新着記事

「8割以上がかかる可能性がある」新国民病の「熟年期障害」とは|『熟年期障害』

60代の「やる気が起こらない」「体がだるい」は危険のサイン!?|「老人性うつ」「認知症」を引き起こす新国民病「熟年期障害」とは何か?

今後の焦点は、秀吉の「中国大返し」の真相(写真は有馬温泉の秀吉像)

大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート| 明智光秀と羽柴秀吉~本当の逆臣はどちらか?

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

東京駅の建築家・辰野金吾が仕掛けた「国会議事堂」設計をめぐる仁義なき戦い

東京駅

現在の東京駅丸の内駅舎。2012年に、辰野金吾が設計した当初の姿に復元された。国の重要文化財に指定されている。

明治時代を代表する建築家・辰野金吾(たつの・きんご)には、「建築家になったからには、生涯この3つを設計したい」という野心があった。1つ目は「日本銀行本店」、2つ目が「東京駅」(中央停車場)、そして3つ目が「国会議事堂」であった。

明治29年に辰野は「日本銀行本店」を完成させ、大正3年には「東京駅」を竣工へ導く。こうして、辰野の最大の関心は「国会議事堂」の設計へと向けられるようになった。

ところが当時、国会議事堂の設計については、大蔵省の建築を多く手がけるなど国とのパイプも太かった妻木頼黄(つまき・よりなか)に決まりかけていた。

ここに辰野は待ったをかけた。「コンペ形式で案を募り、設計者を決めよう」と提案したのである。

一見公平に思える提案だが、審査委員長には辰野が就任し、しかも「審査委員長も応募できる」という内容だった。審査委員長が自作を選出するのは目に見えている。これにはさすがに批判が巻き起こり、辰野の親友であった建築家・曾禰達蔵(そね・たつぞう)も苦言を呈するほどであったという。

程なくして「審査委員長も応募できる」という要項は削除されたが、辰野はそれでも「国会議事堂」を設計する夢を諦めていなかった。

例えば、「大阪市中央公会堂」のコンペでは、のちに「明治生命館」を設計する岡田信一郎が選ばれたが、審査委員長だった辰野は岡田の案に大きく手を入れ、自作に仕立ててしまっている。「国会議事堂」でも最終手段として、こうした“禁じ手”を使おうと目論んでいたのかもしれない。

しかし、「国会議事堂」のコンペは波乱ずくめだった。妻木が病に倒れて亡くなり、辰野までもがスペイン風邪でこの世を去ってしまったのだ。明治建築界の大御所を立て続けに失ったコンペは遅れに遅れ、議事堂は昭和11年にようやく完成を見た。結局そのデザインは、設計者があいまいな、いわば“詠み人知らず”のデザインになってしまったのである。

ところで、辰野は性格こそ強引なところはあったが、人々に親しまれる建築をデザインする手腕は極めて高かった。「東京駅」をはじめ、手掛けた建築は各地のランドマークとなり、愛されている。

現在の「国会議事堂」は、なるほど、名建築には違いないが、あのピラミッド状のシルエットを愛する人が多いかというと疑問が残る。もし辰野が「国会議事堂」を設計していたらどうだったか。日本の政治の舞台に対する印象も、ずいぶん違うものになっていたに違いない。

文・写真/山内貴範

サライ2016年7月号の大特集は、「和魂洋才の『東京』」です。日本橋を歩き、近代建築を訪ね、洋食に舌鼓を打ちます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大…
  2. 東北の古都、弘前市に今も残るロマンあふれる洋館8棟
  3. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住…
  4. 佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街…
  5. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大…
PAGE TOP