新着記事

【夕刊サライ/川合俊一】株式投資で失敗しないために、取引内容と購入理由を記録する(川合俊一の暮らし・家計コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

アルファ ロメオ ジュリア|名門の誇りを継承する高性能スポーツセダン【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

かつてレース界を席巻していたイタリアの名門アルファロメオが、長年の経験と先進技術を駆使して高性能スポーツセダンを開発した。同社史上、最良の仕上がりと評判の高い新型セダンの実力を探る。

楯をイメージした中央のグリルは、1940年代から採用する象徴的存在。ナンバープレートが中央にないのも同車の特徴のひとつ。

イタリアのアルファロメオ社は、2010年に創業100周年を迎えた名門自動車メーカーである。しかも、その長い歴史の大半をスポーツカーづくりに費やしてきた。1950年以降は、長年培ってきた知識と経験を基に、4ドアセダンの開発を手がけるようになった。

アルファロメオという社名は、ミラノで自動車製造を営んでいたロンバルダ社の頭文字A・L・F・Aと、’30年代に経営に加わったニコラ・ロメオの名を合わせたもの。十字架と蛇をあしらった同社の紋章は、ミラノの市章とミラノを支配していたスフォルツァ家の紋章を組み合わせている。

同社は’50年代にジュリエッタという小型車を発売し、好評を博した。車名の由来はシェークスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』。その後継車として’62年に誕生したのが、初代ジュリアである。

前窓から後部にかけてクーペのようなラインで躍動感を感じる。
全長はトヨタのマークXや日産スカイラインよりも少し短いが、全
幅はクラウンやフーガよりもやや広い。車体色は12色を用意する。

40年ぶりに復活した車名

同社は常に情熱とスポーツ心を感じさせる車づくりを実践してきたが、10年ほど前から販売不振が続き、経営が低迷していた。そこで親会社のフィアット・クライスラーがアルファロメオ再興に乗り出した。

名門ブランドの車を主力商品にすべく、かつての人気車種ジュリエッタを2010年に復活。そして2017年、新生アルファロメオを象徴する新型スポーツセダンに、’77年以降途絶えていたジュリアの車名を与えたのである。

シフトレバー左下のダイヤルで、エンジンや足回りの設定をダイナミック、ナチュラル(ノーマル)、アドバンス(エコ)に切り替えられる。

新型ジュリアの開発に際し、まずは車体の骨格から見直した。アルミやカーボンなど軽量素材を多用し、ブレーキや足回りも軽量化。床下面の空気抵抗を減らす新設計を採用し、安全面でも先進の技術を実用化させている。

前席は座面と背もたれ左右の縁へりが高く盛り上がっているので、体全体をしっかりと支えてくれる。革製シートは全車種に標準装備される。

後席の着座位置はやや高め。背もたれの傾斜はゆるやかで、後ろ窓の位置もかなり後方にあるため、頭上の空間に圧迫感はなく快適だ。

ジュリアは現時点で、フェラーリやランボルギーニ、マセラティなど名だたるイタリア車の中で、安全性能や車体構造の新しさにおいて最先端をいく車といっていい。

エンジンは4気筒とV6の2種類ある(写真は280馬力を発生する直列4気筒2L直噴ターボ)。エンジン音はじつに軽快だ。

4気筒Lのガソリンエンジンは200馬力と280力があり、V6の2.9Lは510力。いずれも8速自動変速機を組み合わせている。200馬力のエンジン搭載車は後輪駆動。馬力は限られているが、軽量化された車体と8速自動変速機で、運転者が思い描く通りの走りを楽しめる。

一方、280馬力の車種は4輪駆動だ。アクセルペダルを軽く踏むだけで、スポーツカーで名を馳せた名門ならではの力強い走りが楽しめる。現時点では左ハンドル仕様のみの設定だが、これこそ最もアルファロメオらしい4ドアセダンといえる。

左ハンドル仕様は4輪駆動車だけ。大径の速度計とエンジン回転計はアルファロメオ車の特徴。中央の液晶画面には音声認識機能が付く。

510馬力の車は、かつてサーキットレースを席巻していた時代の熱き血がたぎるアルファロメオを彷彿させる高性能車。あり余る馬力を制御しながら乗りこなす運転技術が求められる車種である。

荷室は左右幅680~1130mm、奥行き940mm、深さ940mm(いずれも実測値)。後席の背もたれは4:2:4で前方への可倒式。

いずれの車種もアルファロメオ史上、最良の仕上がりといえる。これならドイツの同クラス車と対等に勝負できそうだ。

車体側面から後部の荷室にかけて、滑らかな曲線と面で構成されている。過剰な装飾はなく、最上級セダンらしい落ち着き感が漂う。

  • 【アルファロメオ/ジュリア ヴェローチェ】
    全長× 全幅× 全高:4655×1865×1435mm
    ホイールベース:2820mm
    車両重量:1670kg
    エンジン:直列4気筒DOHCターボ/1995㏄
    最高出力:280PS/5250rpm
    最大トルク:40.8㎏ -m/2250rpm
    駆動方式:4輪駆動
    燃料消費率:12.0km/l(JC08モード)
    使用燃料:無鉛プレミアムガソリン 58L
    ミッション:8速自動変速機
    サスペンション:前:ダブルウィッシュボーン 後:マルチリンク
    ブレーキ形式:前・後:ベンチレーテッドディスク
    乗車定員:5名
    車両価格:597万円(税込み)
    問い合わせ:アルファコンタクト 電話:0120・779・159

 

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2018年1月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“ク…
  2. 新型ジムニー|初代「LJ10」2代目「SJ30」3代目「JB23…
  3. 【夕刊サライ/横山剣】「フォード ムスタング」“オトナになっても…
  4. 先代モデルと比べてわかった!新型「ジムニー」が話題の理由
  5. トム・クルーズが「ミッション:インポッシブル」最新作で使用するB…
PAGE TOP