新着記事

最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】 日本リメイク版『24』ジャック・バウアー役を演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 日本リメイク版『24』ジャック・バウアーを演じてほしい俳優ランキング|3位 は 岡田准一 、2位は ディーン・フジオカ 、1位は? 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ホンダ シビック|登場から46年、10代目はスポーティな味付けの高性能セダン【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

初代の登場は46年前。一世を風靡した車種が次々と消えていく日本車の中で長寿の小型車だ。7年ぶりに日本市場に投入された10代目は、使い勝手のよさと運転の楽しさを併せ持つと早くも評判である。

先代より車体が大きくなった新型シビック。屋根から車体後部にかけて流れるようなラインによってスポーティな印象を与える。

ホンダの名車というと、団塊世代は小型スポーツカーのSシリーズ、軽自動車のN360やZなどを思い出すのではないだろうか。そのホンダが、軽自動車で得た技術を注ぎこんで開発した本格的な量産小型乗用車がシビックだ。

1972年7月に発売された初代シビックは一見、ハッチバック車に見えたが、じつは独立する荷室を備えた2ドアセダンである。シビックはその後、4~5年ごとに改良型が登場し、8代目が2010年まで国内で販売された。9代目はフィットが発売されたことで日本での販売は見送られ、昨年秋、7年ぶりに10代目シビックが日本市場に復活した。

10代目は4ドアセダン、3ドアおよび5ドアハッチバックの3車種を揃えている。いずれも車体は骨格から新しい思想で開発された最新型。しかもセダンとハッチバックでは、エンジンの性格を変えるなど、ホンダらしいきめ細やかな車づくりがなされている。

今回は、3車種の中でもシビックの原点ともいえる、上質な走行性能と実用性の高さを特徴とする4ドアセダンをご紹介しよう。

車体後部の荷室部分にセダン特有の張り出しがない。後ろ窓と荷室の扉が一体化しているように見えるため、まるでクーペのようだ。前後のドアに施された低い斜めのラインが躍動感を強調している。

使い勝手のよさを重視

4ドアセダンのエンジンは4気筒1・5ℓガソリンでターボ付き。スポーティな3ドア車よりも最高出力を抑え、使用ガソリンもレギュラーガソリンにするなど、日常の足として使い勝手のよさを重視した仕上がりだ。

運転席と助手席を明確に分けたデザインを採用。内装のデザインは洗練されており、上級セダンの雰囲気を醸し出している。

前席の座面はクッションが厚く、背もたれは左右の縁が体をしっかり支えてくれる。座り心地がよく、長時間のドライブでも疲れが少ない。

セダンであってもステンレス製のスポーツペダルを標準装備。ハッチバック車はクラッチペダル付きの6速手動変速モデルも用意する。

後席の着座位置はやや高めで、前方の視界はよい。足元の空間はしっかり確保されており、天井も身長170cmの人なら圧迫感は感じない。

全幅1.8mなので、室内空間は左右幅に余裕があり、座席や荷室も広い。安全装備も最新の技術を導入している。ホンダセンシングと名付けられた安全装備は、レーダーとカメラによる先進装置だ。

上級スポーツセダン並みの加速力。高速走行では高い燃費性能を発揮

車体後部のデザインもセダンというよりスポーツクーペを思わせる。固定された後ろ窓の下部分が荷室の扉として大きく開閉する。

7年ぶりに日本市場に投入されたシビックセダンに試乗した。同クラスのトヨタ・プリウスと比べると、全長はほぼ同じ。全幅はプリウスより約4cm広く、全高はシビックのほうが5.5cm低い。重量は、1.5lガソリン・ターボのシビックセダンは、ハイブリッドのプリウスより230kg軽い。

その1.5lエンジンだが、低回転域からアクセルペダルに対しての反応が早く、無段変速機との相性もよい。停止状態から時速100kmに達するまでの時間は約7秒。これは排気量2.5l級のスポーツセダンに匹敵する速さだ。エンジン技術の進化に驚かされる。

街中での燃費は1lあたり11km程度だったが、高速道路での巡航では17km/l以上を記録。これはカタログ値にかなり近い。

4気筒1.5lのターボ付きガソリンエンジン。車体前部に横置きされている。現時点で、セダンに用意されるのはこのエンジンのみ。

新開発された車体骨格はしっかりしたつくりで、乗り心地や操縦安定性も良好である。“走り”を追求した車ではないが、カーブでの車体の傾きをしっかり抑える点などに、F1などで培ってきたホンダのスポーツカー精神の片鱗を感じさせる。

新型シビックセダンは、長距離ドライブでその進化と真価を実感できる車である。

荷室は奥行き、左右幅ともに1m以上あり大容量だ。6対4で可倒する後席の背もたれを前に倒せば、荷室はさらに広くなる

【ホンダ/シビック セダン】
全長× 全幅× 全高:4650×1800×1415mm
ホイールベース:2700mm
車両重量:1300kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ/1496cc
最高出力:173PS/5500rpm
最大トルク:22.4kg-m/1700~5500rpm
駆動方式:前輪駆動
燃料消費率:19.4km/l(JC08モード)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 47l
ミッション:自動無段変速機(CVT)/span>
サスペンション:前:ストラット 後:マルチリンク
ブレーキ形式:前:ベンチレーテッドディスク  後:ディスク
乗車定員:5名
車両価格:265万320円(消費税込み)
問い合わせ:お客様相談室 0120・112010


文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2018年6月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石…
  2. レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革…
  3. 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウ…
  4. 今年(2019年)で18回目の開催となる『ラリー北海道』。同大会で、彰さんは様々なプライベートチームのナビゲーターを務めてきました。 2002年にギャランVR-4は生産を終了します。しかし280馬力とフルタイム4輪駆動が生み出す走行性能は、最新のスポーツカーにひけを取りません。 【私のクルマ遍歴】最新のクルマは馴染めない。2002年に生産を終…
  5. ジャンパーからも見てとれるよう、三菱と縁の深い彰さん。現在の愛車との出会いは【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】ラリー人生の出発点は雑誌の読者参加企画にマツダ…
PAGE TOP