新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

特別展「運慶」閉館後の会場にサライ読者100名を特別招待

■秋の一夜、天才仏師の偉業をゆったり鑑賞

史上最も著名な仏師といわれる運慶。その傑作が多数集結する展覧会が、東京国立博物館で間もなく開かれます。『サライ』では、この展覧会の閉館後にゆったりと観賞できる特別内覧会を開催します。貴重な機会をお見逃しなく。

運慶 無著菩薩立像(右) 世親菩薩立像(左)国宝、木造、彩色、玉眼、像高193.0cm(無著)、190.9cm(世親)、建暦2年(1212)頃。古代インドの学僧・無著、世親の高邁な精神性が見事に表現されている。運慶60歳頃の世界的傑作。興福寺蔵  写真/六田知弘

運慶が活躍した平安時代から鎌倉時代にかけては、京を中心とした貴族による支配から、東国・鎌倉に幕府を置く武士の支配へと社会が大きく変革した、まさに動乱の時代でした。そんな時代の変革期にあって運慶は、貴族のみならず新興勢力である東国の武士たちから造像の依頼を受け、仏像の制作をしたことが知られています。

現在、願成就院(静岡)に伝わる阿弥陀如来坐像や毘沙門天立像、浄楽寺(神奈川)に伝わる不動明王立像や毘沙門天立像などは、その中で生み出された初期の傑作として知られています。

やがて運慶は、平家の焼き討ちで灰燼に帰した奈良の興福寺や東大寺の復興に尽力。それまでの仏像には見られなかった迫真性に満ちた、新たなる表現の仏像を生み出すことになります。

それが、興福寺北円堂の弥勒仏坐像に寄り添う無著菩薩立像と世親菩薩立像に代表される、リアルな造形の仏像です。

■貸し切りの館内で迫真の造形美をじっくり体感

この度の展覧会では、こうした運慶自身の初期から晩年までの作品を通覧できるほか、父・康慶、息子・湛慶らの作品を含めて、独創的な造形の誕生とその継承という視点から、運慶作品の全体像を俯瞰することができます。

閉館後の館内を貸し切って、天才仏師の作品をゆったり鑑賞できる特別な機会です。ふるってご応募ください。

※応募方法については、発売中の『サライ』本誌10月号の9ページをご参照ください。応募には本誌についている応募券が必要です。

運慶作 八大童子立像のうち制多伽童子 国宝、ヒノキ、割矧造り、彩色、玉眼、像高103.0㎝、建久8年(1197)。経典では性悪とされる制多伽童子も、運慶の手にかかれば理知的で愛らしい姿に。金剛峯寺蔵 写真/高野山霊宝館

【展覧会情報】
興福寺中金堂再建記念特別展 運慶』
■会期:9月26日(火)~11月26日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館
(東京都台東区上野公園13-9、電話 03-5777-8600[ハローダイヤル])

開館時間:9時30分~17時(金曜・土曜および11月2日は21時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(ただし、10月9日[月曜・祝日]は開館)
観覧料:一般1600円
展覧会公式サイト:http://unkei2017.jp/

※この記事は『サライ』本誌2017年10月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌…
  2. これが西郷隆盛の真の顔!? 維新の英雄・西郷どんの全てがわかる特…
  3. M.C.エッシャーの目眩く不思議世界を堪能!《ミラクル エッシャ…
  4. 漆蒔絵の多彩な技を実物から学べる展覧会《はじめての古美術鑑賞 漆…
  5. 竹久夢二の多彩すぎる才能にあっと驚かされる展覧会《夢二繚乱》
PAGE TOP