新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

新生『MOA美術館』が仕掛ける美のたくらみとは【ご招待あり】

美術館全景

尾形光琳、岩佐又兵衛の作品など、日本美術の重要な作品を所蔵している熱海の『MOA美術館』が、このほど11ヶ月の休館期間を経て、内装が大幅にリニューアルされました。

設計を手掛けたのは、現代美術作家・杉本博司さんと、建築家・榊田倫之さんによる「新素材研究所」です。

26717_l2

2階展示室入口

杉本さんがもっともこだわったことの一つが展示室の光です。

「足利義政が作った銀閣寺東求堂の四畳半の部屋に座ったとき、義政の体験した光は、このような障子越しの光ではないかと考えました。MOA美術館が所蔵する東山御物(足利将軍家の収集品)などは、こうした状況で見るのが一番素晴らしいはずです」(杉本さん)

第四展示室 展示ケース

第四展示室 展示ケース

近代以前の日本の美術品は、電灯ではなく自然光や蝋燭の光で見られることを前提に制作されています。作品が作られた当初の状況を再現するには、自然光を取り入れればよいのですが、美術品は紫外線に弱く、展示室に窓をあけるわけにはいきません。

そこで利用したのが、色温度や明るさをコントロールできる、最新のLED照明です。近代以前の状況を作り出すために、現代の最新技術が必要なのです。

国宝「紅白梅図屏風」展示風景

国宝「紅白梅図屏風」展示風景

免震台にもなっている展示ケースの床の台には、樹齢千年を越える屋久杉の柾目の板や、畳が使用されています。近代以前、掛け軸は基本的に床の間に飾るためのもので、屏風は室内の仕切りでした。畳の上に作品を置くことで、本来の使用目的に合った姿が想像しやすくなります。

第一展示室 展示ケース Photo: Masaki Ogawa/Courtesy of MOA Museum of Art Design Architect: Hiroshi Sugimoto+Tomoyuki Sakakida/NMRL

第一展示室 展示ケース

そして、驚くのは展示ケースのガラスケースの透明さです。手をのばして確認しなければ、そこにガラスがあることがわからないほど透過度が高く、作品がそこにあるという実在感まで伝わってきます。ケースに対向する壁面は、黒漆喰で塗り込められ、余計なものが一切反射せず、作品を見ることに集中できます。

国宝「色絵藤花文茶壺」展示風景

国宝「色絵藤花文茶壺」展示風景

新調されたメインエントランスの扉は、蒔絵の人間国宝、室瀬和美さんによるもの。高さ4mもある巨大なステンレスに、漆が塗られました。その着想は、東大寺に伝わった根来塗のお盆から得たそうです。

メインエントランスの扉 Photo: Masaki Ogawa/Courtesy of MOA Museum of Art Design Architect: Hiroshi Sugimoto+Tomoyuki Sakakida/NMRL

メインエントランスの扉

根来塗は、表面の朱漆がこすれて下塗りの黒漆が透けてくる、その味わいを楽しむ漆器。この扉がどのように経年変化するのか楽しみです。

屋久杉、漆喰、畳、漆など、使われているのは日本の伝統的な素材ばかりですが、昔ながらの素材を使うことが、かえって今の時代には、新しいことであることを痛感します。

開催中の「リニューアル記念 名品展」では、同館が所蔵する、尾形光琳『紅白梅図屏風』、野々村仁清『色絵藤花文茶壺』、『手鑑 「翰墨城」』の国宝すべてが展示されています。この機会にぜひ足をお運び下さい。

美術館眺望

【リニューアル記念 名品展 + 杉本博司「海景 – ATAMI」】
■会期/2017年2月5日(日)~3月14日(火)
■会場/MOA美術館
■住所/静岡県熱海市桃山町26-2
■電話番号/0557・84・2511(代表電話)
■料金/一般1600(1300)円 高大生1000(700)円・要学生証 中学生以下無料 65才以上1400円・要身分証明
* ( )内は10名以上の団体料金
* 障がい者手帳をお持ちの方と付き添い者(1名のみ)半額
■開館時間/9時30分から16時30分まで(入館は閉館30分前まで)
■休館日/会期中無休
■アクセス/JR熱海駅より、MOA美術館行きバス(バスターミナル8番乗り場)で終点「MOA美術館」下車すぐ/タクシー  JR熱海駅タクシー乗り場より約5分
■美術館公式サイト/http://www.moaart.or.jp/

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

※内観写真クレジット/
Photo: Masaki Ogawa/Courtesy of MOA Museum of Art
Design Architect: Hiroshi Sugimoto+Tomoyuki Sakakida/NMRL

※サライプレミアム倶楽部会員の4名様にMOA美術館の特別入館券を差し上げました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。 カタログギフト1万円相当が当たる!サライ12月号「シニア住宅特集…
  3. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  4. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  5. カタログギフト1万円相当が当たる!サライ11月号「住宅特集」アン…
PAGE TOP