新着記事

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

日本画壇に革新をもたらした三人の画家「日本画三山」の展覧会

取材・文/池田充枝

杉山寧、髙山辰雄、東山魁夷。同じ山の字のつく三人の画家は、戦後の日本画壇において同じように革新的な方向性を示したことにより、「日本画三山」と称されています。

杉山寧(すぎやま・やすし、1909~1993)は、東京都生まれ。東京美術学校日本画科在学中に帝展で特選を受賞し、頭角を現しました。卒業後は若い画家たちと瑠爽画社(るそうがしゃ)を結成し、新しい日本画の創造に励みつつ、日展への出品を続けました。

昭和35年以降は抽象表現へと傾き、和紙や絹ではなくキャンヴァス(麻布)を用いるなど、戦後の日本画壇に新しい領域を切り開きました。

杉山寧 文藝春秋1965年1月号《ネフェルト》〔1965(昭和40)年 蘭島閣美術館蔵〕

髙山辰雄(たかやま・たつお、1912~2007)は、大分県生まれ。東京美術学校日本画科卒業後は、杉山寧らが結成した瑠爽画社に参加します。第2回日展で特選を受賞、第5回日展で再び特選を受賞し、画壇での地位を確かなものにしました。

ゴーギャンの生き方に大きな感銘を受けた髙山は、ゴーギャンの画風に通じる鮮やかな色彩と簡略化された色面構成で知られます。

髙山辰雄 文藝春秋1999年1月号《卯》〔1999(平成11)年 角川文化振興財団蔵〕

そして東山魁夷(ひがしやま・かいい、1908~1999)は、神奈川県生まれ。東京美術学校卒業後は、結城素明に師事。昭和8年にドイツのベルリン大学美術史科に学び、帰国後は新文展に出品。戦後は日展に出品し、「残照」で特選を受賞しました。

そしてその後は、日本をはじめヨーロッパの自然風土を深い郷愁をたたえた作風で、現代日本画を代表する画家として活躍しました。

東山魁夷 《秋映》〔1959(昭和34)年 (株)歌舞伎座蔵〕

さて、この「日本画三山」たちの作品を一堂に会した展覧会が、市川市東山魁夷記念館で開かれています(~2018年1月28日まで)。戦後の日本画壇を代表する画家、杉山寧、髙山辰雄、東山魁夷の表紙絵の世界とデザインの魅力が、存分に紹介されています。

本展の見どころを、市川市東山魁夷記念館の担当学芸員・石田久美子さんにうかがいました。

「三人は、精力的な日本画制作はもとより、雑誌の表紙絵も手掛けたことで、広く一般に日本画の魅力を知らしめたという点において共通しています。

なかでも杉山寧と髙山辰雄は、文芸雑誌『文藝春秋』の装画を長きにわたって手掛けたことで知られ、その功績は高い評価を獲得しました。東山魁夷においても、『保健同人』、総合雑誌『日本』、文芸雑誌『新潮』の装画のほか、歌舞伎筋書の表紙や、劇場の緞帳原画、そして歌舞伎衣裳など、そのデザインの力はさまざまな分野で発揮されました。

今回の特別展では、三山の珠玉の日本画作品はもとより、杉山寧と髙山辰雄の『文藝春秋』表紙原画、東山魁夷が表紙絵を描き下ろした「歌舞伎筋書」、『保健同人』、総合雑誌『日本』を展観につなげており、三山の表紙絵の魅力にふれていただけます。

なかでも、東山魁夷が手掛けた六世中村歌右衛門所用「助六」揚巻の衣裳「白地精好波に松島図の裲襠」も、特別な位置づけの芸術作品として紹介しています。近代日本画のうえに偉大な業績を遺した三山の多彩な芸術世界をお愉しみいただける展覧会となっています」

かつて雑誌などで目にした懐かしい表紙絵や、絢爛たる歌舞伎衣裳が堪能できる盛りだくさんの展覧会です。ぜひ会場に足をお運びください。

【展覧会情報】
特別展『日本画三山-杉山寧・髙山辰雄・東山魁夷-表紙絵の世界とデザインの魅力』

■会期:2017年12月9日(土)~2018年1月28日(日)
■会場:市川市東山魁夷記念館(千葉県市川市中山1-16-2)
■電話番号:047・333・2011
http://www.city.ichikawa.lg/higashiyama
■開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
■休館日:月曜(祝休日にあたる場合は、直後の平日)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 徳川家光 《兎図》 個人蔵 夏目漱石、伊藤若冲、徳川家光が描いた脱力系の問題作を見よ!【へそ…
  2. 黒糸巻柄突兵拵(長船真長小太刀付属) 明治時代(19世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵 高綱・行光の古備前刀工から一文字・長船など各流派まで|「刀剣王国…
  3. アウトサイド・ジャパン展 ヤンキー人類学から老人芸術まで、70名以上の作品が揃う大規模展覧…
  4. トーベ・ヤンソン《イースターカード原画》1950年代 ムーミンキャラクターズ社蔵 家族そろってムーミンに会いに行こう【ムーミン展】
  5. 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプ…
PAGE TOP