新着記事

飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】 修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

これは便利! 全国の城や神社仏閣の情報を探せるお役立ちウェブサイト5選

文/柳澤史樹

サライ読者のなかには、歴史や史跡めぐりが好きな方も多いことでしょう。しかし、その潜在的ファン数に比べ、全国規模で城や寺社の情報を調べられるサイトって、実はそれほど数がありませんでした。

これは推測ですが、城などは各自治体の管理であること、神社や寺院は宗派が違うことなどから、連携が難しく、とにもかくにもデータとして集める大変さがあったのではないかと思われます。

しかし最近は、サライ世代や歴史ビギナーにとっても分かりやすい、お城や神社仏閣のポータルサイトも増えてきました。これらを知っておけば、近所だけでなく、どこかに旅行する際にも便利ですね。

今日はそんな、城や寺社の情報を調べられるお役立ちサイトを5つご紹介します。

■1:データ総数なんと14万件の寺社SNS「ホトカミ」

まずご紹介するのが「ホトカミ」というサイト。その名からわかる通り「仏と神」、つまり寺院と神社を意味する口コミデータベースサイトです。

日本全国14万件にもなる神社・寺の口コミを投稿できるほか、自分の気に入った寺社をリスト化して保存でき、まさに自分だけの神社仏閣コレクションができあがります。

これなら同じお寺や神社のファン同士でのやり取りなどもでき、盛り上がりそう。ありそうでなかった、寺社に特化したソーシャルメディアです。

※ホトカミ https://hotokami.jp/

■2:城好きは必見のポータルサイト「お城めぐりFAN」

次にご紹介するのは、城ファンのあいだで高い人気を誇る老舗サイト「お城めぐりFAN」。日本の主要なお城、約300城と、戦国お楽しみコンテンツを掲載しています。

またこのサイトは、サライ本誌にも城写真を掲載した実績のある城カメラマン・城郭写真家の岡泰行氏が運営しており、各地の城の写真がとにかく素晴らしい。城好きな方はぜひアクセスしてみてください。

※お城めぐりFAN http://www.shirofan.com/

■3:お寺に特化した丁寧なつくりのポータルサイト「まいてら」

一般社団法人「お寺の未来」が運営している「まいてら」は、同法人が制定する「安心のお寺10ヶ条」の審査を経たお寺が掲載されているお寺ポータル。「私の寺」で「My Tera」だそうです。

全国のお寺がデータベースで検索できるほか、お寺で開催されるイベントの案内や、住職さんのインタビューなどを掲載した「まいてら新聞」など、コンテンツも充実しています。

※まいてら http://mytera.jp/

■4:神社について学べるコンテンツも充実した「神社人」

こちらは一般社団法人「国際教養振興協会」が運営している神社SNS&ポータルサイト。神道や神社についての基礎知識コンテンツも充実していて、ビギナーにも大変勉強になります。

運営母体の国際教養振興協会は、日本の国や地域に関わる基本的なことを「教養」の一つとして学ぶための勉強会やセミナー、ワークショップも開催しているとのことですよ。

※神社人 http://jinjajin.jp/

■5:御朱印集めにまつわるあれこれを網羅「ご朱印びと」

近年は女性を中心に大人気の「御朱印」。全国の寺社仏閣の御朱印が並ぶ画像は見るだけでも楽しいのですが、この「ご朱印びと」では、御朱印にまつわるいろいろな基礎知識も身につけられる、まさに御朱印めぐりの旅にはうってつけのサイトです。

それにしても、最近の御朱印がこんなにバラエティに富んでいるのには驚きました! ご興味ある方はぜひアクセスしてみてください。

※ご朱印びと http://gosyuinbito.com/

*  *  *

以上、城や寺社の情報を探せるお役立ちサイトを5つ紹介しました。どのサイトも、ビジュアルデザインはもちろんのこと、コンセプトや使い方などの個性がよく表れていますね。

時はまさにGW。みなさんお好みのサイトを活用して、歴史散歩にお出かけされてはいかがでしょうか?

写真・文/柳澤史樹
フリーライター/ 自分史アドバイザー。歴史を楽しむ情報サイトや企業ファンサイトのマネージメント、ビジネスコンセプトやコピーの執筆、多数の著名人取材などの他、現在は一般社団法人 自分史活用推進協議会認定 自分史活用アドバイザーとして、個人の軌跡を残す「自分史」を活動の軸とする。2016年暮れ、地元横浜から相模原市緑区へ引越し、農的暮らしと執筆生活の両立へシフトチェンジ中。

【関連記事】

※ 秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

※ 「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した「郡山合戦」舞台の吉田郡山城

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

※  おいどんは清正公に負けた…西郷どんも実感した「熊本城」最強の理由とは

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「姫路城」が3年連続1位!旅好きが選ぶ 日本の城ランキングベスト…
  2. 現地ライターが推薦!巡ってみたいオーストリアの名城6選
  3. JR東海「そうだ 京都、行こう。」今春の主役は知られざる超穴場の…
  4. 今だけ!大阪城の重文建築群が期間限定で一挙公開中
  5. 三河名物・八丁味噌の「八丁」は岡崎城からの距離だった
PAGE TOP