サライ.jp

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することでオーナーさんの歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

とある映画の影響を受け、念願叶って購入した愛車。その物語は【後編】で語ります。

とある映画の影響を受け、念願叶って購入した愛車。その物語は【後編】で語ります。

今回、お話を伺ったのは、東京都内で運送会社の代表を務める佐々木守さん(66歳)です。奥様とは26歳で結婚。勤めていた建設会社を50歳で退職し、運送会社を立ち上げます。現在、業務用の軽トラに趣味のクラシックカーと、ステアリングを握り続ける毎日を送っています。

子供の頃、よくしてくれた親友のお兄さんのおかげで車が大好きに

1964年、2ドアのスポーティーモデルとして登場した、いすゞの『ベレットGT』。丸みを帯びた流麗なスタイルとレースで上位を席巻した性能により、60年代を代表する人気車種となり、“ベレG”の愛称で親しまれました。

「私が中学生だった頃、親友のお兄さんがベレGに乗っていました。そのお兄さんにはよくしてもらい、何度も乗せてもらいました。その時、『いつか自分も格好いい自動車に乗り、格好よく乗り回すぞ』って、心に誓いました」

高校に進学後、16歳で軽自動車の免許(※1)を、18歳で普通自動車免許を取得。アルバイトで稼いだお金と不足分を親御さんに援助してもらい、日産の3代目『スカイライン』、通称“ハコスカ”を新車で購入します。

「レースで活躍する姿を見て、『絶対に自分はスカイラインを買うんだ』って決めていました。乗ってみると、やはりスピーディで、とてもワクワクするクルマでしたね。納車後、すぐに富士スピードウェイのライセンスを取得して、走行会に草レースにと、とにかく無我夢中で走り回りました。買ったのは2000GTでしたが、あとでGT-Rのエンジンに載せ替えました。この頃は本気でレースドライバーになることを夢見ていましたね」

プロのレースドライバーを目指し、時間の許す限りサーキットに通った守さん。守さんの大学生時代は常にスカイラインと共にありました。

幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けた。

幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けた。

しかし大学四年生となり、将来という現実を目の当たりにした守さんは、苦渋の決断を下します。

「残念ながら、卒業までにレースドライバーになる目星を付けることができませんでした。このまま活動を続けることもできますが、社会人になると時間がなくなる上、あまりにお金がかかります。また少し前にレース仲間を事故で失っていて……。ここが引き際とレースドライバーになることを断念しました」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア