新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

手書き文字を飛躍的に上達させる「美文字の法則」とは

文/鈴木拓也

パソコンや携帯メールの普及で、肉筆で手紙を書くのがめっきり減ったという人は多いのではないだろうか。しかし、だからこそ普段会えない人に手紙をしたためるのは、相手との距離を縮めるよい機会となる。

「字が下手で…」という方でも、昨今の「美文字ブーム」のおかげで、すばやく上達できるテキストがいろいろ刊行されている。今回はそのなかから、大東文化大学文学部書道学科講師の根本知先生が著した『美文字の法則 さっと書く一枚の手紙』(さくら舎)を紹介したい。

本書では、便箋1枚におさまる短めの手紙を文例とし、そこで使われている文字をいくつか取り上げ、上手に書くためのポイントが解説されている。ペン習字帳のように、お手本を見てなぞり書くのではなく、美文字の「法則」を理解してもらうことを主眼とした点に特徴がある。

例えば、最初に出てくるは以下のお礼状。

ここで取り上げる法則は、すべての基本になるという「一画強調」と「一対強調」で、以下の説明がある。

一画強調とは文字通り「一本の画を強調する」ということです。本文の文字でいうところの「景」、「生」、「筆」、「上」などで、「生」でいえば最終画の横線を長く書き、他の横線は控え目に書きます。一対強調とは左払い、右払いのペアを強調するということで、「春」、「大」、「今」など、左右の払いを見えない横線と見立てて強調して書きましょう。
(本書23pより引用)

パソコンのフォントに見慣れると、無意識のうちに真四角の形に収めがちになるが、肉筆ではそれにとらわれず強調をつけるのが、うまく見せるコツだという。

次の例は、簡潔な添え状。

ここでは、多くの漢字の一部として含まれる「口」の処理をどうするかが解説される。注意すべきは下部の接筆(画と画が接する部分)で、「口」や(口に縦線が入った)「中」であれば左側は下に出し、右側は右に出す。「口」の中に横線が入った文字(日、田など)なら、左側・右側ともに下に出す。

もう1つ重要なのが「三」を含む漢字。頭語(拝啓、拝復など)で必ず書くことになるほか、「玉」や「祥」など「三」の出番は意外と多い。

よく見れば、三本の線が単に横に引かれているのではないことに気づくはず。

一本目はやや右上がりに反る、二本目は右上がりにまっすぐ、三本目は右上に上がったあと戻るように反ります。特に最終画のアーチのように反る線は、文字の安定にもつながるので重要です。
(本書29pより引用)

この法則は、「手」、「立」、「上」といった漢字にも生かせるので、知っているのと知らないのとでは、文章の見映えはだいぶ変わるはずである。

本書では、このように美文字を書くための法則やテクニックが、惜しみなく盛り込まれ、大変有用な1冊となっている。練習帳で繰り返し書いてもなかなか上達しないのは、美しく見せる決まり事を知らないまま、なぞっているからにほかならない。まずは本書を熟読され、美文字の法則を把握すれば、より早く上達できるはずである。

【今日の1冊】
『美文字の法則 さっと書く一枚の手紙』
(根本知著、本体1,300円+税、さくら舎)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 高齢男性が「妻のいない第二の人生」を生き抜く3つの心得
  2. 御朱印集めと並ぶブームに!?“おみくじ集め”の魅力増す「おみくじ…
  3. 定年後の「第三の人生」を充実させるヒント本『定年からが面白い』【…
  4. 定年後の「夫婦」の理想的なあり方を探る本『妻と夫の定年塾』【定年…
  5. 定年後に厨房に入る男子のための手引書『かんたん、手抜き、うまい「…
PAGE TOP