新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ロシアの美貌の歌姫が「狂乱の場」を歌う!名作オペラ『ルチア』が新国立劇場で上演

lucia_main

喜劇、悲劇、英雄伝説、歴史物語など、時代を超えて人々を惹きつけてきたオペラの物語のスタイルは多彩。それぞれに、お腹を抱えて笑ったり、涙が止まらなかったりと、観るものの感情がぐっと高まるクライマックスも多彩だが、そのクライマックスが〝狂乱の場〟になるという愛の悲劇が、ドニゼッティの『ルチア』である。

このひと際“濃い”名作オペラが、東京・初台の新国立劇場で3月14日から26日にわたって上演される。

新国立劇場でのこの作品の上演は14年振り。しかも、今回はモナコ公国・モンテカルロ歌劇場との共同制作による新制作。さらに、この新国立劇場での上演が、モンテカルロ歌劇場での上演に先立つ初演になるということで、国内外のオペラ・ファンからも期待の目が集まっている。

オペラの世界では19世紀の初頭をよくベルカントの時代と呼ぶ。この時代の優れた作曲家といえば、ロッシーニ、ベリー二、そして、ドニゼッティ。彼らによって築かれたのが、メロディと歌手の声と歌唱力を優先するという、イタリアのオペラの伝統。今、わたしたちがイタリア・オペラといってイメージする、優美な旋律や美しい声、歌手の技巧が堪能できる歌唱芸術は、この時代に生まれたのだ。ちなみにベルカントには「美しい歌」という意味がある。

そんなベルカント・オペラの最高傑作といわれる『ルチア』の原作は、スコットランドの実話を元に書かれたウォルター・スコットの小説「ランアムーアの花嫁」。仇敵の家に生まれた若い男女の激しい純愛物語。注目のクライマックスの「狂乱の場」は、ヒロインのルチアが悲嘆のあまり狂気に陥る第2部の第2幕に訪れる。プリマドンナが10分以上にわたって超絶技巧と演技力を駆使して悲劇的な錯乱状態を表現する、まさに最大の見せ場なのだ。

今回そのルチアを演じるプリマドンナが、2007年のデビュー以来、世界の一流歌劇場で次々と主役デビューし、ベルカントの新女王と評されているロシアの歌姫ペレチャッコ。美声と高度の歌唱技術はもちろん、観客の目を釘付けにする美貌をも持つペレチャッコの「狂乱の場」は、音楽ファンの間では、すでに目撃するべき話題となっている。

ルチアを演じるのは、スター街道を駆け上がっているロシアの歌姫オルガ・ペレチャッコ。

ルチアを演じるのは、スター街道を駆け上がっているロシアの歌姫オルガ・ペレチャッコ。

演出はモンテカルト歌劇場総監督を務める、ジャン=ルイ・グリンダ。機知に富む演出で定評のあるグリンダが、ロマンティックで劇的な物語を、新国立劇場の舞台で、どのように描き出すか注目だ。

演出は新国立劇場初登場のジャン=ルイ・グリンダは、モナコ公国・モンテカルロ歌劇場総監督を務める。

演出は新国立劇場初登場のジャン=ルイ・グリンダは、モナコ公国・モンテカルロ歌劇場総監督を務める。

イタリア・オペラの醍醐味を、話題満載の新制作『ルチア』で体感するという幸運な機会を、逃したくはない。

【新国立劇場 2016/2017シーズンオペラ ガエターノ・ドニゼッティ『ルチア』】
公演日:2017年3月14日(火)〜26日(日)
会場:新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1
[全2部3幕/イタリア語上演 日本語字幕付]

■新国立劇場オペラサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

■問い合わせ:電話:03・5352・9999(ボックスオフィス)

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』…
  2. 御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブル…
  3. 巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映
  4. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  5. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』…
PAGE TOP