新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】ラリー人生の出発点は雑誌の読者参加企画にマツダの3代目『ファミリアプレスト』で参加したこと(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

ジャンパーからも見てとれるよう、三菱と縁の深い彰さん。現在の愛車との出会いは【後編】で語ります。

ジャンパーからも見てとれるよう、三菱と縁の深い彰さん。現在の愛車との出会いは【後編】で語ります。

今回、お話をうかがったのは、千葉県で商業施設の空間デザイン会社を営む遠藤彰さん(62歳)です。 31歳の時にクルマ仲間だった奥様と結婚。一昨年前に勤めていた会社を定年退職し、身につけたノウハウと人脈を活用して会社を立ち上げ、今日に至ります。

鉄道写真を撮ることに夢中だった少年時代

千葉県千葉市で産声をあげた彰さん。幼い頃は鉄道に興味を持ち、また写真が趣味のお兄さんの影響もあって、カメラを抱えて機関車や電車を追いかける少年時代を送っていました。

クルマに興味を持つようになったのは、大学に入学してからのこと。18歳で運転免許証を取得し、親御さんにマツダの3代目『ファミリアプレスト』を購入してもらいます。

「当時はまだクルマに興味がなかったので、とくに感想を持たなかったのですが、今になって思えば軽くて小回りのきくクルマでしたね。その後、大学の先輩に誘われてPD(プレイドライブ)ラリークイズに挑戦したのが、クルマに興味を持つきっかけになりました」

PDラリークイズとは当時、芸文社より発行されていたドライブ情報雑誌『プレイドライブ』に連載される読者参加型の企画です。実際のラリー競技で使用される“コマ地図”に則した地図が掲載され、指定された地点を辿った移動距離を求めて編集部に送るといった内容でした(現在、プレイドライブは合同会社サンクより発行されており、PDラリークイズの連載は終了しています)。

「ファミリアはバイアスタイヤだったので、指定された林道の走行は恐かったですね。車載の走行距離計で計った距離を編集部に送ったら、見事に正解だったようでゼロステッカーが送られてきました。以降、プレイドライブを購読し、近県でPDラリークイズが実施された際は積極的に参加しました」

雑誌の企画からクルマとラリーに興味を持った彰さん。ちょうどその頃、実家からほど近いところに競技用車両への改造も手がける自動車修理工場がオープン。さっそく赴きます。

「この店に訪れたのが運の尽きでした。店主に「ファミリアでもラリーに出られる」と聞き、すっかりその気になってしまいました」

ラリー競技に出場できるようファミリアに安全装備を施すと、大学や自動車修理工場で知り合った仲間と一緒に、大学ラリーなどのアマチュアラリー競技に出場します。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。 【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。…
  2. 茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー…
  3. 愛犬と快適ドライブ術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 愛犬とドライブを楽しむ方法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやか…
  4. 免許の自主返納は困難だ なぜ免許の自主返納は困難なのか?【彩りカーライフ~自分の人生をか…
  5. 5ドアハッチバックの小型車、リーフe イープラス+。車体と屋根の色が塗り分けられているのは特別塗装色で6種類から選べる。 日産リーフ|国産EVの草分け的存在、発売から9年を経て進化【石川…
PAGE TOP