新着記事

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

自律神経を整えるのはどっち?|上司や取引先から 理不尽に叱られたら、反論する、沈黙する?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」トップ10

【新型コロナウイルスの影響に戦々恐々】8割近くの非正規労働者が「将来に不安がある」と回答! 安定した仕事のために必要なものとは…?

新型コロナウイルスで生じた「非正規雇用」と「正社員」の待遇の差

大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。

これからの暮らしに大切な「パッシブデザイン」という考え方|パッシブデザイン住宅 参創ハウテック[PR]

勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。

快適な暮らしと防災対策が両立した家|センチュリースタイルプロ ミサワホーム[PR]

居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

安心・安全に暮らすために選ぶ サービス付き高齢者向け住宅|積和グランドマスト 積水ハウスグループ[PR]

【ビジネスの極意】なぜ日本の若手社員はアジアで1番出世欲がないのか?

【ビジネスの極意】なぜ日本の若手社員はアジアで1番出世欲がないのか?

犬は30万円、猫は16万円。1年間にかかるペットの費用はいくら?

書き順が分かりづらい漢字ランキング|1位の漢字は?

【書き順が分かりづらい漢字ランキング】3位は「潟」、2位は「飛」、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

文/川口陽海

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛や坐骨神経痛、本当につらいですよね。

整形外科や接骨院、鍼治療にマッサージ、整体、骨盤矯正……。
色々な治療を何回受けても良くならない……。

そんな時は、もしかしたら原因は深部の筋肉にあるかもしれません。

痛みの原因は神経ではなく筋肉

腰や脚の痛みで病院に行くと、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、坐骨神経痛などの診断を受け、『神経が圧迫されているので痛みが起こる』と説明されます。

しかし、本当に神経が圧迫されて痛みがおこっていることは実は稀で、『腰痛や坐骨神経痛の多くは筋肉から起こっている』と言ったら驚かれるでしょうか?

例えば、下の図の赤い範囲のように、お尻から脚にかけて痛みやしびれがあれば『坐骨神経痛』と診断されますが、これは『小殿筋』という殿部(股関節)の筋肉から起こる症状の典型的なパターンです。

坐骨神経痛神経ではなく、筋肉自体からこのように広範囲に、遠くまで痛みがおこることもあるのです。

このように筋肉から痛みやしびれなどが起こる症状を『筋筋膜性疼痛症候群(きんきんまくせいとうつうしょうこうぐん)』と言います。

『筋筋膜性疼痛症候群』は正式な医学的な病名ですが、まだまだ一般的には認知度は低いようです。

『トリガーポイント』と言う言葉なら、雑誌やテレビなどで取り上げられることも増えてきましたので、耳にされたことのある方も多いかもしれません。

『トリガーポイント』が『筋筋膜性疼痛症候群』を引き起こします。

トリガーポイントと筋筋膜性疼痛症候群

筋肉は、疲労や血行不良などがつづくとロープ状に強く緊張して硬いこわばりができます。
これを「索状硬結」といいます。

いわゆるこって筋張ってしまった筋肉をイメージしていただければ良いと思います。

この「こって筋張った筋肉」の中に、とくに硬く、痛みを発するしこり状の固まりができます。

これが『トリガーポイント』です。“痛みの引き金になる点”ということから『トリガーポイント』と名づけられました。

この『トリガーポイント』が痛みやしびれなど『筋筋膜性疼痛症候群』の症状を引き起こすのです。

病院では筋肉について調べることはほとんどありません。

そのために『筋筋膜性疼痛症候群』が見逃されてしまっています。

トリガーポイントについてくわしく知りたい方は、以下の腰痛トレーニング研究所のブログ記事もご覧ください。

トリガーポイントリリースで腰痛撃退! | 腰痛トレーニング研究所ブログ

治りにくい痛みは、深部の筋肉に原因がある

トリガーポイントは筋肉にできますが、ひと口に筋肉と言っても大きさも厚みもありますし、たくさんの筋肉が隣り合ったり重なったりしています。

治りにくい痛みの場合、これは筆者の治療経験による感想ですが、深部の筋肉にトリガーポイントが生じていることが多いように思います。

深部の筋肉とは【ひとつの筋肉の深い部位】または【いくつか重なったうちの奥の筋肉】などです。

例えば下の図は太ももの断面図ですが、✖マークのような中心部や骨に近いような部位です。

太ももの断面図

このような深い部分のトリガーポイントは、普通の治療や施術ではなかなかとらえることができません。

表面的にほぐすだけではもちろんダメですし、単に強く深く押しても適切にとらえられないのです。

施術者の指先で筋肉の隙間を分けいり、重なった筋肉をめくりながら奥の患部を探っていく、というような繊細な技術が必要とされます。

このような施術で深部のトリガーポイントを捉えられると、施術を受けている患者さんは必ず『そこだ~!』『あ~そこそこ!』『効く~』などと言われます。

指先で刺激されると痛みもあるのですが、『痛いけど効く』『痛気持ちいい』感覚をおぼえ、はっきりそこが原因だと『身体が理解する』という感覚になります。

深部の筋肉はこのようにほぐれにくいので、そのままでは自分自身でほぐしたり運動したりしてもなかなか症状が改善しないのですが、一度捉えられると少しずつ回復のサイクルに入ります。

施術を繰り返すことで少しずつ固いしこり状のトリガーポイントがほぐれていき、段々と患者さん自身のセルフケアやエクササイズも効果があらわれてきます。

【次ページでストレッチを紹介します】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 腰痛改善ストレッチ 肋骨をゆるめると腰痛が良くなる【川口陽海の腰痛改善教室 第37回】 腰痛改善ストレッチ 肋骨をゆるめると腰痛が良くなる【川口陽海の腰…
  2. 腰痛・坐骨神経痛 痛みがある時に運動しても大丈夫? しない方が良い?【川口陽海の腰痛改善教室 第36回】 【腰痛・坐骨神経痛】痛みがある時に運動しても大丈夫? しない方が…
  3. 腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】 腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 …
  4. 《ヘルニア・腰痛》 一瞬で寝返り・起き上がりの痛みをなくす体幹インナーマッスルの使い方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第34回】 【ヘルニア・腰痛】一瞬で寝返り・起き上がりの痛みをなくす体幹イン…
  5. 腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”! 腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!…
PAGE TOP