新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「ひかり列車の便所に入りゃキバる間に五里走る」(砂川捨丸)【漱石と明治人のことば318】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「ひかり列車の便所に入りゃキバる間に五里走る」
--砂川捨丸

映画や演劇の世界で「コメディ・リリーフ」と呼ばれる手法がある。物語展開が観客にもたらす過度の緊張をやわらげるため、意図的に滑稽な場面を差し挟むというやり方である。現実社会でいわゆる「お笑い」が渇望されるのは、人びとの暮らす日常が、無闇矢鱈と緊張とストレスに満ちているせいかもしれない。

たとえば、時は昭和。ミヤコ蝶々が相方で夫でもある南都雄二と舞台に立って漫才をはじめる。

蝶々「いつまでも仲よういかなあかん、と思うなあ。夫婦にもいろいろありますからねえ」
雄二「ほんとやねえ」
蝶々「そうかと思うたら、奥さんが非常に小柄で可愛らしい奥さんで、まあ、旦那さんがアホみたいな漫画みたいな顔して、横で返事してる旦那さんもあるしねえ」
雄二「それ誰のこと言うてるねん」

こんなやりとりに笑いさざめき、人びとは、胸底に滓(おり)のようにたまった憂さを払いのけるのである。もちろん平成の今も、現実社会の「コメディ・リリーフ」役を担う多くのお笑い芸人が活躍する。

ちなみに、南都雄二という芸名は、幼少期から仕事に追われ平仮名しか読めなかったミヤコ蝶々が、台本を見ては夫に繰り返し尋ねる「なんという字?」の問いかけから生まれたものという。

さて、砂川捨丸は明治23年(1890)大阪生まれ。本名・池上捨吉。上記、ミヤコ蝶々や南都雄二の大先輩として、近代漫才の歴史そのものを歩んだ人物だった。

初舞台は10歳。16歳で漫才師として立ち、それまで着流し姿が当たり前だった舞台衣裳を紋付き袴に改める一方で、東京進出と地方巡業に精を出し、漫才の地位を確立した。

古くからの伝統的スタイルを継承して、手にした鼓で絶妙の間をとる。そんな名人芸で、中村春代を相方に、昭和46年(1971)10月、80歳で亡くなる直前まで舞台に立った。

掲出のことばは、新幹線の開通を受けて、「ひかり」号の速さを漫才のネタに取り入れた台詞。少々シモがかってはいるが、鼓片手の古典的な型を崩さず引き継ぎながらも、時代・世相の移り変わりに素早く適応する笑いのセンスが(「ひかり」だけに)光っている。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

「サライおみくじ」で今日の運勢をチェック!おみくじには「漱石と明治人のことば」からの選りすぐりの名言が表示されます。どの言葉が出てくるか、クリックしてお試しください。
↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP