新着記事

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

山梨県市川大門(市川三郷町)にある『大直』というメーカーがつくったのは、軽量な和紙を使った財布だ。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

写真・文/矢崎海里新じゃがや新玉葱、春キャベツ・・・。春は旬の野菜がたくさんあって、…

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美母の運転が荒くなった。子供の頃、父をはじめ、親戚の方々など色々な大人たち…

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

取材・文/池田充枝昨今の猫人気は、なにも今はじまったことではなく、江戸時代にも「猫ブーム」は…

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

端午の節句も間近、青空に鯉のぼりが泳ぐ季節になった。しかし、住宅事情もあり、どの家庭でも鯉の…

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ずしりと手応えのある音楽である。現代を代表するドイツのヴ…

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

写真・文/石津祐介ブリスベンからエアーズロックへブリスベン6時発のジェットスター667便で、…

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

中華鍋で手軽に燻製作り鯖の燻製の作り方を東京・柳橋で居酒屋『玉椿』を営む山本功さん(52歳)に指…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  暮らしについての記事一覧

  1. カレー好きの男性が好きなカレールウは?|男女のカレーへの好みとこだわりを調査  

    男女を問わず人気1位は「バーモントカレー」、女性に人気の「こくまろカレー」|カレーの好みとこだわりを徹底調査

         

    カレー嫌い、という人はあまりいない(ごく稀にいらっしゃるが)。家庭料理やキャンプ料理の定番でもあるカレーはもはや日本の料理と言ってもいいだろう。だが、カレーと一口に言ってもその好みは千差万別。家庭で作るカレーには、その家庭の数だけ種類が…

  2. 住まいを確保・ 再建する支援制度【被災したときに役立つ生活再建のための知識】  

    住まいを確保・ 再建する支援制度【被災したときに役立つ生活再建のための知識】

         

    ■被害程度に応じて支給される被災者生活再建支援制度被災者生活再建支援制度は、自然災害によって…

  3. 【ビジネスの極意】上司は部下の「もっと任せてほしい」に合わせてはいけない  

    【ビジネスの極意】上司は部下の「もっと任せてほしい」に合わせてはいけない

         

    部下が「仕事をもっと任せてほしい」と思っていたことがわかったとしたら、上司であるあなたはどの…

  4. 女性は運転がヘタ?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】  

    ときおり耳にする「女性は運転がヘタ」。実際はどうなのだろうか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美女性=運転は苦手、女性=運転がヘタ。ときおり耳にするこの言葉。実際のところは…

  5. 【家族のかたち】母親とは血がつながっているだけ。うまくやれない気持ちを認められた時、母への執着はなくなった~その2~  

    【家族のかたち】母親とは今も連絡を取っていない。もう歩み寄る努力をしないでいいと認められた時、母への執着はなくなった~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

  6. 年齢を重ねる度に冷たくなっていく母親。ライバル視されることが辛くてたまらなかった~その1~  

    【家族のかたち】年齢を重ねる度に娘をライバル視する母親。母親といることがだんだんストレスになっていき……~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

  7. お花見の“鼻つまみ者”に気をつけて!| 男性の約5割が「女性の足のニオイ」に不快感  

    お花見で靴を脱ぐ時、要注意!| 男性の約5割が「女性の足のニオイ」に不快感【お花見あるある大調査】

         

    ‫お花見にシーズン真っ盛り! 早々と場所取りをして、仕事帰りに会社のメンバーで繰り出す方も多いだ…

  8. 【最後の恋】~その2~妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出会った運命の女性  

    【最後の恋】妻の遺品と決別し、徐々に気持ちが切り替わっていき、出会った運命の女性はかつての部下だった~その2~

         

    取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では…

  9. 【最後の恋】~その1~妻との死別と“後妻業の女”の罠……愛妻家が選んだ最後の恋の相手は?  

    【最後の恋】突然の妻との死別で落胆する日々。シニア婚活で出会ったのは“後妻業の女”だった……~その1~

         

    取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

  10. 【介護の落とし穴!】介護をする際に準備不足だったと後悔したこと|第3位は「介護費用を貯めていなかった」第2位は「バリアフリーに取り組んでいなかった」第1位は?  

    介護をする際に後悔したこと|第3位は「介護費用を貯めていなかった」第2位は「バリアフリーに取り組んでいなかった」第1位は?

         

    ‫高齢化社会といわれる現代。自分のこと以上に、親の高齢化は心配だ。もしも親が要介護状態になった時…

  11. 愛情表現と家族観|家族に「アイラブユー」と言いますか?  

