新着記事

【夕刊サライ/川合俊一】株式投資で失敗しないために、取引内容と購入理由を記録する(川合俊一の暮らし・家計コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「文学者たらんと欲せば漫然として年をとるべからず」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば322】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「もし文学者たらんと欲せば漫然として年をとるべからず、文学者として年をとるべし」
--夏目漱石

夏目漱石の門下生のひとりに、野上豊一郎という人物がいる。大分から上京して第一高等学校に入学。そこで、英国留学を終えて帰国まもない漱石の授業を受けた(漱石は当時、東京帝国大学と第一高等学校と、両方の教壇に立っていた)。その後、野上は東京帝国大学の英文科へと進み、寺田寅彦に連れられて漱石山房で開かれている「木曜会」へ参加するようになった。後年は、能楽研究家として名を成し、法政大学の総長までつとめた。

その野上豊一郎の妻が、作家の野上弥生子である。

野上弥生子は明治18年(1885)大分の生まれ。明治女学校を卒業後、同郷の野上豊一郎と結婚した。作家志望だった弥生子は、『明暗』と題する習作を書き上げると、これを夫に託して漱石に見てもらった。漱石はその習作にじっくりと目を通し、巻紙の長い手紙を書いて、懇切丁寧に批評し指導した。掲出のことばは、その長い手紙の中に書かれた一節である。

真に作家たらんことを志すならば、日常座臥(ざが)の修養が大切で、周囲の物事を見るにも、何ごとかをするにも、つねに作家としての意識を以て臨まねばならない。そういう意味だろう。一日一日を漫然と過ごしているのと、日々意識を研ぎ澄ましているのとでは、積み重ねられるものに雲泥の差が出るということであろう。

他に漱石は、こんな批評もした。

「非常に苦心の作なり。然(しか)しこの苦心は局部の苦心なり。従って苦心の割に全体が引き立つ事なし」
「警句は大変多し、この警句に費やせる労力を挙げて人間そのものの心機の隠見する観察に費やしたらば、これよりも数十等面白きものが出来るべし」

漱石から、そんな長い手紙をもらって励まされ、弥生子はどれほど勇気づけられたことか。のちに、野上弥生子は談話『夏目漱石』の中で、こんなふうに語っている。

「作品ができたのでそれを読んでいただくために野上に持っていってもらったわけなんです。(略)そのときに先生が、その作品の批評であり、文学の根本義というものについて懇々と説かれた手紙は、ほとんど一メートル半以上にも及ぶ長いもので、(略)後になるほどなんと有り難いことであったかと改めて思い知らされます」

漱石の手紙を受け取った弥生子は、そのことばを胸に、次に『縁』という作品を書いた。漱石はこれを雑誌『ホトトギス』を編集・運営する高浜虚子に送り、面白い作品で、明治の才媛がいまだかつて描き出し得なかった嬉しい情趣をあらわしているとして、ぜひとも掲載するように推薦した。これが作家・野上弥生子の誕生につながったのである。

弥生子はその後、99歳で没するまで、息長く、旺盛な作家活動をつづけたのだった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

「サライおみくじ」で今日の運勢をチェック!おみくじには「漱石と明治人のことば」からの選りすぐりの名言が表示されます。どの言葉が出てくるか、クリックしてお試しください。
↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP