新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

家庭にお仕事に、順風満帆な人生を送っていた佐々木守(66歳)さん。しかし日を追って「自分のしたいことを仕事にしたい」との思いが強くなります。

【前編】はこちらに

ご自宅のガレージは、守さんの宝箱のよう。

ご自宅のガレージは、守さんの宝箱のよう。

50歳を迎えて、新たな船出を決意!

ジョージ・ルーカスが監督を手がけた『アメリカン・グラフティ(1973年)』。アメリカの若者を描いた青春映画で、配給会社には不評だったものの公開されるや大ヒットを記録。日本では1974年に公開されました。本作を観た守さんは、劇中に登場するシボレーの初代『ベルエア』に心を奪われます。

50歳となり、「これからは好きなことを仕事にする」と誓った守さんは、勤めていた建設会社を退職。新たな船出を前に自身を奮い立たせるため、かねてから欲しかったベルエアの購入に乗り出します。

「程なくして見つかり、「この機会を逃したら、もう入手できない」との思いから購入しました」

ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。

ベルエアがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。

海を渡り、守さんの元へと届けられたベルエアは、きちんと整備が施されており、オリジナルの状態を保っていました。憧れのベルエアを所有し、感慨にひたる守さんですが、すぐに“クラシックカーを購入すること”の現実が襲いかかります。

「見た目は綺麗でも、やはり50年も前のクルマですからね。ちょっと乗ると壊れ、修理する。またちょっと乗ると壊れ、修理する。納車から半年ほどは、その繰り返しでした。最初は電気系、次はブレーキ。エンジンこそ元気でしたが、キャブなどの補機類も軒並みダメになりました。このままではベルエアも可哀想だし、私も気持ちよく乗れない。大きな出費となりますが、完璧にレストアすることを決めました」

希少車を扱うショップに何度か足をび、互いに信頼関係を築いてから依頼します。そしてレストアが完了したのは、ショップへの入庫から2年を経た後のことでした。

オリジナルの塗装が施され、赤帽だったころの面影はどこにもない。

16年間も走り続るサンバー、未だに壊れる気配はなし!

さて、覚悟の上とはいえ、ベルエアの購入にレストアと大きな出費が続いたのですから、気合いを入れて稼がねばなりません。守さんはお父様と同じ道、運送業で食べていくことを選び、自身で運送会社を立ち上げます。

会社用に色々な車両を購入する一方で、自身用にスバルの『サンバー』を購入。趣味色の強い専用の塗装を施します。このサンバーは購入から16年が経過した現在も愛用しており、元気に走り回っています。

購入から16年が経過した現在も特装サンバーは現役で、守さんのアシ車として元気に走り回っています。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. アクセサリーソケットを活用 車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用…
  2. 縦3灯のヘッドライトはLEDで上段2灯がロービーム。その下がハイビーム。メッキ部分も含めて個性的なデザインが特徴。 三菱/eKクロス|三菱・日産の共同開発で生まれた、日本が誇る大空…
  3. 守る、楽しむドライブレコーダー 「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法…
  4. 画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています 【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出…
  5. 程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう 【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチ…
PAGE TOP