新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

ポイントは「目線」ネコを可愛く撮影する秘儀をプロが伝授!

文/鈴木拓也

公園や道端で、ネコの写真を撮る人をよく見かけるようになった。聞くと、写真をSNSにアップしてネット上の仲間と共有するのが目的だという。

写真を公開するとなると、最初は適当に撮っていたのが、やがて写真テクニックを磨きたいと考え始めるもの。そんな方におすすめの一冊を紹介しよう。

ネコ写真の技法については、何冊かの手引書が出ているが、今イチオシしたいのが『カラー新版 ネコを撮る』(朝日新聞出版)。著者は、動物写真家で、特にネコ写真の巨匠として知らぬ人なき、岩合光昭さん。

本書は、もともと2007年に刊行された同名の新書をオールカラーに改訂したもの。「ネコにアプローチ」、「撮影編」、「世界のネコ」、「野生のネコ」の4章立てで、大部分を占める最初の2章が、われわれアマチュアにとって実践的な内容となっている。また、岩合さんの撮った世界各地のネコの写真が随所に挿入され、ちょっとしたネコ写真集のおもむきもある。

岩合さんが、本書でいの一番にアドバイスするのは「早起きは三文の徳」。とにかく早朝から活動を開始することを勧めている。これには以下の理由がある。

写真というのは光と影が基本だ。光自体も朝の光の方がいいのはご存知だろう。当然、夕方のほうが空気中に塵などの遮蔽物が多くなるから、シャープネスという意味でも朝は絶好のシャッターチャンスだ。真っ昼間というのは、写真でもフラットになりがちでネコも動かない。
(本書19pより引用)

ネコは朝日を浴びるのが好きで、見つけやすいというのもある。岩合さん自身は、「日の長い5~6月なら、4時半には街へ出る。冬でも6時半には旅館を飛び出す」ほどの朝重視派。これをまねするのは容易ではないが、ネコ撮影の日はいつもより少し早起きして出かけるようにしたい。

さて、ネコを見つけたら、どうするか? いきなり駆け寄ってパシャリと撮ろうとするのでは、いい写真にならない。というのも、「あなたがネコを見つけるよりも先に、ネコはあなたをしっかり見定めている」から。岩合さんは、ネコを見つけるや拙速にことを運ぼうとする人をこう戒める。

カメラを構えていても、このヒトは自分にとって安全か安全じゃないかをしっかりと明確に見ている。このヒトは大丈夫。そうネコが判断したときに、あなたの側に近づいてくるし、写真を撮らせてくれる。
(本書37pより引用)

そんなネコに対する岩合さんのアプローチ術は、いったん通り過ぎてまた戻ってきて、相手の警戒心を解くというもの。子供がよくやるような、ネコへと突進するような近づき方はNG。また、望遠レンズを使えばネコを離れた距離から撮れるが、それでもネコはあなたを危険かどうか品定めし警戒しているという。

さて、無事ネコへのアプローチに成功し、撮影に臨むときの実践的なコツとして、岩合さんは、「角度(アングル)」に留意することを挙げている。

一般的にネコの目線に合わせてカメラを低い位置で構えるとネコらしく撮れる。子ネコだったら、さらに目の高さは低い。カメラを地面にくっつけるつもりで構えてみるといい。
(本書95pより引用)

これは、あくまでも基本中の基本。アングルを変えながら対象を観察し、どこから撮ればもっとかわいらしくなるかを追求することが必要とも。

*  *  *

ところで、岩合さんは「ネコを探すと健康になれる」と述べている。これはと思えるネコを見つけ当てるまで、ひたすら歩くからだという。カメラを抱えながら本格的なウォーキングをしているようなものなので、ネコ好きにとってはちょっとした健康法と言えそうだ。

【今日の猫まみれな1冊】
『カラー新版 ネコを撮る』
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20040
(岩合光昭著、本体1,000円+税、朝日新聞出版)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 突然シャーッ!本当は怖い問題行動「猫の八つ当たり」
  2. 「定年は男の終わりじゃない」萩本欽一に学ぶ、人生の面白がり方
  3. 犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング
  4. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  5. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
PAGE TOP