新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ホンダ シビック|登場から46年、10代目はスポーティな味付けの高性能セダン【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

初代の登場は46年前。一世を風靡した車種が次々と消えていく日本車の中で長寿の小型車だ。7年ぶりに日本市場に投入された10代目は、使い勝手のよさと運転の楽しさを併せ持つと早くも評判である。

先代より車体が大きくなった新型シビック。屋根から車体後部にかけて流れるようなラインによってスポーティな印象を与える。

ホンダの名車というと、団塊世代は小型スポーツカーのSシリーズ、軽自動車のN360やZなどを思い出すのではないだろうか。そのホンダが、軽自動車で得た技術を注ぎこんで開発した本格的な量産小型乗用車がシビックだ。

1972年7月に発売された初代シビックは一見、ハッチバック車に見えたが、じつは独立する荷室を備えた2ドアセダンである。シビックはその後、4~5年ごとに改良型が登場し、8代目が2010年まで国内で販売された。9代目はフィットが発売されたことで日本での販売は見送られ、昨年秋、7年ぶりに10代目シビックが日本市場に復活した。

10代目は4ドアセダン、3ドアおよび5ドアハッチバックの3車種を揃えている。いずれも車体は骨格から新しい思想で開発された最新型。しかもセダンとハッチバックでは、エンジンの性格を変えるなど、ホンダらしいきめ細やかな車づくりがなされている。

今回は、3車種の中でもシビックの原点ともいえる、上質な走行性能と実用性の高さを特徴とする4ドアセダンをご紹介しよう。

車体後部の荷室部分にセダン特有の張り出しがない。後ろ窓と荷室の扉が一体化しているように見えるため、まるでクーペのようだ。前後のドアに施された低い斜めのラインが躍動感を強調している。

使い勝手のよさを重視

4ドアセダンのエンジンは4気筒1・5ℓガソリンでターボ付き。スポーティな3ドア車よりも最高出力を抑え、使用ガソリンもレギュラーガソリンにするなど、日常の足として使い勝手のよさを重視した仕上がりだ。

運転席と助手席を明確に分けたデザインを採用。内装のデザインは洗練されており、上級セダンの雰囲気を醸し出している。

前席の座面はクッションが厚く、背もたれは左右の縁が体をしっかり支えてくれる。座り心地がよく、長時間のドライブでも疲れが少ない。

セダンであってもステンレス製のスポーツペダルを標準装備。ハッチバック車はクラッチペダル付きの6速手動変速モデルも用意する。

後席の着座位置はやや高めで、前方の視界はよい。足元の空間はしっかり確保されており、天井も身長170cmの人なら圧迫感は感じない。

全幅1.8mなので、室内空間は左右幅に余裕があり、座席や荷室も広い。安全装備も最新の技術を導入している。ホンダセンシングと名付けられた安全装備は、レーダーとカメラによる先進装置だ。

上級スポーツセダン並みの加速力。高速走行では高い燃費性能を発揮

車体後部のデザインもセダンというよりスポーツクーペを思わせる。固定された後ろ窓の下部分が荷室の扉として大きく開閉する。

7年ぶりに日本市場に投入されたシビックセダンに試乗した。同クラスのトヨタ・プリウスと比べると、全長はほぼ同じ。全幅はプリウスより約4cm広く、全高はシビックのほうが5.5cm低い。重量は、1.5lガソリン・ターボのシビックセダンは、ハイブリッドのプリウスより230kg軽い。

その1.5lエンジンだが、低回転域からアクセルペダルに対しての反応が早く、無段変速機との相性もよい。停止状態から時速100kmに達するまでの時間は約7秒。これは排気量2.5l級のスポーツセダンに匹敵する速さだ。エンジン技術の進化に驚かされる。

街中での燃費は1lあたり11km程度だったが、高速道路での巡航では17km/l以上を記録。これはカタログ値にかなり近い。

4気筒1.5lのターボ付きガソリンエンジン。車体前部に横置きされている。現時点で、セダンに用意されるのはこのエンジンのみ。

新開発された車体骨格はしっかりしたつくりで、乗り心地や操縦安定性も良好である。“走り”を追求した車ではないが、カーブでの車体の傾きをしっかり抑える点などに、F1などで培ってきたホンダのスポーツカー精神の片鱗を感じさせる。

新型シビックセダンは、長距離ドライブでその進化と真価を実感できる車である。

荷室は奥行き、左右幅ともに1m以上あり大容量だ。6対4で可倒する後席の背もたれを前に倒せば、荷室はさらに広くなる

【ホンダ/シビック セダン】
全長× 全幅× 全高:4650×1800×1415mm
ホイールベース:2700mm
車両重量:1300kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ/1496cc
最高出力:173PS/5500rpm
最大トルク:22.4kg-m/1700~5500rpm
駆動方式:前輪駆動
燃料消費率:19.4km/l(JC08モード)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 47l
ミッション:自動無段変速機(CVT)/span>
サスペンション:前:ストラット 後:マルチリンク
ブレーキ形式:前:ベンチレーテッドディスク  後:ディスク
乗車定員:5名
車両価格:265万320円(消費税込み)
問い合わせ:お客様相談室 0120・112010


文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2018年6月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/テリー伊藤】心が満たされないときには(テリー伊藤の…
  2. 嵐(昭和31年)|妻に先立たれた男を笠智衆が好演した家庭劇の秀作…
  3. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「100万円で『ちょっと違う世界』を買…
  4. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「そうだ、いすゞという手があったじゃな…
  5. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグにな…
PAGE TOP