新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

これは便利! 全国の城や神社仏閣の情報を探せるお役立ちウェブサイト5選

文/柳澤史樹

サライ読者のなかには、歴史や史跡めぐりが好きな方も多いことでしょう。しかし、その潜在的ファン数に比べ、全国規模で城や寺社の情報を調べられるサイトって、実はそれほど数がありませんでした。

これは推測ですが、城などは各自治体の管理であること、神社や寺院は宗派が違うことなどから、連携が難しく、とにもかくにもデータとして集める大変さがあったのではないかと思われます。

しかし最近は、サライ世代や歴史ビギナーにとっても分かりやすい、お城や神社仏閣のポータルサイトも増えてきました。これらを知っておけば、近所だけでなく、どこかに旅行する際にも便利ですね。

今日はそんな、城や寺社の情報を調べられるお役立ちサイトを5つご紹介します。

■1:データ総数なんと14万件の寺社SNS「ホトカミ」

まずご紹介するのが「ホトカミ」というサイト。その名からわかる通り「仏と神」、つまり寺院と神社を意味する口コミデータベースサイトです。

日本全国14万件にもなる神社・寺の口コミを投稿できるほか、自分の気に入った寺社をリスト化して保存でき、まさに自分だけの神社仏閣コレクションができあがります。

これなら同じお寺や神社のファン同士でのやり取りなどもでき、盛り上がりそう。ありそうでなかった、寺社に特化したソーシャルメディアです。

※ホトカミ https://hotokami.jp/

■2:城好きは必見のポータルサイト「お城めぐりFAN」

次にご紹介するのは、城ファンのあいだで高い人気を誇る老舗サイト「お城めぐりFAN」。日本の主要なお城、約300城と、戦国お楽しみコンテンツを掲載しています。

またこのサイトは、サライ本誌にも城写真を掲載した実績のある城カメラマン・城郭写真家の岡泰行氏が運営しており、各地の城の写真がとにかく素晴らしい。城好きな方はぜひアクセスしてみてください。

※お城めぐりFAN http://www.shirofan.com/

■3:お寺に特化した丁寧なつくりのポータルサイト「まいてら」

一般社団法人「お寺の未来」が運営している「まいてら」は、同法人が制定する「安心のお寺10ヶ条」の審査を経たお寺が掲載されているお寺ポータル。「私の寺」で「My Tera」だそうです。

全国のお寺がデータベースで検索できるほか、お寺で開催されるイベントの案内や、住職さんのインタビューなどを掲載した「まいてら新聞」など、コンテンツも充実しています。

※まいてら http://mytera.jp/

■4:神社について学べるコンテンツも充実した「神社人」

こちらは一般社団法人「国際教養振興協会」が運営している神社SNS&ポータルサイト。神道や神社についての基礎知識コンテンツも充実していて、ビギナーにも大変勉強になります。

運営母体の国際教養振興協会は、日本の国や地域に関わる基本的なことを「教養」の一つとして学ぶための勉強会やセミナー、ワークショップも開催しているとのことですよ。

※神社人 http://jinjajin.jp/

■5:御朱印集めにまつわるあれこれを網羅「ご朱印びと」

近年は女性を中心に大人気の「御朱印」。全国の寺社仏閣の御朱印が並ぶ画像は見るだけでも楽しいのですが、この「ご朱印びと」では、御朱印にまつわるいろいろな基礎知識も身につけられる、まさに御朱印めぐりの旅にはうってつけのサイトです。

それにしても、最近の御朱印がこんなにバラエティに富んでいるのには驚きました! ご興味ある方はぜひアクセスしてみてください。

※ご朱印びと http://gosyuinbito.com/

*  *  *

以上、城や寺社の情報を探せるお役立ちサイトを5つ紹介しました。どのサイトも、ビジュアルデザインはもちろんのこと、コンセプトや使い方などの個性がよく表れていますね。

時はまさにGW。みなさんお好みのサイトを活用して、歴史散歩にお出かけされてはいかがでしょうか?

写真・文/柳澤史樹
フリーライター/ 自分史アドバイザー。歴史を楽しむ情報サイトや企業ファンサイトのマネージメント、ビジネスコンセプトやコピーの執筆、多数の著名人取材などの他、現在は一般社団法人 自分史活用推進協議会認定 自分史活用アドバイザーとして、個人の軌跡を残す「自分史」を活動の軸とする。2016年暮れ、地元横浜から相模原市緑区へ引越し、農的暮らしと執筆生活の両立へシフトチェンジ中。

【関連記事】

※ 秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

※ 「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した「郡山合戦」舞台の吉田郡山城

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

※  おいどんは清正公に負けた…西郷どんも実感した「熊本城」最強の理由とは

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている 徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に…
  2. 藤堂高虎が考案した「層塔型天守」の代表格である宇和島城 築城術と忠誠心で勝ち取った秀吉と家康の信頼|三英傑に仕え「全国転…
  3. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
  4. 八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる 水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将と…
  5. 高山親子が居住していたとされる地に立つ「高山右近生誕地の碑」(大阪府豊能町) キリシタン大名の数奇な人生|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆ…
PAGE TOP