシニアのネット事情|60代のスマホ利用率はまだ4割、利用サイト1位は「Yahoo! JAPAN」

         

    SNSやニュース・動画サイトなど、インターネットメディアがここ数年活況を帯びている。そんな中…

  14. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』  

    「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』

         

    文/印南敦史『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』(福田徳郎著、亜紀書房)の初版が発…

  15. 約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のセカンドライフ  

    約半数の女性が60歳を過ぎても働きたい|女性のこれからの生き方

         

    結婚、出産、育児、介護など、人生の転機は幾度となくやってくる。そんなライフステージの変化は、…

  16. 【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由  

    【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

         

    成長著しい企業は、そのトップが音頭を取ってバリバリ仕事をこなしていく、イメージを持っている人…

  17. 危険なドライバーの行為  

    愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美飼い主さんの自己中で愛犬の命が危険にさらされる街乗りをしていて気になるのが道…

  18. 【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~  

    【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  19. 【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~  

    【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  20. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~  

    【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

         

    取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面…

  21. 【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~  

    【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

         

    取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

  22. 【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち  

    【ビジネスの極意】できる人のフリをする迷惑な人たち

         

    「仕事ができる人」と「仕事ができない人」は社内に確実に存在する。問題なのは「仕事ができない人」が自分…

  23. 中高年のセカンドライフに関する意識調査  

    【私の理想のセカンドライフ】女性は「時間を気にせずゆっくりすごしたい」

         

    新しい時代「令和」が幕を開けた。昭和、平成を生き抜いてきた中高年は、人生の後半(65歳以降)…

  24. 年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円  

    年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

         

    国税庁が毎年実施する「民間給与実態統計調査」によると、平成29年分の日本の平均年収は432万…

  25. 【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います  

    【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

         

    仕事をするに際し、「モチベーション」が重要というのはよく言われることだ。「モチベーション」はよく…

  26. 拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』  

    拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

         

    文/鈴木拓也いまや一千万匹に届くかという、日本の飼い猫。犬よりも飼いやすいということで、…

  27. 【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~  

    【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

  28. 【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~  

    【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

  29. 愛犬と快適ドライブ術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】  

    愛犬とドライブを楽しむ方法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美犬を飼っている方は愛犬とドライブを楽しむ人も多いと思います。そこで今回は愛犬を車に慣…

  30. 定年後を独立独歩で生きるための指針|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』  

    定年後は独立独歩の仕事で生きる|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』

         

    文/鈴木拓也50歳に差し掛かったあたりから、母校の同窓会や地域の活動に呼ばれる機会が…

PAGE TOP