新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だからわかる親の強さ~その1~

取材・文/ふじのあやこ

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「私の責任感の強さは母親ゆずり。もしかしたら負けん気の強さも母親に似たのかもしれません(苦笑)」と語るのは、真弓さん(仮名・35歳)。彼女は現在、静岡県で3人の子供を育てながら、専門職の仕事を続ける兼業主婦です。華奢で小柄な容姿は実年齢よりも若く見え、とても3人のお子さんがいるようには見えません。笑顔が多く、物腰の柔らかいところから、人当たりの良さを感じさせました。

父より8つも下の母親が一家の主。父は優しく母を見守っていた

真弓さんは東京の23区内の出身で、両親と3つ下に妹のいる4人家族。両親は生まれも育ちも23区内で、親族もすべて東京に集中していると言います。

「父親と母親はお見合いで知り合って、父親のほうが8歳上なので同じ学校ということはないんですが、2人ともずっと都内しか知りません。親族も東京だけですね。私は今でこそ嫁いで静岡にいるんですが、何かないと東京を出る理由が全くなかったから、両親そんな感じだったんじゃないですかね。昔は田舎に帰る同級生が羨ましかった時期もありましたが、今は東京って本当に便利だったなぁ〜と思う毎日ですよ」

両親の印象を聞くと、全く正反対の特徴を真弓さんは話し始めました。

「私の家は父親が年上でも、典型的なかかあ天下の家で、とにかく母親が強かった。反対に父親は寡黙なおとなしい人で、優しかった記憶しかありません。母は私たちにはもちろん、父にも強くあたるタイプでしたが、どんなにひどいことを言われても父は母に言い返したりしませんでした。母は妹が小学校に上がった時に寿退社後に初めてパートで働き出すのですが、その前から大黒柱はずっと母みたいな感じでした。

もしかしたら、私たちが生まれる前の結婚した当初から拭いきれない上下関係があったのかもしれません。お見合いの時に父はまったく相手が決まらない状態で、一方の母は1度目で父と出会ったと聞いています。母は父からしたら結婚の救世主だったのかも(苦笑)」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  2. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  3. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  4. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  5. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
PAGE TOP