新着記事

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

ドクターエルCC|骨盤を立たせて疲労軽減。ほどよい硬さが心地よい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

家庭にお仕事に、順風満帆な人生を送っていた佐々木守(66歳)さん。しかし日を追って「自分のしたいことを仕事にしたい」との思いが強くなります。

【前編】はこちらに

ご自宅のガレージは、守さんの宝箱のよう。

ご自宅のガレージは、守さんの宝箱のよう。

50歳を迎えて、新たな船出を決意!

ジョージ・ルーカスが監督を手がけた『アメリカン・グラフティ(1973年)』。アメリカの若者を描いた青春映画で、配給会社には不評だったものの公開されるや大ヒットを記録。日本では1974年に公開されました。本作を観た守さんは、劇中に登場するシボレーの初代『ベルエア』に心を奪われます。

50歳となり、「これからは好きなことを仕事にする」と誓った守さんは、勤めていた建設会社を退職。新たな船出を前に自身を奮い立たせるため、かねてから欲しかったベルエアの購入に乗り出します。

「程なくして見つかり、「この機会を逃したら、もう入手できない」との思いから購入しました」

ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。

ベルエアがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。

海を渡り、守さんの元へと届けられたベルエアは、きちんと整備が施されており、オリジナルの状態を保っていました。憧れのベルエアを所有し、感慨にひたる守さんですが、すぐに“クラシックカーを購入すること”の現実が襲いかかります。

「見た目は綺麗でも、やはり50年も前のクルマですからね。ちょっと乗ると壊れ、修理する。またちょっと乗ると壊れ、修理する。納車から半年ほどは、その繰り返しでした。最初は電気系、次はブレーキ。エンジンこそ元気でしたが、キャブなどの補機類も軒並みダメになりました。このままではベルエアも可哀想だし、私も気持ちよく乗れない。大きな出費となりますが、完璧にレストアすることを決めました」

希少車を扱うショップに何度か足をび、互いに信頼関係を築いてから依頼します。そしてレストアが完了したのは、ショップへの入庫から2年を経た後のことでした。

オリジナルの塗装が施され、赤帽だったころの面影はどこにもない。

16年間も走り続るサンバー、未だに壊れる気配はなし!

さて、覚悟の上とはいえ、ベルエアの購入にレストアと大きな出費が続いたのですから、気合いを入れて稼がねばなりません。守さんはお父様と同じ道、運送業で食べていくことを選び、自身で運送会社を立ち上げます。

会社用に色々な車両を購入する一方で、自身用にスバルの『サンバー』を購入。趣味色の強い専用の塗装を施します。このサンバーは購入から16年が経過した現在も愛用しており、元気に走り回っています。

購入から16年が経過した現在も特装サンバーは現役で、守さんのアシ車として元気に走り回っています。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  3. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
PAGE TOP