新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「自分は生きている。それが一切なのだ」(椎名麟三)【漱石と明治人のことば316】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「自分は生きている。それが一切なのだ」
--椎名麟三

上に掲げたのは、作家の椎名麟三が、小説『永遠なる序章』の中に綴ったことばである。いかにも、「実存主義作家」と呼ばれた椎名らしいことばと言えるだろう。

椎名麟三は明治44年(1911)兵庫県の生まれ。15歳で家出。コック見習い、電車車掌などの職を転々とした。

非合法下の共産党員として労働運動に参加して検挙され、獄中生活を体験したこともあった。その獄中でニーチェを知り、ドストエフスキーへ導かれていく。

ドストエフスキーの小説『悪霊』を読んで打ちのめされ、文学の世界へ引き込まれた体験を、椎名は次のように綴っている。

「ドストエフスキーは、私にも文学がやれることをも保証してくれたのである。たとえ救いがなくても助けてくれと叫んだっていい、その叫びこそ文学なのだと教えてくれたのだ」(『わが心の自叙伝』)

椎名麟三はこの保証を胸に、敗戦後まもない時期に『深夜の酒宴』で文壇デビュー。以降、人間の自由を主題として、『重き流れの中に』『永遠なる序章』『自由の彼方で』などの作品を紡ぎあげていく。その作中には、観念的かつ意味深な一節が多く、たとえば、『深尾正治の手記』の中の次のような老爺の台詞なども胸の奥に深くしみいる。

「誰もだましはしない。だますのはいつも自分だ。そして大抵は自分の過去がだますんだよ。何も心配しないで、ありがたく今日の一日をせい一杯に過させて貰うんだよ。明日のことにはじっと辛抱して、昨日のことには用心深くな」

兵庫県姫路市の姫路文学館を訪れ、そんな椎名麟三が書斎で使っていたという鉛筆削りを見せてもらったことがある。下部の引き出しに残るかすかな削り滓が、作家の息づかいを伝えるかのようだ。

思えば、細密な創作ノートを含む椎名麟三の原稿は、ほとんどが鉛筆書きだった。会社や役所を訪ねてガリ版切りをする筆耕仕事の体験もあり、さらさらと万年筆を走らせるなどは性に合わなかったのだろうか。

いやいや、それ以上に、あのドストエフスキーばりの観念的文体は、ちびた鉛筆で一字一字を刻みつけていくことでしか生まれ得なかった。そんなふうに思えるのである。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

「サライおみくじ」で今日の運勢をチェック!おみくじには「漱石と明治人のことば」からの選りすぐりの名言が表示されます。どの言葉が出てくるか、クリックしてお試しください。
↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP