新着記事

大判おあげのゆず胡椒風味うどん

【管理栄養士が教える減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別塩分比較と減塩レシピ

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ2017年7月号|特集:奇想建築を歩く/家飲みビールを究める

↑↑↑表紙写真をクリックすると7月号が試し読みできます。

今号は、近代日本が生んだ驚愕の「奇想建築」の大特集に、全国のビール党に捧ぐ「家飲みビールを究める」の美味特集をあわせ、さらに「自転車生活」の指南特集も入った、盛りだくさんの初夏号です。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
文明の衝突が生んだ明治・大正・昭和の驚愕遺産
「奇想建築」を歩く

幕末から明治初期にかけて、文明開化により欧米の建築様式が上陸。各地の大工棟梁たちは伝統的な技術を応用すると「擬洋風建築」呼ばれる洋館を作り始めました。『サライ』7月号の大特集は、そんな明治から昭和にかけての文明の衝突によって生まれた建築群を「奇想建築」と称して大特集します。

第1部では車寄せ(玄関)の上にバルコニーを作り、屋根の上に塔を載せた代表的な擬洋風建築を松本、山形、伊豆に訪ねます。


第2部は、各地に残る伊東忠太(1867~1954)の作品を訪ねます。建築は木造から石造へ進化するという建築進化論を唱え、ユーラシア大陸を調査横断した忠太。帰国後、代表作となる築地本願寺をはじめ、一橋大学兼松講堂や祗園閣などの作品に中国やインド、イスラムといったアジアの様式を意欲的に取り入れ、西洋建築に対抗しました。それらの建築物は今も新鮮で、見る者を圧倒します。これら、西洋文明との衝突で生まれた奇想建築の見所をわかりやすく解説しています。

文明の衝突によって誕生した近代建築遺産の仰天の造形を、ぜひご堪能ください。

【特集】グラス選びと注ぎ方で際立つ「味」と「香り」
「家飲みビール」を究める

幕末に黒船がはこんできたビール。明治から昭和初期にかけては、ビアホールで飲む憧れの酒であり、庶民には高嶺の花でした。しかし、昭和中期に電気冷蔵庫の普及とともに、一気に重要が拡大。国民的食中酒となります。

そして、平成6年に、事業者ごとのビールの年間最低製造量が大幅に緩和され、「地ビール」が次々に誕生。いまでは、200を超える醸造場が、個性的なビール造りに励んでいます。

「ピルスナー」「ヘレス」「デュンケル」「シュバルツ」「IPA」「ペールエール」「ヴァイツェン」「ホワイトエール」……多様なビールには、それぞれにあった選び方、注ぎ方、飲み方があり、食べ合わせも存在します。

本特集では、自宅で旨いビールをさらに旨く楽しく飲むための手練手管を大公開。「ビールの注ぎ方」「ビールがぐいぐい進む簡単つまみ」や「全国 旨いビール取り寄せ案内」などもご紹介します。


読めばこの夏の家飲みビールが数倍美味しくなること請け合いです

*  *  *

いかがでしょうか?驚きの近代建築遺産「奇想建築」を巡る特集に、旨いビールをさらに旨く飲む「家飲みビール」の手引をあわせた、盛りだくさんの『サライ』7月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

クリックすると7月号が試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学 世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール…
  2. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  3. ビールを飲む場は意外にも……!? ビールの飲用に関するアンケート調査 とりあえずビール? 最新調査から見えてきたみんなのビール事情
  4. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  5. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
PAGE TOP