新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

ブリューゲル一族の名作を一挙に観賞《ブリューゲル展 画家一族150年の系譜》

取材・文/池田充枝

16世紀フランドルを代表する画家、ピーテル・ブリューゲル1世に始まり、150年にわたって画家を生み出したブリューゲル一族。

一族の祖であるピーテル・ブリューゲル1世は、雄大な風景やヒエロニムス・ボス風の版画の下絵で人気を博しました。彼の革新的な点は、現実世界を冷静に見つめ、人間の日常生活を何の偏見もなく、ありのままに表現することにありました。

ピーテル・ブリューゲル1世と工房《キリストの復活》〔1563年頃〕Private Collection,Belgium

ピーテル1世の長男、ピーテル2世は、父の作品の忠実な模倣作(コピー)を手がけ、父の作風を世に広めることに貢献します。一方弟のヤン1世は、父の自然への関心を受け継いで発展させ、多くの傑作を残しました。

そしてヤン2世やアンブロシウス、アブラハムといったヤン1世の子孫たちが、一族の作風を受け継いでそれぞれに活躍し、「ブリューゲル」はひとつのブランドとして確立されていきました。彼らが手がけた宗教画、風景画、寓意画、静物画など多岐にわたる作品のなかに一族の魂が脈々と受け継がれています。

*  *  *

そんな類まれな画家一族の画業を系統立てて紹介する展覧会ブリューゲル展 画家一族150年の系譜」が、東京都美術館で開かれています。(~2018年4月1日まで)

本展は、イタリアのコモ市を皮切りに、作品の入れ替えを行いながらイギリスやフランス、ドイツ、イスラエルなどを巡回して、日本にやってきました。日本では、東京都美術館を皮切りに5会場を巡回します。日本初出品となる貴重なプライベートコレクションを中心に選び抜かれた約100点を通じて、16、17世紀フランドル絵画の魅力に迫る展覧会です。

本展の見どころを、東京都美術館の学芸員、髙城靖之さんにうかがいました。

「本展には16世紀フランドル絵画を代表する画家ピーテル・ブリューゲル1世や、彼の息子、孫、さらにひ孫の世代まで、一族に連なる9人の画家の作品が展示されます。

ピーテル1世の長男であるピーテル・ブリューゲル2世が描いた《野外での婚礼の踊り》は、婚礼の宴で踊る農民たちを描いた作品ですが、同じ場面を描いた父の作品とよく似ているものの、花嫁が踊りに加わらずに奥のほうで座っているなど、父との違いも見られます。

ピーテル・ブリューゲル2世《野外での婚礼の踊り》〔1610年頃〕Private Collection

一方、次男のヤン・ブリューゲル1世による《水浴をする人たちのいる川の風景》では、縦横ともに約20センチしかない小画面の中に、水浴びをする人や鳥に餌をやる人、散歩する人などが非常に緻密に描かれていて、細密描写を得意としたこの一族の伝統を伝えています。

ヤン・ブリューゲル1世《水浴をする人たちのいる川の風景》〔1595‐1600年頃〕Private Collection,Switzerland

また、ピーテル1世のひ孫で、イタリアで活躍したアブラハム・ブリューゲルの《果物の静物画ある風景》は、イタリアで流行した静物画のスタイルに、フランドルの細密描写を融合した作例です。

アブラハム・ブリューゲル《果物の静物がある風景》〔1670年〕Private Collection

こうしたブリューゲル一族の作品が、これほど多く集まることは滅多にありません。また、出品作品の多くが、普段見ることのできない個人所蔵の作品で、そのほとんどが日本初公開です。貴重な機会ですので、ぜひ会場でこの画家一族の作品を味わってください」

ブリューゲル一族の作品群が圧倒的な迫力でせまる展覧会です。お見逃しなく。

【ブリューゲル展 画家一族150年の系譜】
会期:2018年1月23日(火)~4月1日(日)
会場:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
開室時間:9時30分から17時30分まで、金曜日は20時まで(入室は閉室30分前まで)
休室日:月曜日(ただし2月12日は開室)、2月13日(火)
http://www.ntv.co.jp/brueghel/

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺 師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至…
  2. 死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃① 有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八…
  3. 唐獅子図屛風 狩野永徳筆 六曲一双のうち右隻 安土桃山時代・16世紀 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 「紡ぐプロジェクト」が発信する日本美術の至宝展【美を紡ぐ 日本美…
  4. 国宝 《一遍聖絵》(巻2、部分) 円伊筆、鎌倉時代、神奈川・清浄光寺(遊行寺)蔵、通期(巻替あり)*この場面は前期(4/13~5/12)展示 国宝『一遍聖絵』が全巻一挙公開! 時宗を総合的に紹介する京都初の…
  5. グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》1901年  ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館  (C)Belvedere,Vienna,Photo:Jonannes Stoll 東京で約30年ぶりに開催! 過去最多のクリムト作品が一堂に会す展…
PAGE TOP