新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

通常見られない個人所有の名画も多数! 樹木を描いたフランス風景画の名作展

「樹木」というモチーフを通して、フランス風景画の変遷をたどる展覧会が、4月16日(土)から東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催されます。フランス絵画史上、自然が主題となるのは19世紀になってからで、それまでは神々や人間を描いた「歴史画」に比べて「風景画」の地位は低く、風景は背景として描かれるのみでした。

しかし、19世紀になると近代化によって失われつつある自然への哀惜、田園生活への憧れなどから風景を主題に描く画家たちが登場してきます。

カミーユ・ピサロ《マトゥランの丘にて、ポントワーズ》〔1874年 油彩・キャンヴァス 個人蔵〕Collection Privée

カミーユ・ピサロ《マトゥランの丘にて、ポントワーズ》〔1874年 油彩・キャンヴァス 個人蔵〕Collection Privée

         
本展を監修したのは、カミーユ・ピサロ美術館及びタヴェ=ドラクール美術館館長のクリストフ・デュヴィヴィエ氏。ロマン派からバルビゾン派、印象派、新印象派、象徴派、フォーヴに至るフランス近代風景画で、フランスを中心とした国内外の美術館や個人所蔵作品から、樹木に対する画家たちの思いが込められた作品113点を集めて展示します。

クロード・モネ《ヴェトゥイユの河岸からの眺め、ラヴァクール(夕暮れの効果)》〔1880年頃 油彩・キャンヴァス 個人蔵〕Collection Privée

クロード・モネ《ヴェトゥイユの河岸からの眺め、ラヴァクール(夕暮れの効果)》〔1880年頃 油彩・キャンヴァス 個人蔵〕Collection Privée

 

フランス近代風景画の通史ともいえる本展の魅力を、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館学芸員の小林晶子さんにうかがいました。

「本展の大きな見どころは、まず、印象派以前のロマン派から印象派以降のフォーヴまで113点というボリュームのある作品群でフランスの近代風景画の歴史を一望できることです。次に、展示する作品は個人所蔵のものが多いので、ふだん美術館などで観ることのできない絵画を目にすることができることです。そしてなによりも、風景画は理屈抜きに美しい風景を楽しんでいただくことが一番です。有名無名を問わず優れた作品を集めていますので、会場で好きな画家を見つけてみてはいかがでしょうか」

会場にあふれる緑の木々、心癒される風景を堪能しにお出かけください。

【フランスの風景 樹をめぐる物語-コローからモネ、ピサロ、マティスまで-

会場/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
会期/2016年4月16日(土)~6月26日(日)
住所/東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
電話番号/03-5777-8600(ハローダイヤル)
料金/一般1200(1000)円 大高生800(650)円 65歳以上1000円 ( )内は20名以上の団体 ※中学生以下無料
開館時間/10時から18時まで、金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日/月曜日
アクセス/新宿駅西口より徒歩約5分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵 知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。…
  2. 重要美術品 藤原定信筆《石山切 (貫之集巻下断簡)》平安時代 12世紀 泉屋博古館蔵 かな文字がつくり出す美の世界【企画展 日本の書―和歌と詩のかたち…
  3. 本来の屏風は和室で座って眺めるもの。あえて低い位置に展示されているので、お座敷にいる気分で作品の鑑賞ができます。 80代になっても進化し続けた「若冲の美」|商人時代に描いた絵から…
  4. 《白紅梅織地朝顔麻葉模様浴衣》昭和時代 20世紀前半 東京都江戸東京博物館蔵 前期展示 ゆかた今昔物語【特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデ…
  5. 重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺 師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至…
PAGE TOP