新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

蒔絵工芸の繊細な技を単眼鏡でじっくり観賞できる!「MAKI-E 蒔絵・美の万華鏡」展

天璋院篤姫の婚礼調度と判明した「葵紋牡丹紋二葉葵唐草蒔絵茶碗台 同蓋」〔江戸時代(19世紀)東京富士美術館蔵〕

取材・文/池田充枝

蒔絵(まきえ)は、漆工芸の装飾法の一種で、器物の表面に漆で文様を描き、金、銀、錫(すず)などの粉や色粉を蒔いて固め磨いたものをいいます。

平安時代の『竹取物語』に現れるのが最古といわれますが、それより前の奈良時代に発達し、平安時代に隆盛をみました。平安中期以降、貴族社会の間に流行し、寺院建築、家具調度、文房具などの装飾に用いられ、時代が下がると武家や庶民の間でも広く愛用されるようになりました。

蒔絵の技法は「研出(とぎだし)蒔絵」「平(ひら)蒔絵」「高(たか)蒔絵」の3つに大別されますが、粉の種類によっても「消粉(けしふん)蒔絵」「平極(ひらぎめ)蒔絵」「丸粉(本)蒔絵」と区別があります。

さらに粉の蒔き方の違いによる塵地、平目地、金粉を蒔く梨地、沃懸地(いかけじ)などの技法や、螺鈿(らでん)、象嵌(ぞうがん)、平文(ひょうもん)といった装飾技法も併用されて、複雑な装飾文様が作られます。

そんな、世界に誇る日本独自の美術工芸品・蒔絵の技法の細部に迫れる展覧会「MAKI-E 蒔絵・美の万華鏡展-単眼鏡で覗く未体験の深層美-」が、東京富士美術館で開かれています(~2017年7月2日まで)。本展では、近年の新収蔵作品初公開を含め、同館が所蔵する約500点の蒔絵工芸作品から約120点を厳選して展観されています。

また本展では、蒔絵の細部を存分に観察できるよう、アート鑑賞の世界で鑑賞用の道具として知られる単眼鏡を活用して、蒔絵や螺鈿の繊細な美を鑑賞できるようになっています。

「竹雀紋竪三引両紋牡丹唐草蒔絵女乗物」〔順姫所用 江戸時代中期 東京富士美術館蔵〕

本展の見どころを、東京富士美術館の学芸課係長、鴨木年泰さんにうかがいました。

「本展では蒔絵の魅力を味わってもらうため、単眼鏡を単なる外付けの鑑賞ツールではなく、展示構成の基本要素として組み入れました。蒔絵の様々な技法と見どころを鑑賞者が単眼鏡で見つけ、楽しんでいただくことを目指しました。

さらに、単眼鏡のレンズで細部を見る鑑賞に加え、美術館の企画展としては国内初となるヘッドマウントディスプレイを採用し、最新のバーチャルリアリティ(仮想現実)技術によって硯箱の内側から鑑賞できるというユニークな展示体験を楽しんでいただけます。硯箱に隠されたデザインの秘密もわかりやすく鑑賞いただけるように工夫しました。

さらに本展の開催にあたり、鶴見大学文学部文化財学科の小池富雄教授を中心とした専門家のご協力をいただいて行った約500点の所蔵蒔絵作品の調査において、なんと所蔵作品の一つが天璋院篤姫の婚礼調度の一部であることが新たにわかりました。篤姫の婚礼調度はこれまで国内外で3件が確認されており、このたび判明した当館所蔵作品は現存が確認された4件目の貴重な作品となります。所蔵作品の調査研究の成果が企画展に結びつき、このたび初公開できたことを嬉しく思っています。

本展では出品作品122件の蒔絵作品の内、約半数にあたる57件が初公開となります。美術作品を鑑賞することの楽しさを本展出品の蒔絵工芸作品を通して感じていただけたら幸いです」

単眼鏡とバーチャルリアリティで知る蒔絵の技法は、たいへん面白い観賞体験です。ぜひ会場でご体験ください。

【今日の展覧会】
『MAKI-E 蒔絵・美の万華鏡展-単眼鏡で覗く未体験の深層美-
■会期:開催中~7月2日(日)
■会場:東京富士美術館
■住所:東京都八王子市谷野町492-1
■電話番号:042・691・4511
■公式サイト:http://www.fujibi.or.jp
■開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
■休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日火曜日が振替休館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪…
  2. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠…
  3. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎…
  4. 旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅す…
  5. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿…
PAGE TOP