新着記事

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

アンティークと暮らす家の白いアイランドキッチン【余生を楽しむ住まい04】

千葉県松戸市のHさんは、築20年が経過した家のあちこちに傷みが出てきていることを気にかけていた。新築当時はハウスメーカーに依頼して要望通りに建てた家だったが、時間の経過とともに、いろいろな点で物足りなさを感じるようになってもいた。

リフォーム前

さらに、子どもたちが巣立って夫婦2人の生活になり、生活スタイルも大きく変わった。好きなものに囲まれた、夫婦だけの空間に住み替えようと思い立ったことには、そんな理由がある。

いろいろ考えていくうち、リフォームするなら住んでいて楽しい家にしたいという思いも強くなっていった。具体的には、趣味のアンティークの魅力を自然に活かしたかったのである。

早速リフォームについて検索してみると、建築家とのマッチングサービスを提供しているアーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)のことが気になった。そこで、2015年6月にASJ世田谷スタジオ主催の「建築家展」に足を運んでみることに。現地で2人の建築家を紹介されたことが、Hさんにとって大きな出来事となった。

ASJに紹介してもらったのは、スタジオ・スペース・クラフト名義で、夫婦で設計活動に携わっている福島慶太さんと遠山麻子さんだ。Hさんは当初、建築家に依頼するのはハードルが高い気がしていたというが、ともあれリフォームの要望などを相談してみた。

過去の事例を紹介してもらいながら説明を受けるうちに、従来の建築家のイメージがどんどん変わっていくのが自分でもわかった。そして、リフォームへの夢が膨らんでいった。そのため悩んだ末に、2組の建築家にコンペ形式で提案してもらい、その結果として福島・遠山さんを選んだ。

お二人を選んだことには、明確な理由がある。まずは、Hさんの要望だった趣味の骨董やアンティークをふんだんに取り入れた提案書だったこと。そして、完成イメージのイラストが素敵で、完成後を想像しやすかったこと。現在は、「思い通りの家ができたこと」に大いに満足している。

Hさんのアンティーク趣味を見事に活かした「新たな我が家」、そのポイントのひとつは、25mm角の正方形のモザイクタイル張りのアイランドキッチンである。熟練の職人が、小さなタイルを一枚一枚指でずらして位置を調整したものだ。

また、そんなアイランドキッチンと一体化した、欅の一枚板のダイニングテーブルも印象的。

「このテーブルは、とても使いやすいんですよ。また、福島・遠山先生に薦めていただいた無垢のフローリング(オーク材)の感触も、夫婦ともに気に入っています。いつしか、裸足で生活するようになっていたくらいです」(Hさん)

リビングの外側にある、テーブルが造りつけられたウッドデッキも、この家の魅力のひとつ。庭のコンクリート床部分から約51cm高くなっており、庭から昇り降りしやすいように3段の階段がつけられている。また周囲からの視線が気にならないよう木塀で囲まれているため、安心して過ごすことができる。

邸内を通り抜けてゆく心地よい風を楽しみながら、Hさんはこう語ってくださった。

「一番大切なことは、信頼できる建築家との出会いだと思います。ですから、時間をかけてでも積極的に探すことです。私たちの場合は過去の経験から学んだ“一生住むための家づくり”でしたので、妥協せず、こだわったものを作りたかったのです」

インターネットや建築雑誌など、さまざまな媒体から情報を収集することが大切だとおっしゃる。ご自身がそうしてリフォームを成功させたのだから、なるほど説得力のある言葉だ。

建築家:福島慶太 、遠山麻子
施工:ASJ世田谷スタジオ 

【この建築事例に関するお問い合わせ】
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(http://www.asj-net.com
電話:03-6848-9500

文/印南敦史
取材協力/アーキテクツ・スタジオ・ジャパン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 背筋を伸ばして颯爽と暮らすためにホテルライクな家にする【人生後半…
  2. 趣味を楽しめ、いつでも人を呼べる家にする【人生後半を楽しむリフォ…
  3. 長雨の夏も終わり、実りの秋へ【少しずつ始める田舎暮らし 最終回】…
  4. 築100年以上の古民家をカフェ兼住まいに大改装【余生を楽しむ住ま…
  5. 絵に隠された驚きの仕掛け!猫とアートが息づく住まい【建築家が語る…
PAGE TOP