新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ポイントは「目線」ネコを可愛く撮影する秘儀をプロが伝授!

文/鈴木拓也

公園や道端で、ネコの写真を撮る人をよく見かけるようになった。聞くと、写真をSNSにアップしてネット上の仲間と共有するのが目的だという。

写真を公開するとなると、最初は適当に撮っていたのが、やがて写真テクニックを磨きたいと考え始めるもの。そんな方におすすめの一冊を紹介しよう。

ネコ写真の技法については、何冊かの手引書が出ているが、今イチオシしたいのが『カラー新版 ネコを撮る』(朝日新聞出版)。著者は、動物写真家で、特にネコ写真の巨匠として知らぬ人なき、岩合光昭さん。

本書は、もともと2007年に刊行された同名の新書をオールカラーに改訂したもの。「ネコにアプローチ」、「撮影編」、「世界のネコ」、「野生のネコ」の4章立てで、大部分を占める最初の2章が、われわれアマチュアにとって実践的な内容となっている。また、岩合さんの撮った世界各地のネコの写真が随所に挿入され、ちょっとしたネコ写真集のおもむきもある。

岩合さんが、本書でいの一番にアドバイスするのは「早起きは三文の徳」。とにかく早朝から活動を開始することを勧めている。これには以下の理由がある。

写真というのは光と影が基本だ。光自体も朝の光の方がいいのはご存知だろう。当然、夕方のほうが空気中に塵などの遮蔽物が多くなるから、シャープネスという意味でも朝は絶好のシャッターチャンスだ。真っ昼間というのは、写真でもフラットになりがちでネコも動かない。
(本書19pより引用)

ネコは朝日を浴びるのが好きで、見つけやすいというのもある。岩合さん自身は、「日の長い5~6月なら、4時半には街へ出る。冬でも6時半には旅館を飛び出す」ほどの朝重視派。これをまねするのは容易ではないが、ネコ撮影の日はいつもより少し早起きして出かけるようにしたい。

さて、ネコを見つけたら、どうするか? いきなり駆け寄ってパシャリと撮ろうとするのでは、いい写真にならない。というのも、「あなたがネコを見つけるよりも先に、ネコはあなたをしっかり見定めている」から。岩合さんは、ネコを見つけるや拙速にことを運ぼうとする人をこう戒める。

カメラを構えていても、このヒトは自分にとって安全か安全じゃないかをしっかりと明確に見ている。このヒトは大丈夫。そうネコが判断したときに、あなたの側に近づいてくるし、写真を撮らせてくれる。
(本書37pより引用)

そんなネコに対する岩合さんのアプローチ術は、いったん通り過ぎてまた戻ってきて、相手の警戒心を解くというもの。子供がよくやるような、ネコへと突進するような近づき方はNG。また、望遠レンズを使えばネコを離れた距離から撮れるが、それでもネコはあなたを危険かどうか品定めし警戒しているという。

さて、無事ネコへのアプローチに成功し、撮影に臨むときの実践的なコツとして、岩合さんは、「角度(アングル)」に留意することを挙げている。

一般的にネコの目線に合わせてカメラを低い位置で構えるとネコらしく撮れる。子ネコだったら、さらに目の高さは低い。カメラを地面にくっつけるつもりで構えてみるといい。
(本書95pより引用)

これは、あくまでも基本中の基本。アングルを変えながら対象を観察し、どこから撮ればもっとかわいらしくなるかを追求することが必要とも。

*  *  *

ところで、岩合さんは「ネコを探すと健康になれる」と述べている。これはと思えるネコを見つけ当てるまで、ひたすら歩くからだという。カメラを抱えながら本格的なウォーキングをしているようなものなので、ネコ好きにとってはちょっとした健康法と言えそうだ。

【今日の猫まみれな1冊】
『カラー新版 ネコを撮る』
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20040
(岩合光昭著、本体1,000円+税、朝日新聞出版)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 豚肉は健康のもと!83歳の医大名誉教授が教える「長寿式食べ方の習…
  2. 「定年後に起業」は絶対NG!持続可能な老後収入のために今できるこ…
  3. 世界一美味しいご飯をわが家で炊く裏ワザ
  4. おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ
  5. あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと
PAGE TOP