新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

“綺想の皇帝”ルドルフ2世の驚異の世界を味わう展覧会

取材・文/池田充枝

16世紀末から17世紀初頭にかけて、プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552-1612)は、稀代の収集家として、また芸術の庇護者として知られます。

彼の宮廷には世界各地から優れた人材が集結し、芸術作品あるいは科学機器などの優秀な創作物、新たに発見された珍奇な自然物が集められました。文字通り「驚異の部屋」とでも呼ぶべき膨大なコレクションが形成され、当時のヨーロッパの芸術文化の一大拠点となりました。

宮廷画家らに描かせた作品からは、彼が人間の性愛、天文学や錬金術、博物学に関心を寄せその研究に没頭したことが分かります。

ハンス・フォン・アーヘン作のコピー《ハプスブルク家、神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の肖像》〔1600年前後 油彩・キャンヴァス スコークロステル城、スウェーデン〕Skokloster Castle,Sweden

そんな“綺想の皇帝”ルドルフ2世の世界を覗く展覧会が、福岡市博物館で開かれています(〜2017年12月24日まで)。ジュゼッペ・アルチンボルドをはじめ、ルドルフ2世が愛好した芸術家たちの作品を中心に、占星術や錬金術にも強い関心を示した皇帝のもとで花開いた美しくも妖しい世界を紹介します。

見どころを、福岡市博物館の学芸員、髙山英朗さんにうかがいました。

「見どころとして3点の作品をご紹介します。

まず1点目は、ジュゼッペ・アルチンボルドが、四季を司る神の姿でルドルフ2世を描いた《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》です。アルチンボルドは、フェルディナンド1世、マクシミリアン2世、ルドルフ2世の3人の皇帝に仕えた宮廷画家で、動物や植物などを組み合わせて描いた特異な寓意像でよく知られていますが、彼の代表作がこの作品です。

ジュゼッぺ・アルチンボルド《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》〔1591年 油彩・板 スコークロステル城、スウェーデン〕Skokloster Castle,Sweden

次に2点目は、ルーラント・サーフェリーが描いた《動物に音楽を奏でるオルフェウス》です。ルドルフ2世は動物園を所有し、生きた動物を収集していました。この作品にはライオンにダチョウ、コンゴウインコなど多種多様な動物が描き込まれています。宮廷画家だったサーフェリーが見たであろう、ルドルフ2世の動物園の様子が想像されます。

ルーラント・サーフェリー《動物に音楽を奏でるオルフェウス》〔1625年 油彩・キャンヴァス プラハ国立美術館、チェコ共和国〕

最後に3点目は、《陶製の花瓶に生けられた小さな花束》です。この作品を描いたヤン・ブリューゲル(父)は、ルドルフ2世が敬愛したピーテル・ブリューゲルの次男で、花の静物画の名手として知られています。彼が描いた豪華絢爛な花卉画には、色とりどりの花だけでなく、そこに宿る様々な昆虫も細かに描き込まれています。

ヤン・ブリューゲル(父)《陶製の花瓶に生けられた小さな花束》〔1607年頃 油彩・板 ウィーン美術史美術館〕(C)KHM-Museumsverband

上記の作品以外にも、ルドルフ2世が愛した芸術家たちの作品や、当時の最先端技術で作られた工芸品や天文学関係の作品なども展示し、ルドルフ2世の「驚異の部屋」に迫ります」

圧倒的迫力の目眩くような「皇帝の驚異の部屋」は、果たしてどんな様相をしているのか、客人となって覗いてみませんか。

【開催要項】
『神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展』
■会期:2017年11月3日(金・祝)~12月24日(日)
■会場:福岡市博物館 2階 特別展示室
■住所:福岡市早良区百道浜3-1-1
■電話番号:092・845・5011
■ウェブサイト:http://rudolfukuoka.com/
■開館時間:9時30分から17時30分まで(入館は17時まで)
■休館日:月曜

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】
  2. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
  3. 仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート…
  4. 日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と…
  5. 現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフ…
PAGE TOP