新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

アンティークと暮らす家の白いアイランドキッチン【余生を楽しむ住まい04】

千葉県松戸市のHさんは、築20年が経過した家のあちこちに傷みが出てきていることを気にかけていた。新築当時はハウスメーカーに依頼して要望通りに建てた家だったが、時間の経過とともに、いろいろな点で物足りなさを感じるようになってもいた。

リフォーム前

さらに、子どもたちが巣立って夫婦2人の生活になり、生活スタイルも大きく変わった。好きなものに囲まれた、夫婦だけの空間に住み替えようと思い立ったことには、そんな理由がある。

いろいろ考えていくうち、リフォームするなら住んでいて楽しい家にしたいという思いも強くなっていった。具体的には、趣味のアンティークの魅力を自然に活かしたかったのである。

早速リフォームについて検索してみると、建築家とのマッチングサービスを提供しているアーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)のことが気になった。そこで、2015年6月にASJ世田谷スタジオ主催の「建築家展」に足を運んでみることに。現地で2人の建築家を紹介されたことが、Hさんにとって大きな出来事となった。

ASJに紹介してもらったのは、スタジオ・スペース・クラフト名義で、夫婦で設計活動に携わっている福島慶太さんと遠山麻子さんだ。Hさんは当初、建築家に依頼するのはハードルが高い気がしていたというが、ともあれリフォームの要望などを相談してみた。

過去の事例を紹介してもらいながら説明を受けるうちに、従来の建築家のイメージがどんどん変わっていくのが自分でもわかった。そして、リフォームへの夢が膨らんでいった。そのため悩んだ末に、2組の建築家にコンペ形式で提案してもらい、その結果として福島・遠山さんを選んだ。

お二人を選んだことには、明確な理由がある。まずは、Hさんの要望だった趣味の骨董やアンティークをふんだんに取り入れた提案書だったこと。そして、完成イメージのイラストが素敵で、完成後を想像しやすかったこと。現在は、「思い通りの家ができたこと」に大いに満足している。

Hさんのアンティーク趣味を見事に活かした「新たな我が家」、そのポイントのひとつは、25mm角の正方形のモザイクタイル張りのアイランドキッチンである。熟練の職人が、小さなタイルを一枚一枚指でずらして位置を調整したものだ。

また、そんなアイランドキッチンと一体化した、欅の一枚板のダイニングテーブルも印象的。

「このテーブルは、とても使いやすいんですよ。また、福島・遠山先生に薦めていただいた無垢のフローリング(オーク材)の感触も、夫婦ともに気に入っています。いつしか、裸足で生活するようになっていたくらいです」(Hさん)

リビングの外側にある、テーブルが造りつけられたウッドデッキも、この家の魅力のひとつ。庭のコンクリート床部分から約51cm高くなっており、庭から昇り降りしやすいように3段の階段がつけられている。また周囲からの視線が気にならないよう木塀で囲まれているため、安心して過ごすことができる。

邸内を通り抜けてゆく心地よい風を楽しみながら、Hさんはこう語ってくださった。

「一番大切なことは、信頼できる建築家との出会いだと思います。ですから、時間をかけてでも積極的に探すことです。私たちの場合は過去の経験から学んだ“一生住むための家づくり”でしたので、妥協せず、こだわったものを作りたかったのです」

インターネットや建築雑誌など、さまざまな媒体から情報を収集することが大切だとおっしゃる。ご自身がそうしてリフォームを成功させたのだから、なるほど説得力のある言葉だ。

建築家:福島慶太 、遠山麻子
施工:ASJ世田谷スタジオ 

【この建築事例に関するお問い合わせ】
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(http://www.asj-net.com
電話:03-6848-9500

文/印南敦史
取材協力/アーキテクツ・スタジオ・ジャパン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 背筋を伸ばして颯爽と暮らすためにホテルライクな家にする【人生後半…
  2. 趣味を楽しめ、いつでも人を呼べる家にする【人生後半を楽しむリフォ…
  3. 長雨の夏も終わり、実りの秋へ【少しずつ始める田舎暮らし 最終回】…
  4. 築100年以上の古民家をカフェ兼住まいに大改装【余生を楽しむ住ま…
  5. 絵に隠された驚きの仕掛け!猫とアートが息づく住まい【建築家が語る…
PAGE TOP