新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

逸品

ノーベル賞晩餐会のカトラリーは日本製!新潟・燕「山崎金属工業」の洋食器【特集メイド・イン・ニッポン】

ノーベル賞の晩餐会で使用されるカトラリーの一部。開発に約4年の歳月を費やした。魚を象った装飾が施された、魚料理用のナイフとフォークが可愛らしい。現在は販売終了。

ノーベル賞の晩餐会で使用されるカトラリーの一部。開発に約4年の歳月を費やした。魚を象った装飾が施された、魚料理用のナイフとフォークが可愛らしい。現在は販売終了。

今年もまたノーベル賞の発表が近づいてきました。ノーベル賞の発表は毎年10月上旬に行なわれますが、昨年は大村智氏、梶田隆章氏の2人の日本人科学者が受賞しました。今年も日本人の受賞に期待がかかっています。

さて、ノーベル賞はスウェーデン(平和賞のみノルウェー)で授賞式が挙行されますが、じつはその授賞式後の晩餐会で用いられるカトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)は、1991年から現在に至るまで、日本の新潟県燕市に本社を置く山崎金属工業の製品が採用されているのです。

DSC_2374

山崎金属工業のショールームには、ノーベル賞授賞式の晩餐会をイメージしたスペースがある。1991年から25年間に渡って、日本製のカトラリーを世界的な科学者たちが使用してきた。(撮影/宮地工)

なぜ、ノーベル賞の晩餐会で、日本製のカトラリーが採用されることになったのでしょうか?

もともと山崎金属工業は戦前からスウェーデンと取引を行なっており、燕市のなかでも、スウェーデン向けのカトラリーの生産では60%以上のシェアを誇っていたそうです。

それは1985年のこと。6年後の1991年に訪れる「ノーベル財団設立90周年」という節目に、晩餐会の会場を、それまでのホテルからストックホルムのシティホールに変更し、あわせて晩餐会にふさわしい「オリジナルテーブル」を作ることが決まりました。

デザインから製造まで、すべてをスウェーデンの企業が行なう計画でしたが、ステンレス製の高級なカトラリーを製造できる企業がスウェーデン国内になかったのです。

そこで、スウェーデンを代表するクリスタルグラスのデザイナーであり、山崎金属工業と深い縁があったグンナー・セリーン氏の推薦で、カトラリーは山崎金属工業の製品を採用することに決定したそうです。

DSC_2534

スプーンの先をプレスで成型する工程。金型は塵がつかないように一回ごとに磨きながら、丁寧に加工していく。(撮影/宮地工)

もちろん縁だけで決まったわけではありません。当時から、山崎金属工業の加工技術は世界に知れ渡っていたのです。

ステンレスはシルバーと違って非常に堅く、機械加工が難しい材料です。来日したグンナー・セリーン氏は工場の職人たちと綿密な打合せを行ない、実現できた製品なのだそうです。後にセリーン氏は、一切のミスを出さず、要求に完璧に応えた職人技術の高さを絶賛しています。

DSC_2453

ナイフの刃の部分を研磨し、表面を仕上げていく。職人の長年の経験が頼りとなる。(撮影/宮地工)

また、高度な職人技術だけでは、優れたカトラリーは生まれません。山崎金属工業では、完成した製品の検品にも長い時間を要します。

DSC_2581

赤鉛筆でスプーンの加工が不十分な箇所に印をつけている様子。品質を守る要であるため、1個1個丁寧に時間をかけて検品する。(撮影/宮地工)

スプーンやフォークは舌に直接触れることが多いカトラリーです。舌は極めて敏感ですし、ちょっとした突起でも怪我をするかもしれません。

使う人に対する細やかな気配りを忘れない企業姿勢が、世界に評価されるメイド・イン・ニッポンのカトラリーを生み続けているのです。

DSC_2376

ショールームには山崎金属工業が製作したカトラリーがずらりと並ぶ。アメリカをはじめ、海外に輸出される商品も多く、地域ごとにデザインや大きさも異なる。(撮影/宮地工)

取材/文:山内貴範

※「メイド・イン・ニッポン」を特集した『サライ』9月号が発売中です。第2部「世界がうらやむ『ニッポンの銘品』11」の一つとして、山崎金属工業のカトラリーを紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. タカシマヤウォッチメゾンの担当者に聞いた!国産時計の意外な売れ筋…
  2. 名建築家の要求に応えた成形合板によるセクシーな曲線!天童木工の「…
  3. そして世界初のクオーツ腕時計は生まれた!伝統と革新を重ねるセイコ…
  4. 1964年の「東京オリンピック」は時計の歴史においても革命的なイ…
  5. 関の職人集団が生み出す世界レベルの美しい刃物!三星刃物の洋包丁【…
PAGE TOP