新着記事

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

第1位の『優鶴』の宣伝部長を務める看板犬「リンク」

「ペットと泊まれる宿」人気ランキングTOP5

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

特別展「運慶」閉館後の会場にサライ読者100名を特別招待

■秋の一夜、天才仏師の偉業をゆったり鑑賞

史上最も著名な仏師といわれる運慶。その傑作が多数集結する展覧会が、東京国立博物館で間もなく開かれます。『サライ』では、この展覧会の閉館後にゆったりと観賞できる特別内覧会を開催します。貴重な機会をお見逃しなく。

運慶 無著菩薩立像(右) 世親菩薩立像(左)国宝、木造、彩色、玉眼、像高193.0cm(無著)、190.9cm(世親)、建暦2年(1212)頃。古代インドの学僧・無著、世親の高邁な精神性が見事に表現されている。運慶60歳頃の世界的傑作。興福寺蔵  写真/六田知弘

運慶が活躍した平安時代から鎌倉時代にかけては、京を中心とした貴族による支配から、東国・鎌倉に幕府を置く武士の支配へと社会が大きく変革した、まさに動乱の時代でした。そんな時代の変革期にあって運慶は、貴族のみならず新興勢力である東国の武士たちから造像の依頼を受け、仏像の制作をしたことが知られています。

現在、願成就院(静岡)に伝わる阿弥陀如来坐像や毘沙門天立像、浄楽寺(神奈川)に伝わる不動明王立像や毘沙門天立像などは、その中で生み出された初期の傑作として知られています。

やがて運慶は、平家の焼き討ちで灰燼に帰した奈良の興福寺や東大寺の復興に尽力。それまでの仏像には見られなかった迫真性に満ちた、新たなる表現の仏像を生み出すことになります。

それが、興福寺北円堂の弥勒仏坐像に寄り添う無著菩薩立像と世親菩薩立像に代表される、リアルな造形の仏像です。

■貸し切りの館内で迫真の造形美をじっくり体感

この度の展覧会では、こうした運慶自身の初期から晩年までの作品を通覧できるほか、父・康慶、息子・湛慶らの作品を含めて、独創的な造形の誕生とその継承という視点から、運慶作品の全体像を俯瞰することができます。

閉館後の館内を貸し切って、天才仏師の作品をゆったり鑑賞できる特別な機会です。ふるってご応募ください。

※応募方法については、発売中の『サライ』本誌10月号の9ページをご参照ください。応募には本誌についている応募券が必要です。

運慶作 八大童子立像のうち制多伽童子 国宝、ヒノキ、割矧造り、彩色、玉眼、像高103.0㎝、建久8年(1197)。経典では性悪とされる制多伽童子も、運慶の手にかかれば理知的で愛らしい姿に。金剛峯寺蔵 写真/高野山霊宝館

【展覧会情報】
興福寺中金堂再建記念特別展 運慶』
■会期:9月26日(火)~11月26日(日)
■会場:東京国立博物館 平成館
(東京都台東区上野公園13-9、電話 03-5777-8600[ハローダイヤル])

開館時間:9時30分~17時(金曜・土曜および11月2日は21時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(ただし、10月9日[月曜・祝日]は開館)
観覧料:一般1600円
展覧会公式サイト:http://unkei2017.jp/

※この記事は『サライ』本誌2017年10月号より転載しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP