新着記事

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

高野山に伝わる至宝の数々を拝観!「空海と高野山の至宝」展

国宝「聾瞽指帰」〔平安時代 金剛峯寺蔵〕後期展示

取材・文/池田充枝

高野山は、日本における真言密教の祖・弘法大師空海によって、約1200年前に開創されました。

僧侶が修行し、世の平安を祈るため金剛峯寺(こんごうぶじ)を建立した空海は、奥之院において入定(にゅうじょう)し、永遠の瞑想に入っているとされます。

空海が見守る高野山は、以後の各時代を通じて人々の信仰を集め、貴族から庶民にいたるまで、幅広い人々が高野参詣や奥之院への納骨などを行いました。こうした信仰によって、石塔が建ち並ぶ奥之院の景観が形作られていったのです。

現在では、奥之院を含む境内と山中の参詣道(さんけいみち)が、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。

*  *  *

そんな高野山に伝わる至宝の数々を拝観できる貴重な展覧会が、仙台市博物館で開かれています。

本展は、東日本大震災からの復興を祈念し、仙台市博物館だけで特別に開催するものです。会場では、高野山に伝わる空海ゆかりの宝物や、密教美術などにこめられた祈りの世界をご紹介します。

重要文化財 快慶作「孔雀明王坐像」〔鎌倉時代 正治2年(1200)金剛峯寺蔵〕前期展示

本展の見どころを、仙台市博物館学芸員の酒井昌一郎さんにうかがいました。

「空海が中国から持ち帰り、常に身近に置いたという国宝・諸尊仏龕(しょそんぶつがん)(枕本尊・まくらのほんぞん)や、空海が中国から投じて高野山に届いたと伝わる重要文化財・金銅三鈷杵(飛行三鈷杵・ひぎょうさんこしょ)、そして空海自筆の仏教論である国宝・聾瞽指帰(ろうこしいき)(下巻を後期展示)の3つは、高野山でも特別な機会にだけ公開される由緒ある宝物です。いずれも空海の時代から1200年を経て、現在も大切に伝えられています。

この他、縦三メートルを超える国宝・五大力菩薩像(三幅を展示替)や、かつて比叡山横川に伝わった国宝・阿弥陀聖衆来迎図(あみだしょうじゅらいごうず)(有志八幡講蔵 前期展示)といった平安仏画の傑作や、鎌倉時代の仏師・運慶作の国宝・八大童子立像(六軀のうち四軀を展示替)といった高野山の至宝の数々を展示します」

なかなか拝見できない高野山の至宝が数多く出品される貴重な展覧会です。ぜひこの機会にご覧ください。

名称 東日本大震災復興祈念特別展 空海と高野山の至宝』
会期 2017年7月1日(土)~8月27日(日)※会期中展示替えあり。前期:7月1日(土)~7月30日(日)、後期:8月1日(火)~8月27日(日)
会場 仙台市博物館
住所 仙台市青葉区川内26(仙台城三の丸跡)
電話 022・225・3074
Web http://kukai-koyasan-sendai.jp
開館時間 9時~16時45分(入館は16時45分まで)
休館日 月曜(ただし7月17日、8月7日は開館)、7月18日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  2. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎…
  3. 旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅す…
  4. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿…
  5. 無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫た…
PAGE TOP