    愛情表現と家族観|家族に「アイラブユー」と言いますか?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 5】

         

    文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

  12. ブラック企業にならないために必要な「アンガーマネジメント」とは何か?  

    【ビジネスの極意】ブラック企業にならないために必要な「アンガーマネジメント」とは何か?

         

    ブラック企業と一概に言っても、過重労働だけではなく、上司のパワハラなどもブラック企業と呼ばれる原…

  13. 【5万円?30万円?】あなたの着物はおいくらですか?自宅に眠る着物の価値を徹底調査  

    5万円?30万円?あなたの着物はおいくらですか?|タンスに眠る着物どうしてる?

         

    着ることがなくタンスに眠ったままの着物。あなたの家にも何枚かあるのではないだろうか? そんな…

  14. 懐かしの給食メニューを再現できる!|『日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100』  

    懐かしの給食メニューを再現できる!|『日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100』

         

    文/印南敦史年齢を重ねても「あれをまた食べてみたい」という気持ちが消えることのない、思い…

  15.  

    猫さんのすりすり行動は大好きのサイン!「知っておきたい猫の習性」

         

    好きな人間に対してする挨拶の一環としてすりすりする立てたしっぽをゆらゆらと揺らしながら近づい…

  16. 靴の手入れ方法(革靴編)  

    簡単! 誰でも出来る革靴の手入れ方法【快適に過ごせる靴との出会いvol.12】

         

    文・イラスト/小池美波こんにちは。快適に過ごせる靴との出会い第12回目です。今回の内…

  17. 被災時の生命保険・損害保険の手続き【被災したときに役立つ生活再建のための知識】  

    被災時の生命保険・損害保険の手続き【被災したときに役立つ生活再建のための知識】

         

    ■被災時の生命保険の請求手続き通常、生命保険の約款には、地震・津波による支払事由の場合は、保…

  18. 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと  

    【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと

         

    人材確保が難しいといわれている。どこの企業にとって即戦力になる人材は喉から手が出るほど欲しい…

  19. 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~  

    【娘のきもち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  20. 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~  

    【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  21. 【老後を自宅で過ごしたいなら】「ケアマネジャー」知っておきたい基本のき  

    【老後を自宅で過ごしたいなら】「ケアマネジャー」知っておきたい基本のき

         

    取材・文/坂口鈴香ケアマネジャー、略して「ケアマネ」と呼ばれる専門職名を聞いたことのある…

  22. お墓の費用 約5割が150万円以下で購入、購入前に知っておきたいのはお墓の管理法|「お墓購入」に関する実態調査  

    お墓購入にかかった費用150万円以下が約5割|知っておきたい「お墓参り」と「お彼岸」の基礎知識

         

    ようやく春めいてきた今日この頃。お彼岸のお墓参りも好天にめぐまれそうだ。株式会社エイチー…

  23. アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です  

    アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 4】

         

    文/晏生莉衣グローバル化時代、日本人が外国人と交流する機会は増えています。この教養シ…

  24. 定年後「給与が下がっても働きたい」約7割  

    定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める|定年後のキャリア対策「十分できている」人はわずか1%

         

    あなたは70歳、80歳になっても働くイメージはあるだろうか? 今、定年を迎えた後も働きたいと…

  25. 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】  

    被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】

         

    ■預金通帳やキャッシュカードを焼失した場合の取扱い災害に遭い、急いで避難しなければならない場合、…

  26.  

    今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル

         

    動物行動学者で動物の心療内科医・入交眞巳先生が、満を持して初となる著書『猫が幸せならばそれでいい』(…

  27. 【娘の気持ち】兄の失業に、自身の流産。2度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~  

    【娘のきもち】兄の失業に、自身の流産。二度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  28. 【娘のきもち】アクティブな両親と落ち着いた兄。休日の度に家族で行くキャンプが大好きだった~その1~  

    【娘のきもち】二度とこんな思いをしたくないと妊娠を怖がった。その気持ちを戻してくれたのも家族とのキャンプだった~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  29. 飼い主さんとのスキンシップで脳が活性化する  

    長生きして欲しいわが家の愛犬|プロが教える「シニア犬介護」4つのポイント

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司長生きして欲しい大切なわが家の愛犬ですが、最近、何となく衰…

  30. パチンコをしている人、パチスロをしている人、いずれも減少傾向|パチンコに関するアンケート調査  

    最近、パチンコ、パチスロしていますか?|現在もパチンコをしている人は1割以下!【最新パチンコ事情】

         

    平成も終わろうとしている昨今、昭和の娯楽、というイメージもあるパチンコ・パチスロの人気に翳りがさ…

PAGE TOP