新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

首席指揮者に就任!若きマエストロ・バッティストーニが振る東京フィル10月定期演奏会

AndreaBattistoni_MG_0668_201605_(C)上野隆文

東京フィルハーモニー交響楽団首席指揮者に就任したアンドレア・バッティストーニ氏 (C)上野隆文

歴史ある東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者に、弱冠29歳のマエストロが就任した。アンドレア・バッティストーニ。イタリア・ヴェローナ生まれの若き俊才だ。

2006年、19歳で指揮活動をスタート。以後、ベルリン・ドイツ・オペラ、マリインスキー劇場、ドレスデン州立歌劇場、スウェーデン王立歌劇場、フェーチェ歌劇場など、ヨーロッパの名だたる歌劇場やオーケストラのコンサート出演し、2012年にはミラノ・スカラ座歌劇場史上最年少でデビューを果たした。いま国際的注目を集めている指揮者である。

東京フィルとは、20122月に東京二期会主催『ナブッコ』で初共演して以来、定期的共演を重ね、関係を深めてきた。繊細な音楽性、爆発的なエネルギーとドラマ性を内包しつつ深い知性を湛えた音楽づくりは、共演を重ねるほど聴衆を魅了し、ライヴ、録音とも、高い評価を得てきた。

若きイタリアの俊才と伝統の東京フィルが創る新たな音楽の世界に、ますます期待が高まる。

s_東京フィルハーモニー交響楽団(201509TOC定期:バッティストーニ(C)上野隆文)

バッティストーニ指揮の東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文

そんな東京フィルとバッティストーニの熱演が聴ける10月の定期公演会では、マスカーニによる知られざるジャポニズム・オペラの佳作、歌劇『イリス(あやめ)』(演奏会形式・字幕付き)が演奏される。舞台演出も、バッティストーニ自身によるものだ。

『イリス(あやめ)』は、19世紀末のヨーロッパで日本趣味が流行した時代に、『カヴァレリア・ルスティカーナ』で知られる作曲家マスカーニが北斎の浮世絵や三味線、吉原、富士山など、日本の素材にインスパイアされて作ったという異色のイタリア・オペラである。この作品について、バッティストーニは次のように語っている。

「イタリア・オペラで初めて“日本”を舞台にした作品が『イリス』です。この作品で重要なのは、想像の中の夢の国である日本を背景に醸し出される、異国趣味やオリエンタリズムです。同じ日本を舞台にしている『蝶々夫人』より、東洋のおとぎ話である『トゥーランドット』に近い作品といえます。音楽はワーグナーやフランス音楽の影響が見えるものの、ナポリ民謡のようなものが盛り込まれていたりと、そこに込められた精神はイタリアそのものです」

若きマエストロが、東京フィルのオーケストラとともにどんな音楽を生み出すのか、ぜひ聴いておきたいものだ。

【東京フィルハーモニー交響楽団 2016年10月定期演奏会】
■第886回オーチャード定期演奏会
マスカーニ/歌劇『イリス(あやめ)』(演奏会形式・字幕付)
日時:2016年10月16日(日) 15:00 開演(14:30 開場)
会場:Bunkamura オーチャードホール
http://www.tpo.or.jp/concert/20161016-01.php

■第887回サントリー定期シリーズ
マスカーニ/歌劇『イリス(あやめ)』(演奏会形式・字幕付)
日時:2016年10月20日(木) 19:00 開演(18:30 開場)
会場:サントリーホール ※チケット完売
http://www.tpo.or.jp/concert/20161020-01.php

■第105回東京オペラシティ定期シリーズ
ヴェルディ/歌劇『ルイザ・ミラー』序曲
ヴェルディ/歌劇『マクベス』より舞曲
ロッシーニ/歌劇『ウィリアム・テル』序曲
ベートーヴェン/交響曲第5番『運命』
日時:2016年10月19日(水) 19:00 開演(18:30 開場)
会場:東京オペラシティ コンサートホール
http://www.tpo.or.jp/concert/20161019-01.php

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
  2. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ
  3. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
  4. 【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が…
  5. 【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を…
PAGE TOP