新着記事

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

本誌情報

サライ2017年7月号|特集:奇想建築を歩く/家飲みビールを究める

↑↑↑表紙写真をクリックすると7月号が試し読みできます。

今号は、近代日本が生んだ驚愕の「奇想建築」の大特集に、全国のビール党に捧ぐ「家飲みビールを究める」の美味特集をあわせ、さらに「自転車生活」の指南特集も入った、盛りだくさんの初夏号です。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
文明の衝突が生んだ明治・大正・昭和の驚愕遺産
「奇想建築」を歩く

幕末から明治初期にかけて、文明開化により欧米の建築様式が上陸。各地の大工棟梁たちは伝統的な技術を応用すると「擬洋風建築」呼ばれる洋館を作り始めました。『サライ』7月号の大特集は、そんな明治から昭和にかけての文明の衝突によって生まれた建築群を「奇想建築」と称して大特集します。

第1部では車寄せ(玄関)の上にバルコニーを作り、屋根の上に塔を載せた代表的な擬洋風建築を松本、山形、伊豆に訪ねます。


第2部は、各地に残る伊東忠太(1867~1954)の作品を訪ねます。建築は木造から石造へ進化するという建築進化論を唱え、ユーラシア大陸を調査横断した忠太。帰国後、代表作となる築地本願寺をはじめ、一橋大学兼松講堂や祗園閣などの作品に中国やインド、イスラムといったアジアの様式を意欲的に取り入れ、西洋建築に対抗しました。それらの建築物は今も新鮮で、見る者を圧倒します。これら、西洋文明との衝突で生まれた奇想建築の見所をわかりやすく解説しています。

文明の衝突によって誕生した近代建築遺産の仰天の造形を、ぜひご堪能ください。

【特集】グラス選びと注ぎ方で際立つ「味」と「香り」
「家飲みビール」を究める

幕末に黒船がはこんできたビール。明治から昭和初期にかけては、ビアホールで飲む憧れの酒であり、庶民には高嶺の花でした。しかし、昭和中期に電気冷蔵庫の普及とともに、一気に重要が拡大。国民的食中酒となります。

そして、平成6年に、事業者ごとのビールの年間最低製造量が大幅に緩和され、「地ビール」が次々に誕生。いまでは、200を超える醸造場が、個性的なビール造りに励んでいます。

「ピルスナー」「ヘレス」「デュンケル」「シュバルツ」「IPA」「ペールエール」「ヴァイツェン」「ホワイトエール」……多様なビールには、それぞれにあった選び方、注ぎ方、飲み方があり、食べ合わせも存在します。

本特集では、自宅で旨いビールをさらに旨く楽しく飲むための手練手管を大公開。「ビールの注ぎ方」「ビールがぐいぐい進む簡単つまみ」や「全国 旨いビール取り寄せ案内」などもご紹介します。


読めばこの夏の家飲みビールが数倍美味しくなること請け合いです

*  *  *

いかがでしょうか?驚きの近代建築遺産「奇想建築」を巡る特集に、旨いビールをさらに旨く飲む「家飲みビール」の手引をあわせた、盛りだくさんの『サライ』7月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

クリックすると7月号が試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学 世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール…
  2. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  3. ビールを飲む場は意外にも……!? ビールの飲用に関するアンケート調査 とりあえずビール? 最新調査から見えてきたみんなのビール事情
  4. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  5. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
PAGE TOP