新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ロシアの美貌の歌姫が「狂乱の場」を歌う!名作オペラ『ルチア』が新国立劇場で上演

lucia_main

喜劇、悲劇、英雄伝説、歴史物語など、時代を超えて人々を惹きつけてきたオペラの物語のスタイルは多彩。それぞれに、お腹を抱えて笑ったり、涙が止まらなかったりと、観るものの感情がぐっと高まるクライマックスも多彩だが、そのクライマックスが〝狂乱の場〟になるという愛の悲劇が、ドニゼッティの『ルチア』である。

このひと際“濃い”名作オペラが、東京・初台の新国立劇場で3月14日から26日にわたって上演される。

新国立劇場でのこの作品の上演は14年振り。しかも、今回はモナコ公国・モンテカルロ歌劇場との共同制作による新制作。さらに、この新国立劇場での上演が、モンテカルロ歌劇場での上演に先立つ初演になるということで、国内外のオペラ・ファンからも期待の目が集まっている。

オペラの世界では19世紀の初頭をよくベルカントの時代と呼ぶ。この時代の優れた作曲家といえば、ロッシーニ、ベリー二、そして、ドニゼッティ。彼らによって築かれたのが、メロディと歌手の声と歌唱力を優先するという、イタリアのオペラの伝統。今、わたしたちがイタリア・オペラといってイメージする、優美な旋律や美しい声、歌手の技巧が堪能できる歌唱芸術は、この時代に生まれたのだ。ちなみにベルカントには「美しい歌」という意味がある。

そんなベルカント・オペラの最高傑作といわれる『ルチア』の原作は、スコットランドの実話を元に書かれたウォルター・スコットの小説「ランアムーアの花嫁」。仇敵の家に生まれた若い男女の激しい純愛物語。注目のクライマックスの「狂乱の場」は、ヒロインのルチアが悲嘆のあまり狂気に陥る第2部の第2幕に訪れる。プリマドンナが10分以上にわたって超絶技巧と演技力を駆使して悲劇的な錯乱状態を表現する、まさに最大の見せ場なのだ。

今回そのルチアを演じるプリマドンナが、2007年のデビュー以来、世界の一流歌劇場で次々と主役デビューし、ベルカントの新女王と評されているロシアの歌姫ペレチャッコ。美声と高度の歌唱技術はもちろん、観客の目を釘付けにする美貌をも持つペレチャッコの「狂乱の場」は、音楽ファンの間では、すでに目撃するべき話題となっている。

ルチアを演じるのは、スター街道を駆け上がっているロシアの歌姫オルガ・ペレチャッコ。

ルチアを演じるのは、スター街道を駆け上がっているロシアの歌姫オルガ・ペレチャッコ。

演出はモンテカルト歌劇場総監督を務める、ジャン=ルイ・グリンダ。機知に富む演出で定評のあるグリンダが、ロマンティックで劇的な物語を、新国立劇場の舞台で、どのように描き出すか注目だ。

演出は新国立劇場初登場のジャン=ルイ・グリンダは、モナコ公国・モンテカルロ歌劇場総監督を務める。

演出は新国立劇場初登場のジャン=ルイ・グリンダは、モナコ公国・モンテカルロ歌劇場総監督を務める。

イタリア・オペラの醍醐味を、話題満載の新制作『ルチア』で体感するという幸運な機会を、逃したくはない。

【新国立劇場 2016/2017シーズンオペラ ガエターノ・ドニゼッティ『ルチア』】
公演日:2017年3月14日(火)〜26日(日)
会場:新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1
[全2部3幕/イタリア語上演 日本語字幕付]

■新国立劇場オペラサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

■問い合わせ:電話:03・5352・9999(ボックスオフィス)

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  2. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
  3. 2017『椿姫』2017年公演より 撮影:寺司正彦 心惹かれる歌手と出会える! 多彩なオペラの世界が楽しめる10作品…
  4. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ
  5. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
PAGE TOP