新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【夕刊サライ/テリー伊藤】「そうだ、いすゞという手があったじゃないか!」(テリー伊藤のクルマコラム 第9回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、演出家のテリー伊藤さんが執筆します。

文/テリー伊藤(演出家)

こんにちは、テリー伊藤です!

今の時代、スーパーカーが必ずしも自分を満たしてくれるわけではないことは、これまでにお伝えしてきましたが、じゃあ、どんなクルマならワクワクできるのか?そんなことを考えて今週と来週の2回にわたり、今手に入れると楽しいニッポンの「ちょいフル中古車」について語ってみたいと思います。

いいものって普遍的なもの。だから時間が経っても感じるものがあるね。

■あの娘に会うために横田まで

アメリカに憧れた世代のひとりである僕は、たまに時間ができると、東京西部の横田基地のほうにドライブします。おいしいハンバーガーを食べるのが目的なんですけど、もうひとつ気になる場所があるんです。1970年代にタイムスリップした気分になるところ。それは古いアメ車屋じゃなくて、いすゞの旧車専門店なんです。

いすゞは随分前に乗用車の販売をやめてしまいましたが、個性的なクルマを作るメーカーとして有名でした。特に有名なのが、1960年代終わりから80年代にかけて販売されていた、117クーペ。初代フォルクスワーゲン・ゴルフを手掛けたことで有名な、ジョルジェット・ジウジアーロによる流麗なスタイリングに、若い頃の僕は憧れたものです。

その中古車が売ってるんですよ、しかもどれも程度がいい!出会わせてくれてありがとうという気持ちになります。最近聞いた話では、日産・スカイラインGT-Rなんか、海外で人気が高く、アメリカやヨーロッパから中古が買い付けられるようになって、1000万円近い値段をつけることもあるそうですが、117クーペはまだ大丈夫。初期型の希少なハンドメイドモデルでなければ、高くても300万円くらいですから。そのお店では117クーペの後継モデル、ピアッツァも売っててね。これなんか100万円台で買えちゃいます。

■知恵とセンスで勝負していたメーカー、いすゞ

実は、僕はまだいすゞ車を買ったことがないんだけど、すごく気になってましてね~。
ちょっとマニアックになりますが80年代の「イルムシャー」とか「ハンドリング・バイ・ロータス」って覚えてます? 「イルムシャー」はドイツのカスタムメーカーで、「ロータス」はご存じ、イギリスの老舗スポーツカーブランド。当時のいすゞは、ピアッツァや小型車のジェミニにこれらのパーツや技術を使ったグレードを作っていたんですね。もちろんノーマルとの違いは走りにしっかり現われていたけど、僕はそうしたヨーロッパ的ないすゞの世界観が今でも好きなんです。

思えば80年代のクルマって、どれもワクワクさせてくれましたよね。「ターボ」「ツインカム」といった言葉に心を躍らせて、仲間同士で「今度の〇〇は何馬力だぜ!」なんて話をしたり…。高性能ドイツ車に羨望のまなざしを送りながら、頑張れば手の届く日本車に、みんなが憧れていたんです。いすゞは大メーカーには開発資金で叶わない分、知恵とセンスで勝負していたんですね。

あと、いすゞのクルマって、当時のほかのメーカーと比べても、顔つきが優しい気がします。だからコワモテ顔が幅を利かせる今こそ、洒脱で大人の品格を主張できるいすゞ車は「買い」なんです! いや~、こんなことを書いていたら、またお店を覗きに行きたくなってしまいましたよ。お店のほうも僕の気持ちを心得ていて、ときどき「いい117が入りました!」なんてメールが来るの。もう、寿司屋のネタじゃないっての!

【今週のテリー・カー(1):いすゞ・117クーペ】

日本車の歴史上、傑作のひとつに数えられる名車。細身のピラーに広いガラスエリア、サイドのうねるようなフェンダーラインが特徴。気品あふれるスタイリングは、初期型のみ工程の大部分を手作業で行なっていたため、ハンドメイドモデルとも呼ばれる。そのため現在は高値で取り引きされているが、写真の後期型(ヘッドライトが丸目から角目に変更されている)なら手が届きやすい。

【今週のテリー・カー(2):いすゞ・ピアッツァ】

初代は1981年から93年まで作られていた。デザインはこちらもジウジアーロで、先鋭的な3ドアハッチバックのスタイリングのみならず、デジタルメーター(上級グレードのみ)や、メーターパネルの左右に設けられたサテライトスイッチなど、80年代のトレンドを牽引する先進的なインテリアが特徴だった。写真のモデルはスポーツグレードのイルムシャー。当時、GM傘下だったいすゞと、GM車の輸入代理店であるヤナセとの提携で、よりシックなカラーリングのピアッツァ・ネロも販売されていた。

文/テリー伊藤(てりー・いとう) 
昭和24年、東京生まれ。演出家。数々のテレビ番組やCMの演出を手掛ける。現在は多忙な仕事の合間に、慶應義塾大学 大学院で人間心理を学んでいる。

(今週のテリー・カー、キャプション:編集部)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」無理なく続けられ…
  2. 【夕刊サライ/角田光代】ミャンマー:時代が変わる、という活気(角…
  3. 【夕刊サライ/テリー伊藤】心が満たされないときには(テリー伊藤の…
  4. 【夕刊サライ/進藤晶子】LINEと宅配便でつくる「仮想三世帯住宅…
  5. 【夕刊サライ/山本昌】サッカー界のレジェンド・三浦知良選手との共…
PAGE TOP