新着記事

被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】 レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革新性【石川真禧照の名車を利く】 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干し貝柱でだしを取ろう 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウインカーの出し忘れ」|シニアの運転傾向と安全運転を続けるコツ 2019年版!好きな韓国人俳優ランキング|3位 はキム・ジェジュン 、2位は イ・ミンホ 、1位は? 2019年版!好きな韓国人俳優ランキング|3位 はキム・ジェジュン 、2位は イ・ミンホ 、1位は? 朝めし自慢 フラワーデザイナー・今野政代さんの朝めし自慢「普段は洋風、時間に追われない朝は和風です」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

家庭にお仕事に、順風満帆な人生を送っていた佐々木守(66歳)さん。しかし日を追って「自分のしたいことを仕事にしたい」との思いが強くなります。

【前編】はこちらに

ご自宅のガレージは、守さんの宝箱のよう。

ご自宅のガレージは、守さんの宝箱のよう。

50歳を迎えて、新たな船出を決意!

ジョージ・ルーカスが監督を手がけた『アメリカン・グラフティ(1973年)』。アメリカの若者を描いた青春映画で、配給会社には不評だったものの公開されるや大ヒットを記録。日本では1974年に公開されました。本作を観た守さんは、劇中に登場するシボレーの初代『ベルエア』に心を奪われます。

50歳となり、「これからは好きなことを仕事にする」と誓った守さんは、勤めていた建設会社を退職。新たな船出を前に自身を奮い立たせるため、かねてから欲しかったベルエアの購入に乗り出します。

「程なくして見つかり、「この機会を逃したら、もう入手できない」との思いから購入しました」

ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。

ベルエアがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。

海を渡り、守さんの元へと届けられたベルエアは、きちんと整備が施されており、オリジナルの状態を保っていました。憧れのベルエアを所有し、感慨にひたる守さんですが、すぐに“クラシックカーを購入すること”の現実が襲いかかります。

「見た目は綺麗でも、やはり50年も前のクルマですからね。ちょっと乗ると壊れ、修理する。またちょっと乗ると壊れ、修理する。納車から半年ほどは、その繰り返しでした。最初は電気系、次はブレーキ。エンジンこそ元気でしたが、キャブなどの補機類も軒並みダメになりました。このままではベルエアも可哀想だし、私も気持ちよく乗れない。大きな出費となりますが、完璧にレストアすることを決めました」

希少車を扱うショップに何度か足をび、互いに信頼関係を築いてから依頼します。そしてレストアが完了したのは、ショップへの入庫から2年を経た後のことでした。

オリジナルの塗装が施され、赤帽だったころの面影はどこにもない。

16年間も走り続るサンバー、未だに壊れる気配はなし!

さて、覚悟の上とはいえ、ベルエアの購入にレストアと大きな出費が続いたのですから、気合いを入れて稼がねばなりません。守さんはお父様と同じ道、運送業で食べていくことを選び、自身で運送会社を立ち上げます。

会社用に色々な車両を購入する一方で、自身用にスバルの『サンバー』を購入。趣味色の強い専用の塗装を施します。このサンバーは購入から16年が経過した現在も愛用しており、元気に走り回っています。

購入から16年が経過した現在も特装サンバーは現役で、守さんのアシ車として元気に走り回っています。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革…
  2. 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウ…
  3. 今年(2019年)で18回目の開催となる『ラリー北海道』。同大会で、彰さんは様々なプライベートチームのナビゲーターを務めてきました。 2002年にギャランVR-4は生産を終了します。しかし280馬力とフルタイム4輪駆動が生み出す走行性能は、最新のスポーツカーにひけを取りません。 【私のクルマ遍歴】最新のクルマは馴染めない。2002年に生産を終…
  4. ジャンパーからも見てとれるよう、三菱と縁の深い彰さん。現在の愛車との出会いは【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】ラリー人生の出発点は雑誌の読者参加企画にマツダ…
  5. 「首都高は怖い」からの卒業【彩りカーライフ~自分の人生をかろやか…
PAGE TOP