サライ.jp

思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング
日本にとっては昭和55年から平成元年までの10年間にあたる、1980年代。

日本の自動車生産台数が遂に世界一となり、80年代後半はバブルによって日本経済の絶頂期を迎えた大変革期。80年代最後の1年は昭和から平成に改元し、消費税が導入された。

その頃、大人気だったTVドラマは何だっただろう?

株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!」(https://rankingoo.net/ )が40~60代の男女7,763名を対象に行った「面白かった80年代のTVドラマは?」というアンケート調査から ランキングを紹介しよう。

* * *

■面白かった80年代のTVドラマランキング

1位 必殺仕事人シリーズ

「表のとぼけた間抜け面と、裏の始末屋としての凄みの顔の対比は面白かった」
「悪を懲らしめる場面が、クールでスカッとするから好き」
「今でも再放送を見ると面白い。その時代の流行や事件をネタにしているものがある」
「京本さんが綺麗で当時びっくりした」

うだつのあがらない昼行燈の顔から、夜の裏稼業での颯爽とした仕事人のギャップがカッコよかった藤田まこと演じる中村主水。飾り職人の秀(三田村邦彦)や三味線屋の勇次(中条きよし)など二枚目俳優の仕事人に対しての女性ファンも多かった。2007年からは、東山紀之主演で制作されており、今年(2018年)もスペシャルが放送された。

2位 あぶない刑事シリーズ

「タカ&ユージ、そしてカオルちゃんのやり取りはいつみても面白い」
「舘ひろしがやたらと恰好良くて面白かった」
「舘ひろしと柴田恭兵の絡みが面白いのと、本当に危なくてハラハラしたので」

タカ&ユージ、2人のハンサムでダンディな魅力が炸裂する刑事シリーズ。劇場映画第7作『さらばあぶない刑事』が2016年に公開され、これをもってシリーズ完結となった。

3位 男女7人夏物語・男女7人秋物語

「当時さんまさんのファンでめちゃハマってみていた」
「7人の個性が色々であり、男女の恋に絡んで、ストーリーが面白かった」
「夏物語の方が好きです。さんまさんと鶴ちゃんが好き」

明石家さんま主演の男女7人の恋心が交錯する青春群像劇。明石家さんまと大竹しのぶはこのドラマで出会ったと言われている。「夏物語」は1986年7月~9月放送、翌年10月~12月に「秋物語」が放送された。

4位 西部警察

「派手な爆破、炎上、アクション、カースタントが懐かしい」
「石原裕次郎、渋くてカッコよかったです」
「小学生の頃からのファン、小樽にも行ってきた。テレビで放送してほしい」

今では考えられないアクションにカースタント。爆発・炎上のシーンは大迫力だった。

5位 ふぞろいの林檎たち

「当時の役者さんがみんな大物になっているから」
「中井貴一、柳沢慎吾!配役がいい」
「青春!ハマってた。とにかく懐かしい」

サザンオールスターズの主題歌「いとしのエリー」も懐かしい、「ふぞろいの林檎だち」が第5位。中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾、手塚理美と豪華なキャストに山田太一の脚本も素晴らしい。

【6位以下はこちら】

6位 3年B組金八先生シリーズ
7位 毎度おさわがせします
8位 池中玄太80キロ
9位 金曜日の妻たちへ
10位 熱中時代

* * *

いかがだっただろうか。息の長いシリーズものはやはり人気も長く続いているようだ。あなたの好きだったドラマは入っていましたか?

調査方法:40~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計(複数回答)。
有効回答者数:7,763名
調査日:2018年6月15日

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア