新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

奇想の画家アルチンボルドの摩訶不思議な肖像画を堪能!『アルチンボルド展』

取材・文/藤田麻希

16世紀後半に活躍したイタリア出身の画家、ジュゼッペ・アルチンボルド。その名前は知らなくとも、彼が描いた、草花や野菜、動物、道具などを組み合わせた、謎めいた肖像画を目にしたことがある方は少なくないでしょう。

アルチンボルドは1526年、ミラノで生まれ、画家である父のもとで学びながら、ステンドグラスやタペストリーの図案など手がけていました。転機となったのは、36歳のとき、ミラノを統治していたハプスブルク家の宮廷画家になったことでした。奇抜な絵画だけでなく、真面目な肖像画や、劇の衣装の制作、祝い事の企画や演出をしながら、フェルディナント1世、マクシミリアン2世、ルドルフ2世の3代の神聖ローマ皇帝に仕え、貴族の称号も与えられました。

アルチンボルドがウィーンに招かれてから間もないころに、マクシミリアン2世への新年の贈り物として描いたのが、『四季』と『四大元素』の連作です。「春」「夏」「秋」「冬」と、世界を形づくる4つの要素と考えられていた「大気」「火」「大地」「水」が、「春」と「大気」、「夏」と「火」といった具合に、それぞれが向かい合うように構成されています。

ジュゼッペ・アルチンボルド《春》1563年 油彩/板 マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館蔵 (C)Museo de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Madrid

ジュゼッペ・アルチンボルド《夏》1572年 油彩/カンヴァス デンヴァー美術館蔵 (C)Denver Art Museum Collection: Funds from Helen Dill bequest, 1961.56 Photo courtesy of the Denver Art Museum

「春」には80種類もの植物が描かれています。「夏」にはナスやトウモロコシなど北ヨーロッパでは食べることができなかった野菜、「水」には海のないウィーンでは見ることのできなかった生き物も含まれます。しかも生物学的にも正確に表され、それぞれの種が特定できるのです。それらの珍しい生物も描くことで、世界を支配する皇帝の権力をも誇示しています。この作品を、皇帝は大変気に入り、親族や支配下の国にレプリカを贈ったといいます。

上下をひっくり返すと違うテーマの作品に見えてくる上下絵は、童心に帰って楽しめる作品です。「コック/肉」は、肉料理の蓋をあけたところのようですが、逆さにすると金属製の帽子をかぶった年老いた人物の肖像に見えます。日本でも、歌川国芳が達磨の顔を逆さにする上下絵を考案していますが、その300年ほど前の作品です。

ジュゼッペ・アルチンボルド《コック/肉》油彩/板 ストックホルム国立美術館蔵 (C)Photo: Bodil Karlsson/Nationalmuseum (右の画像は回転させたもの)

アルチンボルドの作品は人気が高く、世界中の美術館に点在し、それぞれで大切に守られています。現在、そのうちの約10点が、東京・上野の国立西洋美術館で開催中の『アルチンボルド展』に集結しています(〜2017年9月24日まで)。

展覧会を監修した美術史家のシルヴィア・フェリーノ=パグデンさんに、本展の見どころを伺いました。

「アルチンボルドの人生と彼が暮らした環境、というテーマに的を絞った展覧会は、今までにない初の試みです。多くの壁を乗り越えて、アルチンボルドの重要な作品を世界中の美術館から集めることができました。

四大元素のうち「大地」は特に重要で、アルチンボルドについての展覧会では初めて展示されるものです。ぜひ会場で御覧ください」

とりわけ『四季』と『四大元素』の8作品が揃う部屋は圧巻です。皇帝も同じような環境に身をおいたのかもしれません。ぜひこの摩訶不思議な芸術を体験しにお出かけください。

ジュゼッペ・アルチンボルド《水》1566年 油彩/板 ウィーン美術史美術館蔵 (C)KHM-Museumsverband

ジュゼッペ・アルチンボルド《大地》1566年(?) 油彩/板 リヒテンシュタイン侯爵家コレクション蔵 (C)LIECHTENSTEIN, The Princely Collections, Vaduz-Vienna

【アルチンボルド展】
■会期/2017年6月20日(火)〜9月24日(日)
■会場/国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7-7)
■電話番号/03・5777・8600(ハローダイヤル)
■開館時間/午前9時30分〜午後5時30分
*金・土曜日は午後9時まで
*入館は閉館の30分前まで
■休館日/月曜、7月18日(火)
〔ただし、7月17日(月)、8月14日(月)、9月18日(月)は開館〕
■展覧会公式サイト/http://arcimboldo2017.jp/

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  2. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎…
  3. 旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅す…
  4. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿…
  5. 無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫た…
PAGE TOP