新着記事

コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】 家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

マーラー:大地の歌|ヨナス・カウフマン一人二役の絶唱【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

現代のオペラ界を代表するスター・テノールで、1969年ミュンヘン生まれのヨナス・カウフマンが、英国出身の名指揮者ジョナサン・ノットとウィーン・フィルと組んで、マーラー:大地の歌を録音した。

これは通常二人の歌手が交互に歌う全楽章を一人で歌ったもので、演奏史上初めての試み。その効果はめざましい。二人が歌うときは一種の文学的客観性を帯びていたものが、あたかも一人の男の主観的な、孤独な魂の告白のように響くからだ。(試聴はこちらから

李白や孟浩然、王維らによる中国詩のドイツ語訳にマーラーが作曲したこの作品は、美に酔い、酒に酔い、恋に酔い、そして人生そのものをいとおしむかのような、交響的歌曲集ともいうべきもの。そこにカウフマンは一人称という求心力をもたらした。

逞しく情感豊かな声を生かした歌唱は、真摯な思いを伝える。ウィーン・フィルの演奏は、明晰で引き締まったノットの指揮のもと、夢のように甘く柔らかい響きに満ちている。

【今日の一枚】
マーラー:大地の歌
ヨナス・カウフマン(テノール)、ジョナサン・ノット(指揮)他
録音/2015年
発売/ソニー・ミュージック
http://www.sonymusicshop.jp

商品番号/SICC-30425
販売価格/2600円

選評/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ局「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金曜 18:00~22:00放送)。近著に『ルネ・マルタン プロデュースの極意』(アルテスパブリッシング)がある。

※この記事は『サライ』本誌2017年7月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウィーン、ブタペスト、プラハ|麗しき中欧諸国の「オペラハウス」巡…
  2. 新国立劇場オペラ10月『神々の黄昏』公演で「指環」四部作が完結
  3. 新国立劇場オペラ上演全作品を一挙紹介(2017/2018シーズン…
  4. ワーグナーの超大作に挑むプロジェクト第3弾!新国立劇場で『ジーク…
  5. モーツァルトによる不朽の名作!オペラ『フィガロの結婚』が新国立劇…
PAGE TOP