新着記事

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

通常見られない個人所有の名画も多数! 樹木を描いたフランス風景画の名作展

「樹木」というモチーフを通して、フランス風景画の変遷をたどる展覧会が、4月16日(土)から東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催されます。フランス絵画史上、自然が主題となるのは19世紀になってからで、それまでは神々や人間を描いた「歴史画」に比べて「風景画」の地位は低く、風景は背景として描かれるのみでした。

しかし、19世紀になると近代化によって失われつつある自然への哀惜、田園生活への憧れなどから風景を主題に描く画家たちが登場してきます。

カミーユ・ピサロ《マトゥランの丘にて、ポントワーズ》〔1874年 油彩・キャンヴァス 個人蔵〕Collection Privée

カミーユ・ピサロ《マトゥランの丘にて、ポントワーズ》〔1874年 油彩・キャンヴァス 個人蔵〕Collection Privée

         
本展を監修したのは、カミーユ・ピサロ美術館及びタヴェ=ドラクール美術館館長のクリストフ・デュヴィヴィエ氏。ロマン派からバルビゾン派、印象派、新印象派、象徴派、フォーヴに至るフランス近代風景画で、フランスを中心とした国内外の美術館や個人所蔵作品から、樹木に対する画家たちの思いが込められた作品113点を集めて展示します。

クロード・モネ《ヴェトゥイユの河岸からの眺め、ラヴァクール(夕暮れの効果)》〔1880年頃 油彩・キャンヴァス 個人蔵〕Collection Privée

クロード・モネ《ヴェトゥイユの河岸からの眺め、ラヴァクール(夕暮れの効果)》〔1880年頃 油彩・キャンヴァス 個人蔵〕Collection Privée

 

フランス近代風景画の通史ともいえる本展の魅力を、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館学芸員の小林晶子さんにうかがいました。

「本展の大きな見どころは、まず、印象派以前のロマン派から印象派以降のフォーヴまで113点というボリュームのある作品群でフランスの近代風景画の歴史を一望できることです。次に、展示する作品は個人所蔵のものが多いので、ふだん美術館などで観ることのできない絵画を目にすることができることです。そしてなによりも、風景画は理屈抜きに美しい風景を楽しんでいただくことが一番です。有名無名を問わず優れた作品を集めていますので、会場で好きな画家を見つけてみてはいかがでしょうか」

会場にあふれる緑の木々、心癒される風景を堪能しにお出かけください。

【フランスの風景 樹をめぐる物語-コローからモネ、ピサロ、マティスまで-

会場/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
会期/2016年4月16日(土)~6月26日(日)
住所/東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
電話番号/03-5777-8600(ハローダイヤル)
料金/一般1200(1000)円 大高生800(650)円 65歳以上1000円 ( )内は20名以上の団体 ※中学生以下無料
開館時間/10時から18時まで、金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日/月曜日
アクセス/新宿駅西口より徒歩約5分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP