新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

伊藤左千夫『野菊の墓』ヒロイン民子の名台詞【漱石と明治人のことば190】

sousekiKotobaBanner2

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「私なんでも野菊の生れ返りよ。野菊の花を見ると身震いの出るほど好もしいの。どうしてこんなかと、自分でも思う位」
--伊藤左千夫

アイドルたちが、映画やテレビドラマで、時代ごとに繰り返し主役をつとめる名作文学がある。昭和文学を代表する、川端康成の『伊豆の踊子』や三島由紀夫の『潮騒』はその好例。そして、もうひとつ、明治期の小説ながら、伊藤左千夫の『野菊の墓』も、山口百恵や松田聖子をヒロイン役に迎え、何度も映像化されている。掲出のことばは、その『野菊の墓』の中に綴られたヒロイン民子の台詞。これに対し、主人公・政夫はこんなふうに言う。

「民さんはそんなに野菊が好き……道理でどうやら民さんは野菊のような人だ」

民子は17、政夫は15。純愛だね。

このあとふたりは心ならずも引き裂かれ、ヒロインは哀しい最期を迎える。

作品のイメージと作者の風貌とは、必ずしも一致しないことがある。

川端や三島の写真は広く流布していて、知らぬ人はいないだろうが、さて伊藤左千夫の顔となるとどうだろう。知らぬまま『野菊の墓』を読んで感動した読者は、かなりの数にのぼるのではないだろうか。

かくいう私もそのひとり。中学1年の頃に作品を読み、のちに作者の顔写真に初めて接したとき少々戸惑った記憶がある。

山本周五郎の場合、生前、女性ファンのイメージを裏切るといけないからと、写真を撮られることに消極的な姿勢を見せていたという逸話がある。泉下の伊藤左千夫はどうだったろうか? あの牛飼いの詩人なら、そんなことを感じてしまう読者を、むしろ笑い飛ばしているかのようにも思えるのだが。

伊藤左千夫を後世に名を残す文学者たらしめたのは、正岡子規との出逢いによるところが大きい。子規と出逢い、短歌・俳句づくりに励み、やがて小説をも書いたのである。『野菊の墓』も子規の遺した俳句文芸雑誌『ホトドギス』に掲載され、これを読んだ夏目漱石が「名品です。自然で、淡泊で、可哀相で、美しくて、野趣があって結構です。あんな小説なら何百篇よんでもよろしい」と賞賛したことから評価が高まっていった。

もう少し時を逆上ると、伊藤左千夫がひとりの風流人として和歌や茶道を楽しむことを覚えたのは、伊藤並根という人物との交流がきっかけだった。並根は、伊藤左千夫より少し年上。左千夫の経営する牛乳搾取業「乳牛改良社」からほど遠からぬ場所で、同業の「得生舎」を営む仲間であり、風流の道の先輩でもあった。

左千夫の茶道趣味は、子規に師事するようになってからも途絶えることはなかった。茶釜持参で子規庵を訪れ、茶を点てたこともあった。このとき子規は、湯を沸かすときの遠い波を連想させるような音色から、こんな一句を詠んでいる。

「氷解けて水の流るる音すなり」

千葉県山武市の山武市歴史民族資料館には、左千夫愛用の茶釜が残されている。南部鉄製。胴回り約84センチ。先の子規の一句と重ねてみたくなる風格が漂う。そして、この茶釜の方には、『野菊の墓』と異なり、持ち主の少しいかつい風貌がぴたりと似合う。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

himekurisoseki-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP