新着記事

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ロシアの美貌の歌姫が「狂乱の場」を歌う!名作オペラ『ルチア』が新国立劇場で上演

lucia_main

喜劇、悲劇、英雄伝説、歴史物語など、時代を超えて人々を惹きつけてきたオペラの物語のスタイルは多彩。それぞれに、お腹を抱えて笑ったり、涙が止まらなかったりと、観るものの感情がぐっと高まるクライマックスも多彩だが、そのクライマックスが〝狂乱の場〟になるという愛の悲劇が、ドニゼッティの『ルチア』である。

このひと際“濃い”名作オペラが、東京・初台の新国立劇場で3月14日から26日にわたって上演される。

新国立劇場でのこの作品の上演は14年振り。しかも、今回はモナコ公国・モンテカルロ歌劇場との共同制作による新制作。さらに、この新国立劇場での上演が、モンテカルロ歌劇場での上演に先立つ初演になるということで、国内外のオペラ・ファンからも期待の目が集まっている。

オペラの世界では19世紀の初頭をよくベルカントの時代と呼ぶ。この時代の優れた作曲家といえば、ロッシーニ、ベリー二、そして、ドニゼッティ。彼らによって築かれたのが、メロディと歌手の声と歌唱力を優先するという、イタリアのオペラの伝統。今、わたしたちがイタリア・オペラといってイメージする、優美な旋律や美しい声、歌手の技巧が堪能できる歌唱芸術は、この時代に生まれたのだ。ちなみにベルカントには「美しい歌」という意味がある。

そんなベルカント・オペラの最高傑作といわれる『ルチア』の原作は、スコットランドの実話を元に書かれたウォルター・スコットの小説「ランアムーアの花嫁」。仇敵の家に生まれた若い男女の激しい純愛物語。注目のクライマックスの「狂乱の場」は、ヒロインのルチアが悲嘆のあまり狂気に陥る第2部の第2幕に訪れる。プリマドンナが10分以上にわたって超絶技巧と演技力を駆使して悲劇的な錯乱状態を表現する、まさに最大の見せ場なのだ。

今回そのルチアを演じるプリマドンナが、2007年のデビュー以来、世界の一流歌劇場で次々と主役デビューし、ベルカントの新女王と評されているロシアの歌姫ペレチャッコ。美声と高度の歌唱技術はもちろん、観客の目を釘付けにする美貌をも持つペレチャッコの「狂乱の場」は、音楽ファンの間では、すでに目撃するべき話題となっている。

ルチアを演じるのは、スター街道を駆け上がっているロシアの歌姫オルガ・ペレチャッコ。

ルチアを演じるのは、スター街道を駆け上がっているロシアの歌姫オルガ・ペレチャッコ。

演出はモンテカルト歌劇場総監督を務める、ジャン=ルイ・グリンダ。機知に富む演出で定評のあるグリンダが、ロマンティックで劇的な物語を、新国立劇場の舞台で、どのように描き出すか注目だ。

演出は新国立劇場初登場のジャン=ルイ・グリンダは、モナコ公国・モンテカルロ歌劇場総監督を務める。

演出は新国立劇場初登場のジャン=ルイ・グリンダは、モナコ公国・モンテカルロ歌劇場総監督を務める。

イタリア・オペラの醍醐味を、話題満載の新制作『ルチア』で体感するという幸運な機会を、逃したくはない。

【新国立劇場 2016/2017シーズンオペラ ガエターノ・ドニゼッティ『ルチア』】
公演日:2017年3月14日(火)〜26日(日)
会場:新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1
[全2部3幕/イタリア語上演 日本語字幕付]

■新国立劇場オペラサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

■問い合わせ:電話:03・5352・9999(ボックスオフィス)

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 新国立劇場「魔笛」より 『魔笛』『トゥーランドット』『エウゲニ・オネーギン』|無料ストリ…
  2. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/中止およびチケット払い…
  3. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/古典の名作『おせつ徳三…
  4. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  5. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
PAGE TOP