新着記事

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ユーモアあふれる禅画!仙厓(せんがい)の三大コレクションが一挙集結「大仙厓展」

仙厓筆「指月布袋画賛」〔江戸時代 出光美術館蔵〕

仙厓筆「指月布袋画賛」〔江戸時代 出光美術館蔵〕

笑いとユーモアを通して禅の教えをひろめた江戸時代の禅僧、仙厓(せんがい、1750-1837)の大規模な展覧会が、東京の出光美術館で開催されています。(~11月13日まで)

仙厓が描いた作品や遺愛の品々は、住持を務めた聖福寺や、隠居所であった虚白院のある幻住庵(いずれも福岡・博多)に数多く伝わっていますが、それら以外では出光美術館のコレクション、仙厓ゆかりの地である福岡市美術館コレクション、そして九州大学文学部コレクション(中山森彦旧蔵)が、質量ともに優れている三大コレクションとして知られています。

出光美術館の開館50周年を記念した本展では、その出光コレクションの作品に、福岡市美術館と九州大学文学部のコレクション作品をあわせて展示し、仙厓の表現世界と禅の心を広く紹介しています。

仙厓筆「〇△□」〔江戸時代 出光美術館蔵〕

仙厓筆「〇△□」〔江戸時代 出光美術館蔵〕

本展の見どころを、出光美術館学芸課長代理の八波浩一さんにうかがいました。

「禅僧仙厓といえば、ユーモアあふれる画に、心に響くメッセージがちりばめられた作品で知られています。代表的な禅画はもちろん、さらに極めたい人には、仙厓最大の謎を秘めた作品、『〇△□』を解き明かすコーナーがおすすめです。

さらには、美術系ムック本などで注目を集めている“かわいい”禅画も大集結させ、盛り沢山の内容で構成しました。

東西の三大仙厓コレクションが30年ぶりに揃う、まさに“大”仙厓展です。皆さんそれぞれの“仙厓さん”に出会ってみてください」

仙厓筆「群蛙図」〔江戸時代 九州大学文学部コレクション(中山森彦旧蔵)〕10月1日~10月16日展示

仙厓筆「群蛙図」〔江戸時代 九州大学文学部コレクション(中山森彦旧蔵)〕10月1日~10月16日展示

東京では初公開となる珍しい着色画「章魚(たこ)図」も出品されます。会場でお楽しみください。

【開館50周年記念 大仙厓展 禅の心、ここに集う】
■会期/2016年10月1日(土)~11月13日(日)
■会場/出光美術館
■住所/東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9階
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■料金/一般1000円 高・大生700円 ※中学生以下無料(要保護者同伴)、20名以上の団体は各200円引、障がい者手帳所持者は200円引・その介護者1名は無料
■開館時間/10時から17時まで、金曜日は19時まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/月曜日(ただし10月10日は開館)
■アクセス/JR有楽町駅国際フォーラム口より徒歩約5分、東京メトロ有楽町線有楽町駅・都営三田線日比谷駅B3出口より徒歩約3分、東京メトロ日比谷線・千代田線日比谷駅より有楽町線方面地下連絡通路経由でB3出口より徒歩約3分

出光美術館50周年記念サイトはこちら

※10月22日~30日の期間、東京駅周辺の4館(出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館、東京ステーションギャラリー)で「EDO TOKYO NIPPONアートフェス2016」を開催。期間中は18時まで、27日(木)、28日(金)は19時まで延長開館。無料巡回バスも運行します。

取材・文/池田充枝
1989年「サライ」の創刊時より歴史資料の調査や展覧会情報を中心にフリーランスで「サライ」の取材・執筆に携る。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP