新着記事

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

館長がそっと教える「ウフィツィ美術館展」の見どころ

10月号で紹介した「ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで」が、10月11日より東京都美術館で始まりました(12月14日まで)。

イタリア・フィレンツェにあるウフィツィ美術館の所蔵品を中心に、ルネサンスを代表する画家サンドロ・ボッティチェリをはじめ、15〜16世紀に「花の都」フィレンツェで活躍した画家たちを紹介する展覧会です。

展示総数は、約80点。ポスターにも描かれているサンドロ・ボッティチェリの大作『パラスとケンタウロス』が注目されがちですが、他にも多くの名品が並んでいます。

開催前に、ウフィツィ美術館のアントニオ・ナターリ館長に「お気に入りの作品を教えてください」とお願いしてみました。
「それは困った。私には3人の娘がいますが、一番のお気に入りはだれか教えろ、と言われるくらい、無理な質問です」。
そう困惑されながらも、館長は何作品か挙げてくださいました。

お答えを、披露いたします。鑑賞の一助にお役立てください。

 

■サンドロ・ボッティチェリの工房『十字架の道行』 1510年以降(上)
■サンドロ・ボッティチェリの工房『鞭打ち』 1510年以降


fig01

FOTO:S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della città di Firenze – Gabinetto Fotografico

fig02
FOTO:S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della città di Firenze – Gabinetto Fotografico

キリストの受難を描いた連作です。
工房の作とあり、完成したのもサンドロ・ボッティチェリの死後なので、弟子たちの手によって仕上げられたのは確かです。
このような作品は、どうしても本人の完全な自筆作品と比べて、完成度が低いと思われがちです(実際、そのような専門家の評価を目にすることもあります)。
しかし館長は、「老いたボッティチェリの情熱や衝動が感じられて、個人的にはたいへん気に入っています」と高く評価します。

 

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP