新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

築100年以上の古民家をカフェ兼住まいに大改装【余生を楽しむ住まい03】

もともと関西でマンション暮らしをしていたOさんご夫婦。住み慣れた環境はそれなりに快適だったが、年齢を重ねるにつれ、「自分たちらしく暮らしたい」「もっとゆっくりした時間を過ごしたい」という気持ちも大きくなってきたという。

そこで2014年に、奥様の実家のある石川県へ移住しようと決意。かくして家探しがスタートしたのだった。

それ以前から建築雑誌を愛読していたご夫婦は、山小屋のような家や、平屋の建物に興味を持っていた。そこで希望に見合う物件を、新築と中古リフォームから探すことにした。

すると、利便性もよい金沢の街なかに「改修するとおもしろそうだなぁ」と思える、ちょうどよい広さと価格の中古物件が見つかった。

工事前

工事前

工事前

とはいえ、改修を依頼すべき建築家の心当たりはなかった。いろいろ調べていく過程で、建築家とのマッチングサービスを提供しているアーキテクツ・スタジオ・ジャパン金沢スタジオにたどり着いた。会員登録し、検討中の土地(中古物件)があること、1年後には入居していたいことなどを伝えたOさんご夫婦は、「キッチンの使い勝手をよくしたいので、女性の建築家を探したい」「スタイリッシュ過ぎない、素朴な味わいのある建物が好き」といった細かなリクエストも加えた。

その結果、紹介されたのが建築家の稲澤理代さんだった。しかも、会員登録の4日後に顔合わせをするというスピード感である。稲沢設計室を訪れた時点で、ご夫婦はなにかを感じ取ったようだ。好みや価値観に共通点も多く、意気投合。迷うことなく、稲澤さんに設計監理を依頼したという。

「余談ですが、ともバドミントン競技者だというご夫婦にとっては、私がバドミントンをしていたことも大きな理由となったようです。たしかに趣味や嗜好の共通点は、絆を強くするものですよね」(稲澤さん)

「築100年以上のぼろぼろの民家がどう変わるのか? 改修後を想像できなかったので、好みが似ている稲澤さんに設計はほぼお任せでした」と、ご夫婦は当時を振り返る。とはいえ新居と仮住まいが近かったこともあり、Oさんご夫婦は工事中もほぼ毎日現場に足を運んだ。

「希望を伝えることも含め、家ができてこないとわからないこともあるので、現場に足を運ぶのは大事だと思いました」とご主人。奥様も、「施工会社に任せすぎないで、疑問に思ったことは聞いたり現場に行ったりした方がいいと思いました。どういったところで職人さんが工夫してくれているのかがわかり、より一層、家に愛着が湧きました」とおっしゃる。

そんなOさんご夫婦は、工事費を抑えるために、内部の床や壁、建具の塗装、壁の漆喰塗りを、稲澤さんの力を借りながら自分たちで行なった。大変だったとはいえ、空間づくりに携われたことはいい経験になったようだ。「これからも、いろいろDIYしながら家づくりをしていきたいと思います」と奥様。

“純和風”はあまり好きではなかったため、どうなるか心配もしていた。しかし、できあがった家は、和風のよさを残しつつ、洋風の雰囲気も持つ、独特の雰囲気。とても気に入っているそうだ。

「覚悟はしていましたが、築100年以上の民家なのでやっぱり寒い(笑)。でも、寝室とトイレ・洗面室・脱衣所は、断熱処理をしていただいたので快適です」

「マンションと違って、メンテナンスの面で一軒家の大変さを感じていますが、工夫のしがいがあります」

そんな、さまざまなことを感じつつここでの生活を始めたおふたりのお気に入りの場所は、書斎・洗面室・縁側だという。

「心落ち着く、和の“低さ”がとても気に入っています」「雨風の音などはあまり気にならず、静かに過ごせています」とご主人が話せば、「コンパクトに動線が整理されているので、動きやすく実用的」と奥様もうれしそうに語る。

看板猫の小太郎くんも満足な様子。

2015年12月以来、住宅の一部を使ってカフェを経営している。路地裏にある隠れ家のような雰囲気、ご主人の選ぶ音楽、おいしい食事やコーヒーで安らげる空間。古い民家を改築した「街中の空と風」は、ご夫婦の住まいとしてだけでなく、近隣の方(と猫たち)の憩いの場としてもこの地に根づく。

建築家:稲澤理代
http://www.asj-net.com/architects/data.php?archiID=17029&archiIDsub=1

施工:ASJ金沢スタジオ
http://event.asj-net.com/public/studio/data/28

【この建築事例に関するお問い合わせ】
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(http://www.asj-net.com
電話:03-6848-9500

文/印南敦史
取材協力/アーキテクツ・スタジオ・ジャパン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 背筋を伸ばして颯爽と暮らすためにホテルライクな家にする【人生後半…
  2. 趣味を楽しめ、いつでも人を呼べる家にする【人生後半を楽しむリフォ…
  3. アンティークと暮らす家の白いアイランドキッチン【余生を楽しむ住ま…
  4. 長雨の夏も終わり、実りの秋へ【少しずつ始める田舎暮らし 最終回】…
  5. 絵に隠された驚きの仕掛け!猫とアートが息づく住まい【建築家が語る…
PAGE TOP