新着記事

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

災害時、愛猫さんをどう守る?|猫を飼うなら知っておくべき事前の準備と訓練

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

白寿の画家・堀文子さんの展覧会『堀文子展 ~生命を描く~』

堀文子《冬野の詩》1988年

取材・文/池田充枝

日本画家の堀文子さんは1918年7月2日生まれ。白寿(99歳)を迎えた今も、新作を世に送り続けています。

女性の自立がまだ困難であった時代に画家を志し、女子美術専門学校(現・女子美術大学)に入学、日本画を専攻しました。在学中から新しい時代を担う画家として注目を浴びていた堀画伯は、従来の日本画にはない独自の表現方法で精力的に作品を送り続ける一方で、同じところに留まることをよしとしませんでした。

3年にわたり欧米やメキシコを訪ね、帰国してからは神奈川県大磯へ転居し、日本の四季や風景を澄んだ色調で描くようになりました。その後も軽井沢やイタリアのアレッツォにアトリエを構え、そのたびに画風も進化を続けました。

抽象や具象の枠を超えることはもとより、斬新な画面構成によるシリーズなど、一貫したテーマに「生命~いのち~」をかかげて、今なお挑戦を続けています。

*  *  *

そんな堀文子画伯の白寿を記念する大規模な展覧会が、熊本県立美術館で開かれています。(~11月12日まで)

本展は九州で初めて開かれる堀文子の展覧会です。代表作の《アフガンの王女》、イタリア在住中の作《トスカーナの田園》、80歳を越えてヒマラヤの高地に取材した《幻の花 ブルーポピー》など約100点が紹介されます。

堀文子《アフガンの王女》2003年

本展の見どころを、主催のテレビ熊本の担当者にうかがいました。

「今年白寿を迎えられた堀文子画伯の、80年にわたる創作の軌跡を一堂に紹介する本展が、九州では初めて熊本で開催できることは、主催者として誠に喜びに堪えません。

5歳の頃、関東大震災を経験され、幼心にも「生きる」という感覚を体験した堀画伯は、90年後に、東日本大震災で未曽有の被害に見舞われた被災地の復興のシンボルにとの願いを込めて、作品「ユートピア」の壁画を福島空港に創られています。

その堀文子画伯の展覧会が、去年、震度7の大地震に二度も見舞われた熊本の地で開催されることは、復興へと歩み出している熊本県民にとって、励ましのエールを戴いたような、とても不思議な縁を感じています。

堀画伯はいつの時代も、その時その時の心のままに、何ものにも捉われず、縛られず、自由に堀文子の世界を創り上げられてきました。《ユートピア》をはじめ100余点の展示作品からも、そのパッションと“生きる”ことへの深い愛情が伝わってくると思います。

ぜひ、熊本そして九州の皆様に、堀文子の世界に足を運んでいただければ幸いです」

堀文子《幻の花 ブルーポピー》2001年

『サライ』本誌で、『命といふもの』を長年連載され、誌上から感動を分け与え続けてくださっている堀文子画伯。その作品の数々を、直に目にできる絶好の機会です。お見逃しなく!

【開催概要】
白寿記念・九州初開催 堀文子展~生命(いのち)を描く~』
■会期:2017年9月28日(木)~11月12日(日)
■会場:熊本県立美術館[本館]
■住所:熊本市中央区二の丸2番
■電話番号:096・352・2111
http://www.museum.pref.kumamoto.jp
■開館時間:9時30分から17時15分まで(入館は16時45分まで)
■休館日:月曜日(ただし10月30日は「障がいのある方々の鑑賞デー」として開館)
■料金:大学生以上1200(1000)円 小中高生700(500)円 ( )内は20名以上の団体料金、障がい者手帳持参者は無料
■アクセス:JR熊本駅より熊本城周遊バスで「熊本城二の丸駐車場」下車徒歩約3分

神奈川県立近代美術館でも開催予定です。(2017年11月18日~2018年3月25日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 徳川家光 《兎図》 個人蔵 夏目漱石、伊藤若冲、徳川家光が描いた脱力系の問題作を見よ!【へそ…
  2. 黒糸巻柄突兵拵(長船真長小太刀付属) 明治時代(19世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵 高綱・行光の古備前刀工から一文字・長船など各流派まで|「刀剣王国…
  3. アウトサイド・ジャパン展 ヤンキー人類学から老人芸術まで、70名以上の作品が揃う大規模展覧…
  4. トーベ・ヤンソン《イースターカード原画》1950年代 ムーミンキャラクターズ社蔵 家族そろってムーミンに会いに行こう【ムーミン展】
  5. 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプ…
PAGE TOP