新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  暮らしについての記事一覧

  1. 学校に多様性の文化を! フランスで高まる「ジェンダー ニュートラルな親」の議論【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編10】  

    学校に多様性の文化を! フランスで高まる「ジェンダー ニュートラルな親」の議論【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編10】

         

    文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が日本を訪れる機会が続きます。楽しく有意義な国際交流が行われるよう願いを込めて、英語のトピックスや国際教養のエッセンスを紹介します。* *…

  2. 8割が飲みたくなければ飲まなくてもOK! お酒を飲まない人への理解進む  

    8割が飲みたくなければ飲まなくてOK! |若い世代の「アルコール離れ」進む

         

    会社の飲み会に参加したがらない、乾杯もソフトドリンクですませる……など、近ごろ若い世代を中心…

  3. 【ビジネスの極意】アマゾンCEO ジェフ・ベゾスのリーダーシップを学ぶ  

    【ビジネスの極意】アマゾンCEO ジェフ・ベゾスのリーダーシップを学ぶ

         

    世界的に有名なEC.サイトアマゾン。そのCEOジェフ・ベゾスのリーダーシップは「ビジョナリー・リ…

  4. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』  

    「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』

         

    文/鈴木拓也遺産の相続をめぐって遺族間でトラブルとなる「争族」。資産家特有の現象だと思わ…

  5. 免許の自主返納は困難だ  

    なぜ免許の自主返納は困難なのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    文/鈴木珠美高齢者ドライバーの運転免許の自主返納の話題が増えている。もはや話題にするだけでなく、…

  6. 【ビジネスの極意】グーグルの4人のトップにリーダーシップを学ぶ  

    【ビジネスの極意】グーグルの4人のトップにリーダーシップを学ぶ

         

    Googleはインターネット関連のサービスを開発する世界的な企業。その名前を知らない人はいないと…

  7. photoBさんによる写真ACからの写真  

    親の終の棲家をどう選ぶ?|3度の脳梗塞に襲われた妻。その時、夫がした決断は……【その2】

         

    取材・文/坂口鈴香この連載のテーマは「親の終の棲家をどう選ぶ?」だが、親を介護する子…

  8. 親の終の棲家をどう選ぶ?|3度の脳梗塞に襲われた妻。夫の決断とは【前編】  

    親の終の棲家をどう選ぶ?|3度の脳梗塞に襲われた妻。その時、夫がした決断は……【その1】

         

    取材・文/坂口鈴香この連載のテーマは「親の終の棲家をどう選ぶ?」だが、親を介護する子…

  9. 緑色のガラスの花器は、さまざまな色と種類のチューリップを生けてもまとまる包容力。ダイニングにあるアレックス・カッツの絵と相性がいいので、よく一緒に飾っています。  

    花日ごろ【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    独身のころからいつも部屋にお花を飾っていたという桐島かれんさん。日々の暮らしに花は欠かせないアイテム…

  10. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~  

    【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。乳がんが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  11. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~  

    【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  12. ジェンダー ニュートラルとフランス語の行方【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編9】  

    ジェンダー ニュートラルとフランス語の行方【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編9】

         

    文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が日本…

  13. 【ビジネスの極意】OJTを効果的に行う方法  

    【ビジネスの極意】OJTを効果的に行う方法

         

    新入社員や中途採用の社員に仕事を速やかに進められるように行われるOJT。リーダーシップとマネジメ…

  14. 【ビジネスの極意】「マネジメント」の意味、正しく理解していますか?  

    【ビジネスの極意】「マネジメント」の意味、正しく理解していますか?

         

    日頃、頻繁に使われる「マネジメント」という言葉。だが、本当に意味を理解して使っているだろうか?…

  15. 夫が撮影したザクロの写真は、アンティークの額の中でまるで絵のような景色に。中国の漆のコンソールテーブルの上に配した世界の古い小物たち。  

    暮らしの中のアート&クラフト(後編)【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんと、夫で写真家の上田義彦さんは、ともに工芸好き、美術好き。旅の思い出が詰まった品々…

  16. 祖父母が所有していたブラックの絵を中心に、仏頭、漆器、小物入れなどはミャンマーのもので統一。パープルのシックな色合いをもつヒヤシンスとアネモネの花を添えて。  

    暮らしの中のアート&クラフト(前編)【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんと、夫で写真家の上田義彦さんは、ともに工芸好き、美術好き。旅の思い出が詰まった品々…

  17. 84歳の現役社長が教える、定年後の再就職に必要な習慣とは?|『定年前後「これだけ」やればいい』  

    84歳の現役社長が教える、定年後の再就職を成功させる習慣|『定年前後「これだけ」やればいい』

         

    文/鈴木拓也厚生労働省の調査によれば、60歳以上の常用労働者数(31人以上規模企業)は2…

  18. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~  

    【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  19. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~  

    【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  20. 【老後を自宅で過ごしたいなら】「デイサービス」知っておきたい基本のき  

    【老後を自宅で過ごしたいなら】「デイサービス」知っておきたい基本のき

         

    取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」【その…

  21. 【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その2  

    【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その2~

         

    取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面…

  22. 【定年前後の夫婦バランス】夫が妻の“背後霊”に。スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1  

    【夫婦の距離】夫が妻の“背後霊”に!? スポーツジムで“他人の仮面”を被り続ける理由~その1~

         

    取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

  23. 日本を狂犬病の清浄国にした二人のキーマンと無名の人々  

    日本を狂犬病の清浄国にした二人のキーマンと無名の人々

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司前回、約4000年もの間、人類は狂犬病と戦ってきた…

  24.  

    サライ読者に聞いた「退職後に移住したい場所」ランキング

         

    退職後は都会の喧騒から離れて地方でスローライフを送るのもよし。思い切って海外を終の棲家にする…

  25. まもなく令和! 平成の「暮らし」と「食」の変化をデータで振り返る  

    まもなく令和! 平成の「暮らし」と「食」の変化をデータで振り返る

         

    「平成」から「令和」に改元される日が近づいてきました。東京ガス 都市生活研究所が蓄積してきたデー…

  26.  

    キッチンにはいつもレモン【桐島かれん『KAREN’s』】

         

    桐島かれんさんの葉山の家には夫で写真家の上田義彦さんが丹精している庭があります。そこで実るレモンは、…

  27. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~  

    【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  28. 家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~  

    【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  29. 【最後の恋】63歳からの恋活は「バレない」SNSカン違いが引き寄せた最後の恋~その2~  

    【最後の恋】シニアの恋活パーティーもお見合いもうまく行かず。SNSでの偶然が引き寄せた運命の出会い~その2~

         

    取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では…

  30. 【最後の恋】63歳からの“恋活”は慎重第一。「金目当て」を排除し、運命の女性と会うまでの道のり~その1~  

    【最後の恋】定年後の“恋活”は慎重第一。「金目当て」の相手を排除し、運命の女性と出会うまで~その1~

         

    取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

PAGE TOP