新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

トヨタ カムリ|4ドアセダンの復権を目指す世界基準の名車、新型カムリ

文/石川真禧照(自動車生活探険家)

ビューティフル・モンスター(美しき怪物)をテーマに、6年ぶりに全面改装されたトヨタのカムリ。日本では人気低迷中の4ドアセダンだが、セダンの新たな魅力を提案する完成度の高い仕上がりだ。

精悍な顔つきになった新型カムリ。ヘッドライトは昼間でもLEDのデイライトが常時点灯し、歩行者などに存在を知らせる。

カムリの歴史は、「セリカ」という走行性能に優れたクーペの4ドアセダン版である「セリカ・カムリ」に始まる。発売されたのは1980年なので、40年近い歴史のある車名だ。1982年からは、前輪駆動の4ドアセダンの最上級車という地位を守り続けてきた。

そのカムリが、車体はもとより、骨格となる基本構造を一新し、10代目として日本での販売を開始した。“日本での”と断ったのは、カムリは国内よりも人気の高い北米など海外市場向けに仕様変更と先行販売されることが多いからだ。ちなみに北米では15年間も乗用車販売台数1位を獲得している。

先代より大型化した車体の全長はクラウンより10㎜短く、全高は5㎜低いが、全幅は40㎜も広い。車体色は写真のプレミアムホワイトパールマイカのほかに6色用意されている。

■優れた安全機能を標準装備

カムリというと、中型のセダンという印象を持っている人が多いかもしれない。しかし、最新型は全長、全幅とも同じトヨタの高級車として知られるクラウンとほぼ同じ。前輪駆動の最上級車にふさわしい車格が与えられた。車体デザインは、重厚感あふれるクラウンと違い、スポーティで軽快な印象に仕上げられている。

躍動感を強調した個性的なデザインが特徴の運転席回り。素材や色調は選択肢が多く、上級セダンならではの洗練された空間に仕上がっている。

座席の素材は本革と布(写真)が選べる。着座位置は素材によって違いがあり、本革仕様のほうがやや低め。本革シートにはヒーターが備わる。

新型カムリの魅力は、標準装備された高性能で多彩な安全機能にある。その充実ぶりは現在のトヨタ車の中で一番といってもよい。

単眼カメラとミリ波レーダーを併用したセンサーにより、車だけでなく歩行者も検知し、衝突回避や事故の被害軽減を支援する。車線逸脱防止機能はもちろん、対向車や前方歩行者を検知し、ヘッドライトの照射範囲の上下を自動で切り替える機能も備わる。

また、車間距離を一定に保ちながら走行する自動追従機能は、海外市場を狙ったセダンゆえ、時速180kmまで設定可能だ。

新型カムリのモデルは3機種のみの設定で、全車種が動力源にハイブリッド方式を採用している。

エンジンは2.5lのレギュラーガソリン仕様。これに120馬力を発生するモーターを組み合わせ
ている。

車体前部に横置きされる新開発の直列4気筒2.5lエンジン。小型で軽量、熱効率の高い設計で、優れた動力性能を発揮する。

同車に試乗して驚かされたのは、燃費のよさである。全長約4.9mm、重量約1.6tという大型の車体だが、実燃費は信号の多い都内の一般道でも20km/l近い。

前輪駆動の上級車にふさわしい静粛性が保たれていることも、特筆すべき点である。アクセルペダルを離し、ブレーキを踏んだ際に作動する回生機能のヒューンという音が、従来のトヨタのハイブリッド車よりも静かである。

また、加速中にエンジンが始動しても、エンジン音の室内への侵入はしっかり抑えられており、振動も少ない。EVモードのスイッチを押せば、2~3kmならモーターだけでの走行も可能だ。

シフトレバーの手前にはエコ走行、スポーツ走行、EV走行など走行モードの切り替えスイッチや、電動パーキングブレーキのボタンがある。

室内は大人4名がゆったり乗車できる広い居住空間を備え、荷室もゴルフバッグが4セット入る収納力を誇る。先進技術が投入された安全性能が充実し、燃費もいい。

後席の着座位置はやや低め。前席との間隔が確保されているので足元は広く、床中央の
出っ張りもほとんどないので、大人3人掛けでも快適だ。

電池を後席の下に収めたことで荷室は524
ℓと広い。後席の背もたれを前倒すれば荷室と一体となり長尺物も楽に収納できる。

カムリは完成度のじつに高い、お薦めの4ドアセダンである。

車体脇まで回り込んだ横長の尾灯が特徴。グレードにより16~18インチのタイヤを装着。17インチが高速走行を含めて最も快適。

【トヨタ/カムリ G】
全長× 全幅× 全高:4885×1840×1445mm
ホイールベース2825mm
車両重量1570kg
エンジン:モーター直列4気筒DOHC/2487cc:交流同期電動機
最高出力178PS/5700rpm:120PS
最大トルク22.5kg-m/3600~5200rpm:20.6kg-m
駆動方式前輪駆動
燃料消費率28.4km/l(JC08モード)
使用燃料:バッテリー無鉛レギュラーガソリン:リチウムイオン電池
ミッション形式電気式無段変速機
サスペンション前:ストラット 後:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ形式前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク
乗車定員5名
車両価格324万円~
問い合わせ:お客様相談センター 電話:0800・700・7700

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2017年12月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立…
  2. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「フォルクスワーゲンよ、いつまでも一緒…
  3. グッドイヤーの新タイヤ「コンフォート」で安全快適な運転を楽しむ【…
  4. 【夕刊サライ/テリー伊藤】「クルマとの相性って?」(テリー伊藤の…
  5. 高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ
PAGE TOP