新着記事

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

松本の町を歩いて実感!江戸時代の「城下町」を楽しむ2つのポイント

文/萩原さちこ

江戸時代の城下町の基本構造がどうなっていたか、ご存じでしょうか?

一般的には、城、侍町(上級武家屋敷、中・下級武家屋敷)、町人地、寺社地が同心円状に置かれるのが基本です。ちょうど侍町や町人地や寺社地で城をぐるりと囲み守るイメージです。もちろん、地形や街道が関係してくるため、規則的な同心円になるとは限りませんが、配置の順は同じです。

これを知っておくと、各地に残る城下町を訪れたときに、その構造を楽しむことができます。

今回は、松本城(長野県松本市)とその城下町にあてはめて見てみましょう。

■1:城下町の構造を重ねてみる

松本城の場合は、城の南・北・東側に城下町が広がります。市街地化が進み、武家屋敷や町家などの建造物が残っているわけではありませんが、ポイントを押さえれば、城下町の骨組みがよく残っていることがわかります。

松本城天守が建つのが本丸、それをコの字型に囲む内堀越しのエリアが二の丸です(現在は松本城公園になっているところ)。この二の丸を囲む外堀の外側に侍町が広がり、その外側は総堀という堀で囲まれていました。現在の大手交差点のあたりが、城の正門である大手門跡。橋がかかる女鳥羽川を境に、北は侍町、南は町人地に分かれます。

維新前の松本町図(国宝松本城HPより引用)

城と城下町がきれいな同心円にならない大きな理由として挙げられるのが、街道との関係です。

町人地は街道と密接な関係があり、町家は街道の両側に建ち並びます。松本城の場合も、善光寺街道沿いに町家が並ぶため、松本駅方面の城南側から北へと通り、大手門前で東に折れ、その後また北へとのびる善光寺街道に沿って町人地がつくられています。その外側が、寺社地になります。

松本の城下町は、水野家の藩政時代(1642〜1725)には拡張整備が完了したようです。「親町三町、枝町十町、二十四小路」と呼ばれ、本町・中町・東町という3つの町を中心に、そこから10の町が枝分かれし、24の細い小路が道と道をつないでいました。

うれしいことに、松本城のホームページには当時の絵図を現代の地図に重ねたものが掲載されています。照らし合わせながら歩くと、かつての城下町がよみがえるかのように、町の構造が辿れます。

■2:旧町名の由来を味わう

ところどころに江戸時代末期の旧町名を示す石柱が立っているのも、松本城下町の魅力です。

たとえば高禄の藩士が屋敷を構えていた三の丸の侍町は「大名町」。堀の土を盛った場所である「上土」、柳の木が多かった「柳町」など、名の由来を想像するだけでも楽しいものです。「鷹匠町」は、鷹を飼う鷹匠たちが住んでいたことが由来。職種ごとに商人や職人が暮らし、計画的な城下町が形成されていたのです。

*  *  *

以上、今回は松本城下町である長野県・松本の町を例に、江戸時代の城下町の楽しみ方をご紹介しました。2つのポイントを押さえて、全国の城下町を歩いてみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】
国宝松本城 公式サイト

http://www.matsumoto-castle.jp/

文/萩原さちこ(はぎわら・さちこ)
城郭ライター・編集者。小学2年生で城に魅せられる。青山学院大学卒業後、広告代理店や制作会社を経て独立。執筆業を中心に、メディア・イベント出演、講演、講座など行う。おもな著書に『わくわく城めぐり』(山と渓谷社)、『日本100名城めぐりの旅』(学研プラス)、『お城へ行こう!』(岩波書店)、『図説・戦う城の科学』(SBクリエイティブ)、『江戸城の全貌』(さくら舎)など。 東京都生まれ。公益財団法人日本城郭協会学術委員会学術委員。 公式サイト「城メグリスト」http://46meg.com/

【関連記事】

※ 秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

※ 「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した「郡山合戦」舞台の吉田郡山城

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

※  おいどんは清正公に負けた…西郷どんも実感した「熊本城」最強の理由とは

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている 徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に…
  2. 藤堂高虎が考案した「層塔型天守」の代表格である宇和島城 築城術と忠誠心で勝ち取った秀吉と家康の信頼|三英傑に仕え「全国転…
  3. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】
  4. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
  5. 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】
PAGE TOP