新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

特別展「運慶」閉館後の会場にサライ読者100名を特別招待

■秋の一夜、天才仏師の偉業をゆったり鑑賞

史上最も著名な仏師といわれる運慶。その傑作が多数集結する展覧会が、東京国立博物館で間もなく開かれます。『サライ』では、この展覧会の閉館後にゆったりと観賞できる特別内覧会を開催します。貴重な機会をお見逃しなく。

運慶 無著菩薩立像(右) 世親菩薩立像(左)国宝、木造、彩色、玉眼、像高193.0cm(無著)、190.9cm(世親)、建暦2年(1212)頃。古代インドの学僧・無著、世親の高邁な精神性が見事に表現されている。運慶60歳頃の世界的傑作。興福寺蔵  写真/六田知弘

運慶が活躍した平安時代から鎌倉時代にかけては、京を中心とした貴族による支配から、東国・鎌倉に幕府を置く武士の支配へと社会が大きく変革した、まさに動乱の時代でした。そんな時代の変革期にあって運慶は、貴族のみならず新興勢力である東国の武士たちから造像の依頼を受け、仏像の制作をしたことが知られています。

現在、願成就院(静岡)に伝わる阿弥陀如来坐像や毘沙門天立像、浄楽寺(神奈川)に伝わる不動明王立像や毘沙門天立像などは、その中で生み出された初期の傑作として知られています。

やがて運慶は、平家の焼き討ちで灰燼に帰した奈良の興福寺や東大寺の復興に尽力。それまでの仏像には見られなかった迫真性に満ちた、新たなる表現の仏像を生み出すことになります。

それが、興福寺北円堂の弥勒仏坐像に寄り添う無著菩薩立像と世親菩薩立像に代表される、リアルな造形の仏像です。

■貸し切りの館内で迫真の造形美をじっくり体感

この度の展覧会では、こうした運慶自身の初期から晩年までの作品を通覧できるほか、父・康慶、息子・湛慶らの作品を含めて、独創的な造形の誕生とその継承という視点から、運慶作品の全体像を俯瞰することができます。

閉館後の館内を貸し切って、天才仏師の作品をゆったり鑑賞できる特別な機会です。ふるってご応募ください。

※応募方法については、発売中の『サライ』本誌10月号の9ページをご参照ください。応募には本誌についている応募券が必要です。

運慶作 八大童子立像のうち制多伽童子 国宝、ヒノキ、割矧造り、彩色、玉眼、像高103.0㎝、建久8年(1197)。経典では性悪とされる制多伽童子も、運慶の手にかかれば理知的で愛らしい姿に。金剛峯寺蔵 写真/高野山霊宝館

【展覧会情報】
興福寺中金堂再建記念特別展 運慶』
■会期:9月26日(火)~11月26日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館
(東京都台東区上野公園13-9、電話 03-5777-8600[ハローダイヤル])

開館時間:9時30分~17時(金曜・土曜および11月2日は21時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(ただし、10月9日[月曜・祝日]は開館)
観覧料:一般1600円
展覧会公式サイト:http://unkei2017.jp/

※この記事は『サライ』本誌2017年10月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  2. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  3. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  4. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  5. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
PAGE TOP