新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

古今の作家の「猫への愛」を堪能できる一冊 !『猫なんて!作家と猫をめぐる47話』

Closeup of ginger cat lying on old book near spectacles on background with books

文/鈴木拓也

試しに[猫 ブログ]でネット検索すると、ひたすら飼い猫のことをつづった愛猫家によるブログが、何万と出てくる。そんなブログ主の猫可愛がりようを読んでいると、時にはにんまりし、時にはジェラシーめいたものを感じるが、今回紹介する書籍『猫なんて!―作家と猫をめぐる47話』(キノブックス)に収められたエッセイは、そうしたブログとは調子がかなり異なる。

本書は、昭和から平成にかけて活躍した(している)作家47人による、猫をテーマにしたアンソロジーであるが、“ひたすら可愛い”的な、猫の親バカぶりを前面に押し出したものは少ない。

収録された文章には、猫を飼い始めたことによる作家自身や家族の心境・生活の変化を綴ったものもあれば、野良猫の観察日記みたいなものもある。さらに「なぜ作家は猫を好むのか?」という心理学的な考察から、哲学・形而上学的な話まで、猫にまつわる多彩な内容となっている。いずれもその作家らしい一捻りがあり、読んで飽きない。

いくつか例を挙げてみよう。

谷崎潤一郎の『客ぎらひ 抄』では、眠気を催している猫に声をかけると、鳴くのが面倒くさいのか、尻尾を振って返事をするという観察から、「私にも尻尾があったらなあ。そうすれば、来客の応対が苦手な私は、いちいち相槌を打つ代わりに、尻尾を振って済ませることができるから」という谷崎のホンネの述懐につながる。

浅田次郎の『小説家がペットと暮らす理由』では、古今東西の小説家が動物好きである理由が、こんこんと説明される。とくになぜ猫が好きかと言えば、「家族の寝静まった深夜、小説家は佳境に入る。電話も来ず、来客もなく、ただひたすら物語を刻み続ける。孤独である」からで、そんなときは猫とじゃれ合ったり、「話し相手」になってもらったりして、自らを慰めることができるとする。

8ページの短編漫画『猫』(水木しげる)は、拾ってきた2匹の猫と作者が人間の言葉で対話するという趣向。日がな一日ぐうたらしている猫を見かねた作者が、自分がどれほど懸命に働いているかをアピールするのに対し、猫は「死ぬ時あの世に持ってゆけるわけでもなし、ほんのその時だけの楽しみだ」などと言われ、人生論的な問答となる。

このほか、『盲目的なペット愛を見ると発狂しそうになる』(安西水丸)のように、猫嫌いの筆になる作品もあれば、『猫はなぜ二次元に対抗できる唯一の三次元なのか』(斎藤環)でツンデレ・萌え論を展開する小論もある。『サライ.jp』の「幸田家に息づく猫にまつわることば3つ」でご紹介した幸田文の随筆も収載されている。

例外もあるとはいえ、各作品に通底するのは、猫にたいする作者の愛だろう。だから読後感は、ほんのりと心が温まるようで、心なしかそばに猫がいるのかと思うほどである。すべての猫好きに薦めたい、秀逸な猫アンソロジーである。

【今日の一冊】
『猫なんて! 作家と猫をめぐる47話
(キノブックス編集部編、キノブックス)
https://honto.jp/netstore/pd-book_28198660.html

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大切なペットのストレス解消法は?|ペットの健康に関する調査 大切なペットのストレス解消法|犬は「定期的な散歩」、猫は「こまめ…
  2. “マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査 “犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛…
  3. ポストカード ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後…
  4. 二巻-俺、つしま 「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット…
  5. 『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 猫との出会い ~窓から入って来た子猫~|大ヒット猫マンガ『俺、つ…
PAGE TOP