新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、演出家のテリー伊藤さんが執筆します。

文/テリー伊藤(演出家)

こんにちは、テリー伊藤です!

サライ世代の皆さんにとって、家計のバランスを崩すことなくクルマに割ける予算は、だいたい300万円といったところじゃないでしょうか。ところが最近のクルマの多くはモデルチェンジのたびに値上がりして、手が届きにくくなっています。そこで今回おすすめしたいのが、中古車。第1回で書いたように、クルマは無理して買ったらカッコわるい!

クラシックの域までいかない「ちょいフル中古車」なら、維持するのは決して難しくありませんよ!

“ちょっと古いくらいが味わい深い”ヒトもクルマも一緒です!!

 

■アルファロメオは意外にも「赤」が大穴!

僕がクルマでよく通る場所に、けっこう有名な欧州中古車屋さんがありまして、先日そこで真っ赤なアルファロメオを見つけました。90年代のモデルで、屋根が開くスパイダーです。値段を見たら、コミコミで200万円。これはいいな~と僕は思ったんですが、お店の聞くと、そのクルマは随分前から店頭にある売れ残りでした。といっても、別に大きな故障を抱えているわけでもなく、状態は悪くない。じゃあなんで売れないのかというと、「赤だから」だというんです。最近はいかにもイタリア車らしい赤よりも、白とか青のほうが人気あるんですって。

アルファロメオのスパイダーといえば、映画「卒業」でダスティン・ホフマンが乗っていたモデルが有名ですね。でもあれはクラシックカーだから、状態のいい中古車は高いし手もかかる。その点、90年代のちょいフルなら、よほど特別なモデルでなければ300万円くらいで買えちゃうし、今なら一番アルファロメオ的な赤がお買い得ときてる。屋根付きのガレージで大切に保管する必要もなく、気軽に乗れちゃうのがいいですね。まあ、幌の隙間から雨漏りくらいはするかもしれませんが、世の中のクルマがどれも快適になった今、少しくらい不便なほうが根性を入れて乗れるというものです!

■セクシーなお尻がたまらないVW・シロッコ

いっそのこと、不人気車を探してはいかがでしょう。不人気というと嫌なイメージを持たれるかもしれませんが、その理由は「家族で乗るには不便」「左ハンドルしかない」「カタチが個性的」といったもので、視点を変えれば決してマイナスにはならないポイントばかり。しかも、それは「あまり人が乗っていない」という意味でもあるわけで、人とは違う個性を求めるなら、むしろメリットになります!そんな不人気車は、僕の大好きなフォルクスワーゲンにもあります。誰もが知っているゴルフより大柄なセダン、パサートなんか渋くていいと思います。現行型は高級感を追求してキラキラしているけど、90年代のモデルは質実剛健な作りに徹していて、背伸びした感じがない。真面目なお父さんにおすすめです。

「いやいや、俺はもっと弾けたクルマに乗りたいんだ!」という方には、シロッコなんていかがでしょう? 初代は1970年代に登場した、ゴルフをベースにした3ドアのスポーティなハッチバック車です。はじめの頃はけっこう売れたんですが、最大のウリである、2ドアで天井の低いスタイルが仇となり人気が低迷。90年代に姿を消してしまいました。ところが2000年代になって、また復活したんですよ。やはり2ドアのスポーティなデザインで、ボディの後ろの踏ん張った感じが女性のお尻のようにセクシー! あれ、僕はたまらなく好きだな~。なのに、やっぱり不人気で数年前に日本での販売が終了…。

フォルクスワーゲンって、昔も今もゴルフとその弟分のポロに人気が集中していて、そんな優等生がいてもいいと思うんですけど、なぜかメーカーはシロッコみたいな、面白いけど大衆ウケしないクルマを出してくる。案の定売れなくて引っ込めるんだけど、少し経つとまた懲りずに出してくるんですよ。そんなクルマだから、出来は悪くないのに中古車は格安。もともと品質には定評のあるメーカーですから、ちょいフルでも安心して乗れます。皆さんもシロッコのセクシーなお尻を眺めながら、オトコを奮い立たせてみませんか?

【今週のテリー・カー(1):アルファロメオ・スパイダー】

イタリアでは昔からオープンカーのことをスパイダーと呼び、アルファロメオは流麗なスタイルのスパイダーを長らく作っていた。写真のモデルは90~00年代初頭の2世代目。つぶらな瞳と後端ですとんと落ちたお尻がかわいい。それでいてアクセルを踏み込むと、男性的で色気のあるエンジン音が響き渡る。

【今週のテリー・カー(2):フォルクスワーゲン・シロッコ】

ゴルフがベースなのに、クルマ好き以外にはあまり知られていないシロッコ。写真のモデルは最新の3世代目(日本での新車販売は終了)で、初代の雰囲気を残しつつ、よりグラマラスなデザインとなった(特に後ろ)。シロッコとは、初夏にアフリカから地中海を越えてイタリアに吹く南風の名称。ゴルフよりも硬めの足回りが、オトコを奮い立たせる。

文/テリー伊藤(てりー・いとう) 
昭和24年、東京生まれ。演出家。数々のテレビ番組やCMの演出を手掛ける。現在は多忙な仕事の合間に、慶應義塾大学 大学院で人間心理を学んでいる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。 【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。…
  2. 茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー…
  3. 愛犬と快適ドライブ術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 愛犬とドライブを楽しむ方法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやか…
  4. 免許の自主返納は困難だ なぜ免許の自主返納は困難なのか?【彩りカーライフ~自分の人生をか…
  5. 5ドアハッチバックの小型車、リーフe イープラス+。車体と屋根の色が塗り分けられているのは特別塗装色で6種類から選べる。 日産リーフ|国産EVの草分け的存在、発売から9年を経て進化【石川…
PAGE TOP