新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

家庭にお仕事に、順風満帆な人生を送っていた佐々木守(66歳)さん。しかし日を追って「自分のしたいことを仕事にしたい」との思いが強くなります。

【前編】はこちらに

ご自宅のガレージは、守さんの宝箱のよう。

ご自宅のガレージは、守さんの宝箱のよう。

50歳を迎えて、新たな船出を決意!

ジョージ・ルーカスが監督を手がけた『アメリカン・グラフティ(1973年)』。アメリカの若者を描いた青春映画で、配給会社には不評だったものの公開されるや大ヒットを記録。日本では1974年に公開されました。本作を観た守さんは、劇中に登場するシボレーの初代『ベルエア』に心を奪われます。

50歳となり、「これからは好きなことを仕事にする」と誓った守さんは、勤めていた建設会社を退職。新たな船出を前に自身を奮い立たせるため、かねてから欲しかったベルエアの購入に乗り出します。

「程なくして見つかり、「この機会を逃したら、もう入手できない」との思いから購入しました」

ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。

ベルエアがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。

海を渡り、守さんの元へと届けられたベルエアは、きちんと整備が施されており、オリジナルの状態を保っていました。憧れのベルエアを所有し、感慨にひたる守さんですが、すぐに“クラシックカーを購入すること”の現実が襲いかかります。

「見た目は綺麗でも、やはり50年も前のクルマですからね。ちょっと乗ると壊れ、修理する。またちょっと乗ると壊れ、修理する。納車から半年ほどは、その繰り返しでした。最初は電気系、次はブレーキ。エンジンこそ元気でしたが、キャブなどの補機類も軒並みダメになりました。このままではベルエアも可哀想だし、私も気持ちよく乗れない。大きな出費となりますが、完璧にレストアすることを決めました」

希少車を扱うショップに何度か足をび、互いに信頼関係を築いてから依頼します。そしてレストアが完了したのは、ショップへの入庫から2年を経た後のことでした。

オリジナルの塗装が施され、赤帽だったころの面影はどこにもない。

16年間も走り続るサンバー、未だに壊れる気配はなし!

さて、覚悟の上とはいえ、ベルエアの購入にレストアと大きな出費が続いたのですから、気合いを入れて稼がねばなりません。守さんはお父様と同じ道、運送業で食べていくことを選び、自身で運送会社を立ち上げます。

会社用に色々な車両を購入する一方で、自身用にスバルの『サンバー』を購入。趣味色の強い専用の塗装を施します。このサンバーは購入から16年が経過した現在も愛用しており、元気に走り回っています。

購入から16年が経過した現在も特装サンバーは現役で、守さんのアシ車として元気に走り回っています。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~…
  2. サライ.jp世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。 【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスー…
  3. 日本では特に有名なスーパーカーを愛車にする秋葉さん。その出会いと物語は、【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】バイクに夢中になるきっかけはスズキの『ハスラー…
  4. スズキ/ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ|20年ぶり全面改良された本格4WD【石川…
  5. サライ世代の車の選び方、考え方。自分のためにとことんわがままになろう! シニア世代の車の選び方は、自分のためにとことんわがままになろう!…
PAGE TOP