新着記事

郷里に住む親の介護で自滅しないための「遠距離介護」という選択

大半の高齢の親は子との同居は望んでいない!? 遠距離介護で自滅しない選択

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

2020年 猫の寄生虫対策に関する最新調査

猫も「フィラリア症」に感染する! 完全室内飼育でも予防は必要⁉

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「そうだ、いすゞという手があったじゃないか!」(テリー伊藤のクルマコラム 第9回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、演出家のテリー伊藤さんが執筆します。

文/テリー伊藤(演出家)

こんにちは、テリー伊藤です!

今の時代、スーパーカーが必ずしも自分を満たしてくれるわけではないことは、これまでにお伝えしてきましたが、じゃあ、どんなクルマならワクワクできるのか?そんなことを考えて今週と来週の2回にわたり、今手に入れると楽しいニッポンの「ちょいフル中古車」について語ってみたいと思います。

いいものって普遍的なもの。だから時間が経っても感じるものがあるね。

■あの娘に会うために横田まで

アメリカに憧れた世代のひとりである僕は、たまに時間ができると、東京西部の横田基地のほうにドライブします。おいしいハンバーガーを食べるのが目的なんですけど、もうひとつ気になる場所があるんです。1970年代にタイムスリップした気分になるところ。それは古いアメ車屋じゃなくて、いすゞの旧車専門店なんです。

いすゞは随分前に乗用車の販売をやめてしまいましたが、個性的なクルマを作るメーカーとして有名でした。特に有名なのが、1960年代終わりから80年代にかけて販売されていた、117クーペ。初代フォルクスワーゲン・ゴルフを手掛けたことで有名な、ジョルジェット・ジウジアーロによる流麗なスタイリングに、若い頃の僕は憧れたものです。

その中古車が売ってるんですよ、しかもどれも程度がいい!出会わせてくれてありがとうという気持ちになります。最近聞いた話では、日産・スカイラインGT-Rなんか、海外で人気が高く、アメリカやヨーロッパから中古が買い付けられるようになって、1000万円近い値段をつけることもあるそうですが、117クーペはまだ大丈夫。初期型の希少なハンドメイドモデルでなければ、高くても300万円くらいですから。そのお店では117クーペの後継モデル、ピアッツァも売っててね。これなんか100万円台で買えちゃいます。

■知恵とセンスで勝負していたメーカー、いすゞ

実は、僕はまだいすゞ車を買ったことがないんだけど、すごく気になってましてね~。
ちょっとマニアックになりますが80年代の「イルムシャー」とか「ハンドリング・バイ・ロータス」って覚えてます? 「イルムシャー」はドイツのカスタムメーカーで、「ロータス」はご存じ、イギリスの老舗スポーツカーブランド。当時のいすゞは、ピアッツァや小型車のジェミニにこれらのパーツや技術を使ったグレードを作っていたんですね。もちろんノーマルとの違いは走りにしっかり現われていたけど、僕はそうしたヨーロッパ的ないすゞの世界観が今でも好きなんです。

思えば80年代のクルマって、どれもワクワクさせてくれましたよね。「ターボ」「ツインカム」といった言葉に心を躍らせて、仲間同士で「今度の〇〇は何馬力だぜ!」なんて話をしたり…。高性能ドイツ車に羨望のまなざしを送りながら、頑張れば手の届く日本車に、みんなが憧れていたんです。いすゞは大メーカーには開発資金で叶わない分、知恵とセンスで勝負していたんですね。

あと、いすゞのクルマって、当時のほかのメーカーと比べても、顔つきが優しい気がします。だからコワモテ顔が幅を利かせる今こそ、洒脱で大人の品格を主張できるいすゞ車は「買い」なんです! いや~、こんなことを書いていたら、またお店を覗きに行きたくなってしまいましたよ。お店のほうも僕の気持ちを心得ていて、ときどき「いい117が入りました!」なんてメールが来るの。もう、寿司屋のネタじゃないっての!

【今週のテリー・カー(1):いすゞ・117クーペ】

日本車の歴史上、傑作のひとつに数えられる名車。細身のピラーに広いガラスエリア、サイドのうねるようなフェンダーラインが特徴。気品あふれるスタイリングは、初期型のみ工程の大部分を手作業で行なっていたため、ハンドメイドモデルとも呼ばれる。そのため現在は高値で取り引きされているが、写真の後期型(ヘッドライトが丸目から角目に変更されている)なら手が届きやすい。

【今週のテリー・カー(2):いすゞ・ピアッツァ】

初代は1981年から93年まで作られていた。デザインはこちらもジウジアーロで、先鋭的な3ドアハッチバックのスタイリングのみならず、デジタルメーター(上級グレードのみ)や、メーターパネルの左右に設けられたサテライトスイッチなど、80年代のトレンドを牽引する先進的なインテリアが特徴だった。写真のモデルはスポーツグレードのイルムシャー。当時、GM傘下だったいすゞと、GM車の輸入代理店であるヤナセとの提携で、よりシックなカラーリングのピアッツァ・ネロも販売されていた。

文/テリー伊藤(てりー・いとう) 
昭和24年、東京生まれ。演出家。数々のテレビ番組やCMの演出を手掛ける。現在は多忙な仕事の合間に、慶應義塾大学 大学院で人間心理を学んでいる。

(今週のテリー・カー、キャプション:編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 先代を踏襲しながら、車輪周囲のふくらみなど、抑揚を増した外観デザイン。目を細めた猫のような極薄のヘッドライトが特徴的。 ランドローバー/レンジローバー イヴォーク|都市と田園を共に愛す…
  2. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  3. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  4. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  5. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
PAGE TOP